コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR新世紀エヴァンゲリオン〜最後のシ者〜  
 

実戦データ
店舗名 関東H店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR新世紀エヴァンゲリオン〜最後のシ者〜
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
55001782→特訓モード「使途まだ来る? まだ諦めるな」使途襲来第6の使途
206→7新ユニゾン
53ステップ3・初号機フェイス全回転
342零号機
100+1854リラックスステップ5・金枠バルディエル
100+1348→9疑似連3シンジ初号機
1突確
95次回、アスカ来日弐号機
74シリアスステップ3・金枠弐号機
100+2396→7射出第6の使途
824→5突然ステップアップ4・金枠初号機
187初号機フェイス初号機
852シリアスステップ5弐号機
981突発
189突発
172シリアスステップ4初号機
100+3822初号機ハンド零号機
100+4068「今夜どう? 不潔」初号機フェイスバルディエル
100+2166→5シリアスステップ4・水玉ボタンシンクロ
127突然ステップアップ4第5の使途
435ステップ4射撃訓練50%
34弐号機
100+2501シリアスステップ2・金枠・ネルフ背景新ユニゾン
25シャッター初号機
92リラックスステップ5・金枠初号機
100+217終了
総投資額 5500円
総回転数 3470回
大当たり回数 25回
確変回数 6回
総出玉数 22664個
換金額 56500円
収支 51000円

悩ましい一日の始まり。

早く打つのを止めて店を出なきゃ。そう思いながらも貸し玉ボタンを押すオレ。その5000円を投資したところで聞いたことのないセリフからタイトル予告「使徒、襲来」と出た。掛かったリーチは「第6の使徒VS初号機」。やばい、当たってしまいそう。

普段ならば絶対の勝負所だが、この時ばかりは妙な汗が出てきた。そして「2」が3つ。単発絵柄でホッとするも「特訓モード」となり確変となる。ここでカースケ先生にメールを入れてみた。すると「そんな台、そうそう打てる機会もないからね」。ん〜、頑張れってことか。「ただし回りが落ちる可能性もあるので、その時は再度連絡を」とのこと。

一先ず、この確変を消化することに集中し電チューに玉を拾わせていくと「新ユニゾン」リーチから「6」が揃う。これが「7」へと昇格し3連チャン確定となった。そして次は、歓喜の全回転だ。それにしても長いリーチだな。相当な玉増やしのチャンスだったが、スルーは問題ないものの全ての寄り釘が良すぎて、玉がスルーへと向かわないのだ。ちょい増えがやっとだ。4連チャンとなる。

時短も終了し、いよいよここからがこの台の本性を見極める時だ。回りが落ちればその時点で潔く止め、先生と落ち合い会議へ出席する。もしこのまま回り続ければ、断腸の思いで会議は欠席させてもらうことにする。

心の中では「回りが落ちてくれますように」と願うばかりだが、実際のところヘソだって開けの形になっているし、ワープ入り口もプラス、ステージ癖が悪いのかと思いきやこれが中々どうして悪いどころか良い方の部類に入るのではなかろうか。ステージ中央からの入賞はもとより、右へ大きく逸れた玉も羽根物のイレギュラー入賞のように気持ちよくヘソに吸い込まれるのだ。こんなんで回りが落ちる筈もなく、3個戻しとはいえ、なかなか玉が減らない状況だ。1回分の出玉で時短100回+240回転させてもまだ玉は残っているとは。

そうこうしているうちにまた熱いのがきた。「使徒、襲来」から「導入前ムービー」を経由してのリーチは「零号機」。てっきり当たりと思っていたら、外れてしまった。更にここから40回転ほどいくと、今度はステップアップ予告が「金枠」となり最終のステップ5まで発展した。掛かったリーチは「バルディエル」だ。今度は物になる。「4」が揃ったが昇格はなし。

