コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次〜斬 H6-V  
 

実戦データ
店舗名 関東Y店
換金率 2.5円=40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR花の慶次〜斬 H6-V
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
280007316疑似連3 金セリフ キセル 赤障子松風
232R?油断大敵 岩兵衛撤退
18ランクアップボーナス岩兵衛大ふへん
11捨丸わしにも 岩兵衛捨丸撃破
252R通常油断大敵 捨丸撤退
85009015疑似連2 「勝利」キセル風魔
56四面楚歌 岩兵衛捨丸撃破
47ランクアップボーナス士気高揚 ピー大ふへん
21ランクアップボーナス油断大敵 岩兵衛大ふへん
45ランクアップボーナス油断大敵 岩兵衛大ふへん
42ランクアップボーナス油断大敵 岩兵衛大ふへん
342R通常油断大敵 岩兵衛捨丸撤退
1871金扇 ステップ5 赤障子奥村
11お主は天に(金)「うぉぉぉぉ」慶次撃破
47ランクアップボーナス戦々恐々大ふへん
462R通常戦々恐々 岩兵衛撤退
1086終了
総投資額 36500円
総回転数 3260回
大当たり回数 16-4回
確変回数 16-4回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -36500円

■岩捨コンビはやはりアツい?

小当たりから「雅ゾーン」に突入してすぐのこと。桜の疑似連が3回続き、金セリフにおまつ→おまつ→慶次のステップ5、これに待望のキセルがカーン。赤い障子の向こうには寝転ぶ慶次の姿。「松風リーチ」だ。これで当たらなくてどうするという演出。前作なら、ストーリー系リーチは白い障子からしか出なかったので法則くずれで大当たりが確定なのだが、『斬』はどうなのか。

当たりをほぼ確信していると、やはり見事に松風を乗りこなした。揃った数字がまぶしい。投資はすでに28000円と厳しいが、これは仕方がないところ。とにかく序盤の玉が欲しいので、継続を願うのみ。

さすれば「油断大敵」から岩兵衛が出てきて、あっという間に敗北の憂き目。ランプは早くて数が多く面倒なので判別せず。感じから言うとだめだべ。ところがさにあらず、時短に入るとすぐにセリフ予告で佐々木某が出てきて、岩兵衛。それが撃破できずにと思っていたら、障子が開いて慶次が出てきたのには驚いた。大ふへんで引き戻し。

ところが、タッキーも先日の実戦記で書いているけど、とにかく電飾がまぶしくて玉の動きが見えない。視線をあちこちに変えてみても同じこと。ストロークの微調整がしにくいったらありゃしない。おかげでろくな玉が確保できず。サングラスはもってこなかったけど、次回からはかければ何とかなるかなあ??

「真戦モード」に入ると、1回転目で「捨丸、ワシにもやらせえ」のセリフ。捨丸が出てきたが、すぐに岩兵衛が後ろから出て待望の城門へ。前作ならば、岩捨コンビの城門は慶次よりも突破率が高かった。『斬』ではどうなのか? ハラハラというほどでもないけど、止め打ちで玉を稼ぎながら成り行きを見守ると見事突破した。今作でもコンビ城門はアツいとみえる。

ところが、すぐに「油断大敵」から捨丸が敗北で撤退となった。天下無双ボーナスが2回にランクアップが1回の3連なり。でもアタッカーはやはり予想どおりなかなかよくて、消化は4分をちゃんと切っている。スルーも悪くないので、出玉関係は合格点と言えるだろう。しかしさすがに、4000個足らずの玉は700回転の手前で飲まれ、追加投資の旅。

回りが上がってきているので、迷うことなく現金投資じゃ。25個以上回る台は久しぶりなわけだし。今や30個を超える回りだから勇気もわくというもの。しかし、やっぱり何も起きずに3時間近くが過ぎる。投資はとうに35000円を超えて暗雲漂うが仕方がない。ただの天運なのだから。

1000回転に届こうかとの勢いで回転数が跳ね上がった「その時歴史が動いた(笑)」。保留0からぽつんと入った玉がすぐに桜疑似連。2回目にテンパイ。これは99%ノーマル止まりのパターンだと思っていたら、なぁぁんとびっくり「勝利」ですと。これは前作同様鉄板だろう。キセルも出て、はじめて見る風魔小太郎のリーチ。ああ助かったの瞬間。

この当たりは、「四面楚歌」のピンチをコンビで凌いで突破。そして、ランクアップばかり4発きて、都合6連。ランクアップ当たりが痛いが、当面の玉は出来た。それにしても、赤い文字とか武将が出るパターンは全然ないなあ。隣の兄さんは驚愕の31連中でかっこいい演出ばかりだというのに。

しかし、幸運がやっとやってきた。時短を抜けてすぐに金の扇からステップ5。赤い障子の向こうには奥村さん。微妙な感じだけど、「7」が目に入ってるので当たらないわけでもないといったところだが、チャンスアップがないのであまり期待はできない。ところが、「1」がドーンと揃って我が目を疑う。180回転くらいのところ。

■また会おう「慶次」

今度こそは続いてほしいもの。やっと出てきた金セリフ「お主は天に愛されておるな」の秀吉→慶次でなんなく突破。そして「戦々恐々」からランクアップボーナス。調子が出てきたと思ったら、またもや「戦々恐々」から岩兵衛が敗北してしまった。なんだかなあ〜、波がこないや。

手元の玉は9000個弱くらい。夕方過ぎまではもつくらいだが、収支は勿論この時点でもマイナス。等価ならともかく、ここら辺が低換金の厳しいところ。それでも玉なら喜んで打ち込むのみ。タッキーも最後に1400回当たらずで終わりになっていたなあ・・・とふと思い出した。

はいその通り、カースケも1000回超えて玉が無くなりました。「その時歴史は動かず!」 追加投資する時間は過ぎているの、潔く撤退を決め込んだ。初当たりは3回のみ。1/900強の初当たり確率で「勝て」というほうが無理。でもトータル回転数は3000回を超えたので、打ち切った部類ということで満足して帰ろう。また会おう、慶次!
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る