コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

スーパー海物語in沖縄SAD  
 

実戦データ
店舗名 関東N店
換金率 28.5玉
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 スーパー海物語in沖縄SAD
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
250022
50001147→15Rステップアップサムマッスル
53魚群珊瑚
502魚群黒潮
346魚群マリン
26ノーマル
24ノーマル
53魚群マリン
745ノーマル
53黒潮
306魚群マリン
1965魚群マリン
419黒潮
51ノーマル
226ノーマル
28→15R魚群珊瑚
525魚群マリン
3955ノーマル
997魚群マリン
47魚群珊瑚
1586ノーマル
521終了
総投資額 7500円
総回転数 1838回
大当たり回数 20回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -7500円

■20数軒の巡回で・・・

一軒目についに到着。テレビコマーシャルを打っている大手チェーン店(3.5円)。入ってみると、客付きはまばら。平日の午前中にしても淋しい感じ。釘はパッと見からしてお話にならず。広い店内を一周してもとてもじゃないと撤退。

次も近くにある大手チェーン店(ここは等価)。レートなりの釘で、これなら地元の等価店のほうがましだ。大々的な広告展開で自分も知っているが、こりゃ「ひどい」の一言。さっさとスルー。何だか出だしから雲行きが怪しい。最初から期待度が低かった大手チェーン店だけど、あまりにも・・・。

3軒目はローカル店だが、行ってみたら店休日ですと。でも外観からしてダメっぽい。精気がないもの。4軒目はS市の駅前の小型店(3円)。機種ラインナップが魅力的で結構期待していたところ。駅前に車を一時停止して入ってみると、見た目からこりゃダメの感。お客はたった数人。みんな暗い顔。釘もそんな感じ。しかしここで驚いた。地元で何年も通っていたD店の主任さんが立ってるじゃないの。「おやおや、なんでこんなとこまで流れてきたの?」 主任さんから声をかけられる。D店は数年前に潰れてしまい、今は別の店になっている。懐かしい立ち話を数分。「どこも回している店はないよ」との情報にがっかり。業界をよく知っている人だけに、信憑性は高い。しかし、こんな所で会うなんてね。昔は店員さんともよく話をしたものだよ。今はどこもマニュアル通りでクールなんだよね。店員さんの接客ぶりも、自分の気に入らない「流れ」にいつの間にかなっているということ。「遊んでいきなよ」と言われても、申し訳ない。一発も弾けないよ。ごめんね、と頭を下げて撤退。

5軒目はローカルの大型店(3円)。客も少ない広い店内。釘もひどい。どんだけ割を取っているのか・・・。すぐに撤収。6軒目は地元のチェーン店(3円)。ネット上では一番期待していたところ。古い外観だが、こういう店なら多少はメリハリはあるだろう。覗いて見ると、どうにもならない状態。台の手入れも悪く、店内も雑然として汚い。お客さんもいない。死に行くホールの感。6軒目は店休。

やる気が失せてきた。が、引き下がるわけにはいかないのでまだ頑張る。まだまだ半分じゃないか。そしてこの後、数時間巡回を続けて20軒の店全て(うち4軒は店休)回り、S市の状況は把握できた。全然ダメという事実が立ちはだかる。ここまで酷いとは・・・。これじゃ地元にいたほうがまだましだ。世の中、やはり甘くないのだ。

このまますごすごと撤退したくはない。途中で見た看板でS市の隣町にN店という大きなホールがあることを知った。そこからさらに車を走らせる。着いてみればここだけは別世界。駐車場には車が一杯。うーむ・・・なんなんだ。店内にいけば、お客さんは一杯。世の中の縮図・・・「勝ち組と負け組」「格差社会」なのだ。嫌な渡世だなあ。

残り少ない空き台を見ていけば、お客さんは正直なのか、やはり。今まで見た釘とは明らかに違う。これなら打ってみようかなという気になる。ミニスカートの店員さんに換金率を聞けば28.5玉という。ていうことは3.5円くらい。うーむ、それではと座ってみたのは、よそで見たよりも全然ヘソが大きい『ミニミニモンスター』。しかし、ヘソによった玉が嫌な角度ではじかれる。500円で5回転。下ムラにしてもひどい。隣も打ってみるが同じ様。移動して今度は『海物語in沖縄SAD』。見た目は24回くらいはあるかものヘソと寄り。後はステージ次第か。

打ち出してみると、回りムラはあるがまずまず見立てとおり。特ににステージの玉が粘って奥に行く挙動が多いので打っていて嬉しい。まあ、もうしばらくは打ってもいいだろうと思いつつ、玉貸しボタンをボチボチと押しているとステップアップが発生(沖縄モード)。なんと真ん中に出てきたのは、エイサー姿のサムくん。というわけで、わずか数パーセントしかないプレミア15ラウンドをゲット。

有難いことです。急いでストップウォッチで計測してみれば、よくはないが我慢できる範囲の出玉。アタッカーの左がマイナスなので右打ちメインになるわけだが。その当たりが5連チャンまで伸びる。

その後も、もう一度15ラウンドを引き当てるなどの幸運も続き、出玉は7000個近くに成長。しかし、このままうまくいかないのがパチンコの難しいところ。4倍近いはまりで単発。確率ラインでワンセット2回。そして500回を大きく超えたところで玉は壊滅。

残念だけど、今日はここであがる。遠隔地だしもう数軒覗いておこうと思うから。はいさようなら。(その後、見た店は全部ダメでした(^^;))

■退くより、進め!

それにしても大変だわ。20数軒見てこの結果。諦めずに最後の一軒で何とかできる可能性のある店に辿り着いたわけだが、それとて怪しいものだ。だいたい家から1時間以上かかるわけだし。通うとなるとそれ相当の覚悟がいる。

ガソリン代が下がったとはいえ毎日のことになれば経費もかさむし、開店時刻も一時間早いから生活のサイクルにも大きな影響が出る。今回打った『沖縄SAD』だって、騙し騙しで回したわけで、元々「回る」調整ではない。

スルーもアタッカーも通常時のストロークも、どれをとっても一瞬たりとも気を抜けないようなギリギリのものでしかないのだ。それでも、やるしかない。他に見つけられなければそれまでだ。パチを取り巻く環境というか、時代はいつのまにか大きく変わってしまった。それでも自分で選んだ道だから、まだ前へ進むよ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る