コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次〜斬H6-V  
 

実戦データ
店舗名 関東Y店
換金率 40玉(2.5円)
遊技ルール 無制限
機種名 CR花の慶次〜斬 H6-V
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
400098天下無双金扇 赤セリフ キセル 金襖 タイトル赤 カットイン大直江
5ボタン「露払い」岩捨助右衛門出陣
49ランクアップα戦線恐々捨丸大ふへん
59天下無双戦線恐々 捨丸復活当たり
9ランクアップαボタン「ワシにも」岩兵衛大ふへん
51ランクアップ油断大敵 岩兵衛大ふへん
1ランクアップ油断大敵 捨丸大ふへん
41ランクアップ油断大敵 捨丸大ふへん
15ランクアップ四面楚歌 岩兵衛大ふへん
252R通常油断大敵 捨丸撤退
830もののふチャンス真田
17四面楚歌 岩兵衛復活当たり
33「露払い」岩捨真田出陣
68四面楚歌 岩捨突破
4士気高揚 キュイン 真田突破
21ランクアップα「たららら」捨丸大ふへん
56ランクアップ戦線恐々 岩兵衛大ふへん
16戦線恐々 気合い大 岩兵衛撃破
9「たららら」気合い大 岩捨突破
3四面楚歌 岩捨撃破
29獅子奮迅 気合い大 岩捨撃破
70ボタン「ワシにも」全炎 岩捨突破
45ボタン「毘沙門天」直江出陣
6獅子奮迅 役物回転 真田突破
23ランクアップ油断大敵 捨丸大ふへん
17ボタン「ワシにも」奥村出陣
14ランクアップ四面楚歌 岩兵衛大ふへん
262R通常油断大敵 岩兵衛撤退
4902R通常
348天下無双S5 槍 金襖 タイトル赤 もののふチャンス伊達
14ボタン「毘沙門天」直江出陣
42ランクアップ戦線恐々 岩捨大ふへん
6天下無双岩兵衛 気合い大復活当たり
46戦線恐々 気合い大 岩捨突破
103ロゴ落下 直江突破
42ランクアップピー大ふへん
382R通常岩兵衛 撤退
62R通常
345もののふチャンス 赤タイトル直江
69ランクアップ岩兵衛大ふへん
1362R通常油断大敵 捨丸撤退
211伊達カットイン 激熱 金襖伊達
25ランクアップ捨丸大ふへん
155戦線恐々奥村出陣
49ランクアップα戦線恐々大ふへん
152R通常油断大敵 捨丸撤退
86「もしかして」慶次撃破
18油断大敵 捨丸助右衛門突破
462R通常油断大敵 岩兵衛撤退
145終了
総投資額 4000円
総回転数 4075回
大当たり回数 49-8回
確変回数 49-8回
総出玉数 36945個
換金額 92362円
収支 88362円

■前日までの悪展開が・・・

4000円目を借りた時に、金の扇が舞いおりた。ボタンを押してみると、残念、赤いセリフのものひとつだけ。しかして、キセルが「カーン」ときたではないか。うーむ初発の予告は弱いが、閉まった襖は金。そして開いた襖には赤文字で直江兼続。これならアツい部類に入ったかもしれない。文字かカットイン次第ではかなり期待できる。ところが、文字は残念ながら白い。しかし、カットインはでかいのが来た。心配なのはテンパイ絵柄に「7」が入っていないこと。

当たっても外れてもどちらでもおかしくはない演出だが、こんなに早く当たるなんてことはとんとなかったから、絵柄が揃うこと自体が奇異に思える。でも、外れたと思った瞬間に「大ふへん」が来ましたよ。そしてそれが「天下無双」にチェンジ。夢のような早い初当たり。前日からのトータル1800回転目だけど(笑)。

そして、すぐにボタン予告から「助右衛門」出陣が決まる。3回目は「大儀であった」がさっそく入りフルランクアップボーナス、そして天下無双がまたもやフルランクアップボーナスと前日までとは打って変わった好調な展開。ここから3発ランクアップボーナスが続いて「百万石の酒」は見られなかったが、合計玉有りで9連は上出来もいいところ。この玉がつながってくれれば・・・。

目算で1000回以上は回せるから、これで何とかなればいいが。しかし何もなく時間は過ぎ、玉は減るばかり。ストロークを微調整し、減りゆく玉を横に見ながら追加投資の心積もりを始めた800回転超え。何の前ぶれもなく「もののふチャンス」。前作よりも遙かにもののふチャンス演出が増えているので、またガセかと思ったら、テンパイして真田さん。何のチャンスアップもないので、携帯のメールをチェックしていたら、聞いたことがない音がする。画面を見たら「六」が揃っているじゃないの。えぇぇぇ。ああ驚いた。

