コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 5500円
総回転数 3085回
大当たり回数 39回
確変回数 6回
総出玉数 28246個
換金額 70500円
収支 65000円

まさに1回転目の出来事。

今日はあまり愚痴ってる時間もないので本題に(笑)。 婆ちゃんの葬儀やらで今週はろくに打てずに今日まできた。週明けに新台の入れ替えもあったようで、今回ばかりは蚊帳の外。結局、釘もなにも分からず仕舞い。加えて、滅多に打たない羽根デジの島は今回の入れ替えで、あっちにあった台がこっちにといった具合にシャッフルされてしまい、おぼろげな釘と台の癖も一からやり直しだ。まったく、何てことしてくれるんだよ(笑)。

そんな中で、『CRA新世紀エヴァンゲリオン プレミアムモデル』が若干開きになっていたので、まずはこいつから試してみようと思う。ヘソだけ見れば悪くはない。あとは出玉と台の癖といったところか。

まずは500円分の玉を借りてと・・・これがなんとまぁ、たったの1回転目でよく分からない予告とリーチで当たっちゃいそうになった。隣の常連さんが、「当たりですよ、それ」ときた。長いこと毎日毎日パチンコ打ってるけど、朝の1回転目で仕留めた記憶はない。潜伏確変を拾って歩いてた時だってない。羽根デジとはいえ、嬉しいかぎりだ。そしてこれが2連チャンした後の時短、今度はたった2回転で確変を引き戻してきた。またまたビックリ。更にビックリしたことにこの確変が都合12回も続いてしまったのだ。ん〜、今日は何かが起こりそうだ(笑)。 

肝心な回りも分からないまま、1時間以上も遊ばせてもらった。ようやく頭上のナンバーランプも消え、ここからが本番。しかし確変中の電チューへの寄りも良くないし、そこそこの回りでは駄目だと思う。うん、やっぱり駄目だった(笑)。ここは思い切ってぶん投げてしまおう。5000個余りの玉を手にしてひとしきり考える。このまま帰ろうか、それとも他の台で一勝負しようか。

そうだ、たしか『CR花の慶次−雲のかなたに−』に1台打てそうな台があったなぁ。あれは先週のイベントの時だった。常連さんに回る台はないかと聞かれて、2台ばかり開きになっていたのを教えてあげたが、その内の1台は思うように回らなかったらしく釘はその時のままとはいかないまでも、ほんの少し叩かれた程度。一週間近く放置された状態だった。

喜んで打てなくとも、1000円辺り30回ちょっとにはなるはずなんだけどなぁ。おっかなびっくり、こいつと向き合ってみるか。何せ今日はまだ500円しか使っておらず、既に5000個以上の余禄があるしな。とはいえ、財布の中身を見てみるとやはり32回、いや33回ぐらいの回りが欲しいところ。

いざ打ち始めてみると最初の1000円で37回、次が34回、35回、43回と、とても一週間も放置されていたとは思えない回り様。5000円を使った時点で200回近く回せることに成功した。


こんな台が一週間も放置されていたとはね。

今日はやはり何かが起こりそうな予感がする。更に500円を買い足したところ「もののふチャンス」で「参」がテンパイとなった。そしてボタンを押さずもそこには「大儀であった」の文字が。ぴったり200回転目、使ったお金は5500円。今日はこれでもう何とかなったような気分だ。

72回転目、ようやく掛かったリーチがなんと「捨丸」ただ一人。この時ばかりは祈るような気持ちだった。しかし願いは届かず一度も「城門」へ行くことなく終わってしまった。時短でも何も起こらず。

ところが、終わった直後の130回転目に「花の慶次ロゴ」が1回「ガガガッ」ときてここで早くも本日初の「キセル」予告が。しかしリーチは「伊達政宗」なので期待するほうが酷ってものか。ん〜、やっぱり無理か。次に期待。

更にここから30回ちょっと回したところで「赤襖」が「カーン」と閉まって、移行した背景は何と「七霧背景」だ。もちろん一回転目なので大当たり確定。この後どんな予告とリーチが飛び出すのかウキウキしながら見ていると、まずは「キセル」予告。次に閉まった襖には「おまつと慶次」の姿が! 掛かったリーチは「直江兼続」「赤タイトル」と盛り沢山。ちょっと無駄遣いし過ぎたかな。

よし、今度こそはとの思いで消化していくと、あらららぁ今度も掛かったリーチが「捨丸」で、まさか二度も続けて単発だなんてそうそうあるもんじゃないだろう。高をくくってたら「殿モード」突入ですって。もう言葉がありません。はい、次。

未だ箱を下ろせず。しかし当たりだけは早い。次も箱半分ほど打ち込んだところで「キセル」予告、「松風」となって大当たり。今度は更に早い、15回転目に「捨丸」がきて万事休す。これもリーチ一発での出来事。もうやってられません。

そして時短を消化する作業に掛かる。何も起こらないまま電チューサポートも終りを迎えようとした99回転目。「ピーヒョロロ」って、オレが打ってる台の音かい? どうやらそうみたい(笑)。 赤いマントの「大ふへん者」で確変を引き戻した。やれやれ。

今度こそは何とかなりそうな予感。いや、何とかしてもらわねば困り果ててしまうっての。まずは「さぁ松風!!・・・」から「直江兼続」となり本日初の「城門」に到達。そして突破した。更にその直後「キュイーン」音が鳴って「捨丸」の「旦那についてきて良かった」の文字。流石に今回はまだまだ続く。13連チャンぐらいしたのだろうか。とにかく出玉がこの時点で17000個余りとなった。

更に次も早かった。久しぶりに「2R確変」から入るパターンだった。衝撃的な「花びらランプ」の形。ここから「金扇子」「キセル」予告で掛かったリーチは「真田幸村」だったがこれをきっちり物にする。これがなんと10連チャン。あっという間に出玉が30000個を超えた。既に時刻は8時になろうかといったところ。

この後、一度「2R通常」を引き、迎えた最終局面。時計の針は10時1分前。今日初めて400回を超えてしまったが、もうここまでだろう。少し飲まれたとはいえ十分な出玉を確保できた。この最後の上皿を打ち切って終了だ。まさにその最後に「もののふチャンス」から「伊達政宗」そして「赤タイトル」。どうなの? 期待はしてないが、何か起こりそうな予感。

お〜、最後の最後でやってくれたわい。ここはもう取りきれなくて閉店を迎えたとしても全然文句はない。でも1回だけは勘弁してほしい・・・って1回かよ(笑)。 やっぱり最後はオレらしい終わり方だった。

<タッキーのひとり言>

今日打っている最中に、玉を一つ床に落してしまったのだが。その玉が隣の上品そうなおば様の足元へ。そしたらなんとご丁寧にわざわざ拾ってくれたので、「ありがとうございます」と喉まで出掛かった時、その人ったら自分の上皿にポトリ。「てめぇ、このクソ●●ぁ、そんなに玉が欲しけりゃあんたのその保留玉いっぱいの、更にはステージ上には何個も玉が乗っかってる状態で打ちっぱにしてるの止めればいったいどれだけの玉を節約できると思ってんだぁ」と心の中で叫んだのはいうまでもない。僕の心の叫び届いてくれたらいいなぁ(笑)。 また来週!
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る