コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこキン肉マンH11  
 

実戦データ
店舗名 関東Y
換金率 2.5円=40玉
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこキン肉マンH11
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
12000259
75001833金チケット ゼブラミート フラッシュ 赤扉モンゴルマン
775「負けるものか」赤文字継続
881「この気配は」カットイン継続
181「てめえら」継続
74GOGO継続
446「この殺気は」敗北
3555P-フラ ミート群モンゴルマン
853「みんないくぞ」継続
805「今なら勝てそうな」赤継続
657マッスルチャンス継続
22「出てこい」カットイン継続
595「うぉぉぉ」赤継続
21「友情パワー」赤敗北
78「やるっつぇ」赤遭遇
136「お遊びは」カットイン継続
772「運命は」継続
56「悪魔どもめ」カットイン継続
226「激アツ」赤継続
993「この先に」カットイン敗北
411終了
総投資額 19500円
総回転数 2025回
大当たり回数 19回
確変回数 19-3回
総出玉数 13715個
換金額 34287円
収支 14787円

■バラバラの先で・・

『慶次』のイベント・・・前回はまずまずだったが、入場してみると全然たいしたことがない。というか、釘が動いていない。ついにY店もガセイベントを打つようになったのか。今までのわずかな動きもないとなると、これは厳しい。

『慶次』からきびすを返して、二日前に導入された羽根デジの『お江戸DEモンスター』を試しに触ってみるが、全くダメの印象。では、デキのいい『慶次』で早く玉になれば、の作戦でいくことにする。

まだ空き台があるうちに2台3台と打ってみるが、どれも1000円で25回には満たないかギリギリくらい。これではなあ。やれないよ。1000円単位では良いところを見せても、すぐに馬脚を現す台ばかり。バラバラばらまいてると、いつのまにか投資は12000円に達してしまった。

もう一度作戦を立て直して、ちゃんと全部のシマを見て回ることにする。最初にやっとけって話もあるが仕方がない、怠ったのだから。気づいた時点で仕切り直しだ。してみると、『キン肉マン』の釘が先週見た時とはわずかに違う感じ。以前打った台からやってみよう。さすれば、ステージから何発か決まり、感触がよく1000円で25回は何とか超えそうだ。ではこの子としばらく付き合ってみよう。

しかし、当たりは一向にやってくる気配はない。一度コーヒーを買いに、席を外し、戻って打ち出した一回転目のこと。突然金のチケットにゼブラのミートくんが現れた。火事場のクソ力フラッシュも発動し、閉まった扉は滅多に見ない悪魔将軍の描かれた赤いやつ。リーチはモンゴルマンとスプリングマンの戦い。これはアツいよね。

というか、当たりかな。モンゴルマンは一発でバネ野郎を吹っ飛ばして当たりとなった。揃った絵柄は「3」。問題はバトルに勝利するかどうかだ。でも出てきたのは、最強のバァファローマン、流星一個でウォーズマン。こりゃダメか・・・。でもランプを見ると、記憶はあいまいだが、ハイパーの並びのような気がする。

バァファローマンの攻撃は、弱いパンチ。我が軍はそれを見事に回避した。このアクションはかっこいいね。アングルが格好いいのでキン肉マンでは一番好きな瞬間。というわけで、めでたくハイパーマッスルに突入したが、投資はすでに19500円となる。この投資をまくれれば有り難いが。

とりあえず、一回でも多く続いてくれることを願う。77回転で「負けるものか」の赤文字からステカセキングは楽勝で勝利。88回転でまたもやステカセで勝利。18回転で「てめえら、ゆるさねえ」からカットインも入り勝利。そして74回転では、2Rかと思いきや、GOGOマッスルボーナスという珍しいパターン。44回転で敗北して転落したが、玉有りで6発はありがたい。

しかし、玉になってからの回りはガタ落ち。どこか叩かれているのだろうか。どうも玉の流れが以前打った時とは違う。手元の箱がなくなり、もう一箱を上げるが、これが飲まれたら流してもいいくらいの回りの低下にがっかりしながら打っていると、350回転のところで突然「キュルキュルキュル」とP-フラッシュが発生してくれたじゃないの。

『キン肉マン』のP-フラッシュは、ハイパー確定だからことのほか嬉しい。ミート群が出て、モンゴルマンが勝って、当然のごとくハイパーに行くかと思ったら、ラウンドバトルは敗北で「マッスルチャンス」へ。ボタンを押さないとこういうこともあるのか??

ともあれ、時短を抜けた時点で「ハイパーマッスル」に変化。これが、7回も続いてくれた。友情パワーの赤文字から敗北したが、その時短でブロッケンJr.が「やるっつぇ」と赤文字ですぐに悪魔将軍と遭遇して引き戻し。

これがハイパーに入り、さらに6発の連チャンを上乗せ。合計13発で収支は当然のごとくプラスに。ああ助かった。それでもこの玉で打ち切れるとは限らない。ほら見たことか、また玉で打ち込めば、回りはひどいことに。

1000円20回転はおろか、18回転くらいに下降したまま上がらない。だらだらと打ってはみたが、400回転のところで諦める。店員さんを呼んで玉を流せば13000個ちょい。勝つには勝ったが、試合内容は完全な負け。明日からのアテもなく、展望も見えないのが辛いところ。

■新台入れ替えの弊害か

Y店も、ここのところ毎週のように入れ替えをしている。来週はいよいよ『最後のシ者』が大量導入される予定だ。こういう流れが釘を渋くさせていることは疑う余地がない。お客さんも、新しい台だということですぐに飛びつき、すぐに飽きて離れてしまう、そしてまた新しい台に飛びつくということの繰り返し。

いい加減にこういう傾向を脱却しないと負のスパイラルに陥るだけなのだが、なかなか難しいね。とにかく、入れ替えのスピードが速すぎる。ビッグネームの機種も、ある意味困ったものだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る