ともあれ、持ち玉のうちに引き戻した当たりは嬉しい。1800回転はまりの後に800回オーバーだなんて文句は言うまい。ところが、戦に入ると「四面楚歌」から気合いも炎もしょぼく、岩兵衛で本陣行き。これはまずダメダメパターン。覚悟して見ているとやはり我が軍は敗北。ランプを注視していると全部点灯のすごい違和感・・・。ガガーンと何かが停止して再始動の当たり。絵柄は「傾奇者」になっていたけど、このパターンは初めてだ。こんなのもあるのね。

この戦は続く続く。「七」「七」「壱」に「ランクアップボーナスフル」ときて、玉をあっという間に盛り返すことに成功。そして、「戦線恐々」から気合い大でついに「参」が揃って「百万石の酒」に成功。店員さんが「傾奇者カード」をくれる。勢いは止まらない。出陣演出も結構出て、結局この連チャンは17回も続いた。しかも下のボーナスが多かったから玉は一挙に25000個を超えたはず。

このままいけば、今日こそは大勝利なのだ。しかし、『慶次』はそう甘くはない。相変わらず初当たりが来ない。確率ラインを超えて500回転の手前でやってきたのは、恐れていた2Rカスですと。

でも玉はあるのだ、展開に揺れずに丁寧に打てば道はいつかは開けるはずだ。4回目の初当たりは確率前にやってきた。結局本日最初で最後になったステップ5に槍稼働体が連動しての「もののふチャンス」は、金襖のタイトル赤文字で伊達さんがやってくれた。キセルがなかったので不安ではあったけど、大ふへんから天下無双ボーナス。この戦も「百万石の酒」を達成したところで、ついに出玉の最高値を超えた。

ランクアップボーナスをひとつ追加したところで撤退となったが、時短に入るとすぐに「敵軍増援」・・・この初当たりは残念、またもや通常のほうだった。これが確変ならなあ・・・うまくいきすぎだよね。初当たりはすでに5回となり、収束してきたか(笑)。

■真戦の演出ポイント

あとは閉店まで当たらなくても致し方がないくらいの展開だけど、過去の当たりの欠損を思えば、今日こそはの思いも強い。後半も何とかならないか・・・。
その思いは叶うことになる。345回転で2連。そろそろ店じまいの準備がはじまった時、伊達政宗のムービーカットインから初めて見る「激熱」の文字。金襖からの伊達さんがまたやってくれた。今日の独眼竜は絶好調だ。

この戦は、玉有りで4発きたところで撤退。ランプは通常のほうだったはずだが、時短に入ると赤文字が頻出して敵と戦う場面がしばしば。86回転目に捨丸が「もしかして」と言う。もしかした試しはないが、出た来たのは慶次。これも信頼度は低いが、空中に吹っ飛ばして100体。うん?? これはほんとに「もしかして」と、普段はあまり押すこともないボタンをポチポチしていると1から0に。うはは、引いたぞ。

そしてもう一回「参」が揃って、本日3回目となる「百万石の酒」を味わったところで撤退。時間も閉店30分前。絶対の引き時なので、上皿にあった玉を少々お返しして、本日の戦いを終わりとした。

出玉は4万発には届かなかったが、投資が小さかったので久々の大勝利。欠損していた当たりを少し返してもらった格好だ。都合4000回転超えは打ち切ったということでいいでしょう。

さて、タッキーが書いている事とだぶるけど、みんなも知りたいはずの演出ポイントをいくつか。真戦モード中は、「戦線恐々」はテンパイしにくいけど、割と安心できる。撤退しにくいと思う。

また、気合いの中もまず強い。炎が3本以上で気合い中なら撤退する可能性はかなり低いだろう。今回は炎が全部たって5本くらいになったけど、あれは当たり確定のレア演出かも。そして気合いの中で、正面を向くやつ=気合い大もあるけど、あれは激強だろう。なかなか出ないけど。

役物が動いたら激アツで、ピーやガーンの音がすれば前作どおり勝利は確定。ただし、城門で立ち止まった場合の直江さん再始動当たりは明らかに減った。それは、出陣演出などのパターンが増えたためだ。

赤い文字は城門に行くけど、その前の気合いや炎、そして矢文が「油断大敵」なんかだと突破できないことも多い。やはり強い予告が必要。しかし、白くても強いのがやはり岩兵衛捨丸コンビでの城門行き。これは前作どおりかなり強いから期待していいと思う。

まだまだ色々な秘密がありそうだけど、また後ほどね。乞うご期待。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る