> > CR花の慶次〜斬H6-V 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次〜斬H6-V  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 WBCの優勝・・・まるで、筋書きがあったかのようなかっこよさだったね。古くは「七人の侍」のようにヒーローが集結していく物語なんかが好きだから、いたく感動した。すさまじい重圧をエネルギーに変えた選手達の凄さを少しでも見習いたいものだ。

『花の慶次〜斬』が全国で相変わらずの盛況ぶりのようだが、確かによく出来ている機種だ。しかし、冬月の戦績は散々で、対戦4回で全部惨敗。(去年までならまず打たなかったという意味で)回りがたいしたことがない(40玉で25〜6個)のもあるが、とにかく玉が出ない。特に初当たりがどうにもならない。1万回くらい回して、初当たり確率は1/750だから、推して知るべし。

だから、まるで当たる気がしないというのが最近の感じ。今日は、Y店で導入以来初めての「慶次」イベントにあたる日。大きく釘を開けることは決してないY店だが、ほんの気持ちくらいはヘソだけ開けることが多いので、クセのいい台ならそこそこの回りは確保できる可能性がある。

まあ、あまり期待はできないが、他に行くアテもつくってないので、今日は朝もはよからY店に向かう。念のために抽選を受けると6番目となった。楽勝だと思う。車に戻って明日からの予定なんかを確認していると、すぐに時間になった。ずっと並んでなくていいのは有り難いものだ。

狙うは二日前に打って収支的にはボコボコにされた台。一日打って初当たりがたった2回では、さすがにね。すわとばかりに釘を見ると、残念、板一枚分しか開いてない。一昨日が25回転くらいだったから、26回転になるのかどうかの程度。ただ、ステージだけはかなり優秀なので、ストロークを動かしながら頑張れば27回転に届く可能性もなくはない。やってみるべしだ。

当初の回りはまずまず。やはりステージの良さが効いている。28回転くらいのペースは打っていて心強い。この回りを落とさないこと、そして早く玉になること・・・これが目標だが、こんなものは人知でどうにもならないので、淡々といく他はナシ。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る