コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA信長の野望N-K  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRA信長の野望N-K
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
4000円100九→12R
40+12デカボタン騎馬
40+113突確ほら貝天下統一ステップアップ
2大砲発令チャンス落城
36鉄砲
40+7五→8R大砲発射鉄砲
7七→8R大砲発令チャンス落城
2合戦チャンス撃破
40+61ほら貝・リーチロゴ予告→決戦鉄砲
40+7天下統一天下統一ステップアップ
6突確
1大砲発令チャンス落城
40+148大砲発射鉄砲
6合戦チャンス撃破
3三→12R合戦チャンス撃破
4大砲発令チャンス落城
2大砲発令チャンス落城
6大砲発令チャンス落城
5突確
5突確野望アタック
26大砲発射・キュイン鉄砲
40+114騎馬
3500円40+565三→8Rほら貝・大砲発射騎馬
40+57ほら貝・大砲発射
3大砲発令チャンス
6500円40+226終了
総投資額 14000円
総回転数 1924回
大当たり回数 25回
確変回数 ***
総出玉数 0
換金額 0
収支 -14000円

幸先良いスタート・・・。

早速入店してみると、入れ替え前のわりにはまずまずの開け具合。年度が替わったというのが理由なのか、締めすぎた反動なのか、その真意は定かではないが打てる台が多数ある。とはいえ、羽根デジのイベントとくれば心はひとつ、『CRA信長の野望N-K』だ。最近はめっきり打つ機会も少なくなってきた。その理由のひとつに「バネの悪化」が挙げられる。他の機種に比べストロークがとても重要なこの『信長』。そしてもうひとつは、それに見合っただけの釘がないってことだ。

しかし今日に関してはまずまずの開け幅だ。ただ残念なことに、この中でもとりわけバネの悪さが際立つ1台が開けとなっている。以前ならばこの釘だったら20後半の回りが望めたというのに。きっとこの状態ならば1000円あたり25回といったところか。

打ち始めると、肝心のバネも今のところは許容範囲内。最初の1000円こそ23回だったものの、次が26回、その次も26回ときて、ぴったり100回のところで(確か遠い記憶では5連続外し中の)「舞」リーチとなった。最初の頃はリーチにさえ発展すれば必ず大当たりとなる信頼度を誇っていただけに、外れた時の衝撃は今でも忘れはしない(笑)。 ちょっと大げさか。

今回は無事大当たり。このリーチ、実戦の中では必ず8ラウンド以上が確定している気がするのだが。今回は12ラウンドだった。やはり確定ってことでいいのだろう。この出玉感がこの機種の最大のポイント。単発で終わってしまったが、この玉があれば十分だ。

次は超早い当たりがきた。「大砲発射モード」から大砲発射となって当然の如く大当たり。7回転の確変ゾーンに突入。7回もチャンスがあれば簡単に当たりそうだが、これが中々どうして、当たらない時は当たらない。今回もスルーしてしまった。

次は突確から本日初の2連チャンとなる。この時短を消化した僅か7回転目、またしても「大砲発射」となり大当たり。今回は3連チャンだが、その内の二つが8ラウンドだったため、ここでようやくドル箱を下ろすことができた。

この後単発が1回。この時短終了後、先程と全く同じ7回転目で「信長の野望ロゴ」が落下して突確が・・・と思いきや更に「大砲発射」となり待望の16ラウンドをゲット。「天下統一」の文字が眩しい。

次は188回転と少々出玉を減らしたものの、ここで大きな連チャンがやってきた。一気に6連チャンとなり、しかも12ラウンドが1回。更に確変中限定の「野望アタック」が掛かって、この時点で突確以上が確定。運が良ければ16ラウンド奪取となるところだが、残念、ここは突確止まり。結局この後1回当たりを追加して都合7連チャンとなった。この時点で持ち玉は7000個余り。

こんな展開になろうとは・・・。

早くも本日の勝ちは確定か? 正直、この時はそう思った。肝心のバネも、時折おかしくなるものの回りだけは安定していたので、まさかこの玉を全部飲まれてしまうなんて夢にも思っていなかった。

食事から帰ってきた途端、そのバネと肝心の回りまで不安定になり、1000円辺り20回ちょっとの回りに落ち込んでしまった。154回転のところで一旦大当たりとなってホッとしたのも束の間。521回転でとうとう全ての玉が無くなってしまった。

さてどうしたものか。ここで潔く止めてしまおうか、それとも続行か。出来ることならば止めてしまいたかったが、最後の一箱分に限っては打ち始めの頃の回りに回復したため追加投資することに決めた。時間もまだたっぷりあるのだから。

飲まれて3500円を追加した605回転目、待望の当たりがやってきた。以前この台で990回もの嵌りに遭遇したことがあるのである程度は覚悟していたが、意外にもこんなところで当たってしまった。単発ではあったが8ラウンドが1回。

そして、この後の当たりを最後にまた出玉を飲まれてしまった。往生際悪く更に買い足すことに。しかし、回りが思わしくなくなった時点で今日はもう止めてしまおうと思った。ここまでやれば十分でしょ(笑)。 

飲まれて最初の1000円で30回と回ったものの、その後は20回を切ることもあり、6500円を投資したところでタオルを投げ込んだ。

<タッキーのひとり言>

今日の敗因は、終わってみれば「回りが足らなかった」ということで、やはりこの台を選択したことにあるだろう。今日こそは手堅く勝ちたかったのに、ちっとも堅くなかった。今週と更に来週と新台入れ替えが待っているので、次回は気の利いた実戦をお届けしたいものだ。
text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る