コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者SFWS  
 

実戦データ
店舗名 関東Y店
換金率 2.5=40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者SFWS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 80000円
総回転数 ***
大当たり回数 1回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -80000円

■夕方まで粘るも・・

(出玉次第ではあるけれど)アタッカーが削られていないので、スルーさえ抜ければもともと拾いのいい電チューゆえ、なんとかなるだろうとの見込み。いざ打ち出せば、何とも悩ましいこと24〜25個のラインで推移。もう少し回りをあげられないものかと調整すると、チョロ打ちならばステージに向かいやすいことに気付く。

以降は、それをメインにしたストローク調整で25個のラインを少し超えてきた。当たりの方は、これといって当たりそうな演出もまだなく、300、 400回転を超えてきた。嫌な気配漂う500回転の手前で、キラッと光ってステージチェンジ。そのままペンペンの画面に行ってリーチが成立。前作までだと鉄板のはずだったが、果たしてどうなのか。

成り行きを見守ると、そのまま弐号機のダブルリーチのスペシャル段階から「6」が揃う。使った額は18500円。ということは、25個以上は回せたということ。セグは『奇跡の価値』の時に覚えていたが、それと変わってなければ単発のほうだと思う。ラウンド昇格アクションは出たが、なにも起きずに「チルドレンモード(碇シンジ)」に。

その玉は時短を含めて255回転で飲まれたが、嬉しいことに時短で玉がかなり増やせることを発見。Y店にしちゃ画期的なことだ。明日以降はどうなるか分からないが、玉増えありで26個なら打てるだろう。換金率を考えると、昨年までなら打つのに迷うくらいのレベルだが、今は手持ちになにもないのでこの程度でもしがみつくよ。

途中から回りは上がりだし、1万円ベースで288回転の時もあり上々の感じ。しかし、当たりは一向にやってこない。夕方、席を立つついでに、40台分のデータをぐるっと見たが、当たり1回はカースケだけ。辛いご時世ですな。

時間と福沢さんだけが、刻々と消える。気付くまでもなく、規定時間の19時にさしかかる。回転数は1810回転。投資はちょうど福沢さんが8人という未曾有の大敗だ。 「活動限界です」 ちょうどミッション終了のメッセージが。ええ、言われなくてもその通りですよ。静かに席を立つ。

■はまりは避けられない

不調な中の大敗は痛いが、久しぶりにちゃんとパチンコを打った気がする。昨年の前半までは、こんな大はまりの日々も多く、その反動(?)で爆発する日も多く、収支はまずまずキープできていた。打ち切れていない昨今は大敗する出来なかったのだから、よしとすべしかも。

パチンコを打つ上ではまりは避けられないわけだし。せめて玉ではまりたかったが、それも天のなせる仕業ゆえ仕方なし。

しかし最大の問題は、この程度の回りでもまた打てるかどうかという事が重くのしかかる。それにしても、『エヴァ』は初代からずっと(結果としては)相性が悪い。出る気がしないなあ。でも、通常演出は確実に進化していると思う。赤図柄シングルリーチは激サムで、全部予告が揃うか、鉄板で当たる演出以外は絶対に当たらないという特性は相変わらずだけどね。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る