> > CR花の慶次−雲のかなたに− 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
text by タッキー
 
筐体画像 10000円札が1、2、3、4枚と1000円札が数枚。これが現在の所持金也。先週かみさんから100000円の資金を投入してもらったというのにこのあり様。資金力が低下するとギリギリの釘では打ち込むことも出来ず、触っては止め、の繰り返しでとうとうここまできてしまった。堅い勝負が如何に大切か身を持って知らされたひと月であった。
もうこれ以上は負けられない崖っぷちのところまできているので、ここから少しずつでもいいからプラスを積み重ねていきたいと思う。となると、いつもの店の『花の慶次』では大よその展開が想像できるので、今回は新装初日の店へと向かってみた。

今回のお目当ては今時の台以外に、バラエティコーナーに『CR信長の野望』1/200のタイプと『CRスーパーダイナマイトキング』が各々1台ずつ設置されたので、このどちらかを狙ってみるつもり。どちらも確率的には甘い部類にも係わらず大量出玉も夢ではないので、今のオレにはもってこいの機種だ。もちろん釘があっての話だが。

無事抽選にも当たり、選んだのは『CRスーパーダイナマイトキング』だ。理由は二つ。一つは万が一お宝台に出会える可能性がある。もう一つは一度もこのコラムに登場していない。そんな単純な理由からではあるが、いざ入店して両方の釘を比較してみてこちらを選んで正解だった。『信長の野望』に関しては明らかに1000円15回転前後の釘だった。もっとも『ダイナマイト』にしてみても、殆ど打った経験が無いので確信は持てないが。

早速打ち始めると、寄り釘は不足ないものの、スルーの調整が幾分足りないことを悟った。ストロークを何種類も試みたがおしなべて1000円辺り17回程度といったところ。結局のところ7500円もふんだくられて一件落着。
さて、困った。この時点で所持金は40000円を切ってしまった。そして考える間もなくいつもの店へ行くことにした。もっともこの店だって昨日の状況では喜んで打てるような台は皆無だったわけで、一目散に向かったところでここから片道30分のドライブにしかならないであろう。きっとそうに決まってる。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る