そして、この1回分の玉半分を使ったところで「逃げちゃ駄目だ」と待望の疑似連がきた。これが3回続いたあとのリーチは「初号機」。もうちょっと熱いリーチを期待していたが、当たってしまえばなんだっていい。「8」から「9」へと昇格した。保留1回転目のヘソ入賞が突確となってしまい1回分損した形となってしまったが、都合3連チャンとなる。

落ちることのない回り。

あ〜、本来ならば先生と落ち合う時間だ。モヤモヤした気持ちで打ちながらも相変わらずの回りっぷりで、今回も1回分の玉を使い切る前に「射出演出」から「第6の使徒」となって大当たり。339回転目のこと。これが3連チャンしたあとの時短98回転目、いきなりやってきた「突発大当たり」。これが4連チャンとなり都合7連チャンだ。

そろそろ会議が始まる時間である。今日は一日こんな気分に苛まれながらも、当たりも回りも落ちることなくここまできた。しかしこの期に及んでも、回りが落ちれば直ぐにでも会議の席にすっ飛んでいく気でいる。

もちろん回りなんて落ちる気配もなく、この後500回手前で単発。更に500回ちょっとのところでまた単発となった。回りは落ちないものの展開的にはだらだらしてきた模様。せっかく休ませてもらったのだからここは一気に噴くか、さもなければ大嵌りしてしまうような落ちが欲しいところだが・・・。

一日なんてあっという間だ、そうこうしている内に会議も終り、宴の始まる時間ではないか。と、ここで突然、ステップ1止まりながらも「金枠」となり掛かったリーチは「射撃訓練」。いつもならば命中確率が25%と表示されるものが今回は50%も超え「75%」となった。前回初めて打った時には一度も見ることがなかった数字だ。ここは大いに期待したいところだが、ん〜、外れかよ。

しかしこの後、ステップアップ1、2、3、4ときてボタン予告が出現したのだが、この時画面に映し出されたボタンが「水玉模様」。どんなリーチに発展するかと思えば拍子抜けするような「シンクロ」リーチ。逆にこれが熱いといえば熱いのか。ひょっとしたら突確となり「暴走モード」突入となるのだろうか・・・。これがなんと普通に絵柄がビタ止まり。絵柄も「6」から「5」へと昇格した。更に「7」を追加して3連チャン確定だ。3回目、先程外した「射撃訓練」も、確変中となると「50%」でも当たってしまう。これも確変となり都合4連チャンとなった。

更に迎えた350回転目。何度見ても興奮する「金枠」のステップアップ予告。2止まりであったが背景予告に「ネルフマーク」が映し出された。この時はこれがプレミアだとは知らなかった。普段殆ど打つことはないのでまるで分からない予告の数々。絵柄も赤いシングルのリーチだったのでまず当たることはないだろうと思っていたが、もちろん大当たり。

ここで長めの連チャンでもくればまずまず格好の付いた形になったのだが、ここは3連チャン止まり。結局この後は10時過ぎまで回して何も起こらず終了となった。そうだ、折角ぎょっとするような釘を発見したのだから写真でも撮って公開してみようと思い、携帯電話でパチリとやった瞬間オレのオンボロ携帯のバッテリーが空になった。家に帰って確認してみるとそこには何も写っていなかった。終わってみれば当たりも平凡なもので、宴に参加することも叶わず、一人寂しく家路に着いたのであった。

<タッキーのひとり言>

実は夕方になって気付いたことだが、この日は『エヴァ』のイベントとなっていた。更に次の日もだ。台毎にかなりメリハリがあったとはいうものの、今日無理矢理打たなくても明日だってきっと同じ釘だったような気がしなくもない。何れにせよ悩ましい一日だったことには違いない。

次回予告「連休の為、このコラム2回ばかりお休みを頂きます」。



【編集部からのお知らせ】
『新世紀エヴァンゲリオン〜最後のシ者〜」のイメージソングがシングルCD化!

「CR新世紀エヴァンゲリオン〜最後のシ者〜」イメージソング 集結の園へ (1200円・税込)
※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る