> > フィーバーパワフルワールド 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

フィーバーパワフルワールド  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 WBCはついに決勝に進出したね。古くは75年前に来日したベーブルースに始まり、「大リーガーというのは別格で、日本人の体格や体力ではとうてい太刀打ちできないもの」・・・というイメージが強かったけど、最近のメジャーでの日本人選手の活躍を見ていると決してそんなことはないということがよく分かる。

イメージというのはとても大事で、「ダメだ」「負ける」「できない」という負のイメージは、スパイラルして本当にそうなりやすいものだ。潔くあきらめることも大事だけど、肯定的なイメージをもって生きていくことは何事にも大事ではないかと思ったよ。野球にはあまり興味がないほうだけど、それでもメジャーへの開拓を果たした野茂投手なんかはとても尊敬している。
まさに、通り一遍のイメージではなく、自分の信念をもって現役〜野球生活を貫いた姿勢は素晴らしいの一言だ。たった一度しかない人生。自分もかくありたいものだ(願望)。

さて、今日は、久しぶりにかつての通い慣れたホームへ向かう。ホームの新装開店なんて何ヶ月行ってないだろう。
意図的に行かなかったというよりは、スキーや取材なんかの関係でいつもいつも間が悪くぶつかっていたというのが真相なのだが、今回は珍しくすべてのスケジュールとぴたりとかみ合う。実は、かなり長い間、パチンコに関しては間が悪いことだらけで、「打ちたい」「打てる」という日に限って色々と用事が入りままならないことが続いていたから、今日はいそいそと出かけてみた。

それというのも、導入機種が打ちたいナンバーワンの『フィーバーパワフルワールド』だったからなのだ。早めに店に行ってみると、先客がすでにいて、順番としてはギリギリの様相。たかをくくって失敗した。事情にうとくなった浦島だから仕方がないけど、ちょいと考え方が甘い自分を反省すべし。

それでも開店時には残った一台を無事に確保できた。ほっと一息して釘を見るとボチボチの感。打てなくはないだろう。交換率が30玉(約3.3円)だから、1000円24〜5回あれば何とかなると思う。とにかく初当たり確率が1/150で、70%以上の確変率で、STでひけば連チャンモードに突入というスペックは、実戦的にはどんなものか非常に興味があるのだ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る