> > ぱちんこキン肉マンH11 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこキン肉マンH11  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 「ビブナンバー●●番」

冬月のビブナンバーが読み上げられた。ああよかった、ほっとした。ようやくのことでスキーインストラクターの検定に合格した。昨年、試験直前の骨折〜未受験のリベンジを成し得た瞬間。

思えば、志してからかれこれ5年の歳月が経っていた。長いようで短いような、そしてとても貴重な時間だった。自分にとってのひとつの目標を達成したことはとても嬉しい。
「なせばなる」と古人は言うけれど、「なしてもなさない」ことが多いのが世の常。しかし、Dreams Come True も勿論あるということか。しみじみよかったなあと、今久しぶりにパソコンの前にいる自分を少しは褒めてやろう。

検定に携わっていたので、今まではどうしても比重がそちらに傾き、パチに本腰が入りにくかったのは事実。今後、少しはましな稼働を見せられるように頑張りたい。そして今日、三月の声を聞き、久しぶりの稼働に出かけた。

向かうは、通い初めて数日たったY店(2.5円 無制限)。車で1時間はかなりの負担だが、近隣で打つよりははるかにいい。今はこの店で何とかすべきだと思う。教えてくれた仲間のさーちゃんに感謝しつつ、駐車場に車を入れたのが開店20分前。すでに優先入場券は配られているので、一般口にて待つ。
先客ナシの先頭だ。それでも開店時刻には、優先入場のお客さんが20人と一般が20人くらいの人数になり、いざ入場・・・。今日は『キン肉マン』のイベントになっている。過去の実績からまず打ちたいのはこの機種なので、迷わずそちらのシマに向かう。

以前、打った狙い目の台が空いていることを期待して、シマに直行すればまだ誰も押さえていない。釘を見れば以前と同じ・・・いやいやちょいとした変化が感じられる。マイナスだったスルーが初期状態くらいに戻されている。これは大きな材料。どの程度通るか分からないが、毎回キツキツでマッスルチャンス中はイライラしまくりだったので、少しでも改善されていれば嬉しい。

他の台もざっと見るが、やはり見た目より実績とクセ重視でいく。京楽系の台はとくに個体差が大きく、お店も慎重に調整してくるところが多いが、Y店は割とアバウト。クセのいい台はヘソが小さめだったりするくらいで、肝心な場所をつぶすことはしないようだ。
しかも、スルーを開け直すなんて今時珍しい。打ち手にとっては、とてもありがたい。「こころ」が感じられる店かもしれない。他のシマもざっと見ておくが、やはり押さえた36番を打つことで心は決まっている。では今日の台のご機嫌はどうだろうか。

最初の1000円で30回転の上々の滑り出し。ところが次が21回、23回と淋しい。ストロークをコネコネすると、28回、27回と持ち直し。平均で25回あればもう今は喜んで打つので、何とかそのラインに届かないものかと頑張ってみよう。ところが、次が19回転と下落。このムラに付き合いながら、頑張っていく。玉の流れ自体は悪くないわけだし。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る