コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRドラゴン伝説2  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 最近、かなりワクワクしていることがある。前から興味があった「アクアプランツ」を始めてみようと準備中なのだ。きっかけになったのは、一本の映画。山田孝之と長澤まさみ主演の「そのときは彼によろしく」。

主な舞台となるのがが水草屋さんで、山田孝之は店長で、そこに訳ありで幼なじみの長澤まさみ演じるヒロインが訪ねてくるという設定。ストーリーや音楽、もちろん演技にもすっかり魅せられてしまい、レンタルして見たすぐ後にDVDも購入し、勢いで「アクアプランツ」も始めてみようと思った次第。

ところが、ずぶの素人だからどこからどうしたらいいのやら皆目検討もつかない中で、一人、あちこちの熱帯魚屋さんや水草屋さんを訪ね、本を買い、関連サイトで調べながら準備を進めてきた。今、部屋には60センチの水槽やクーラー、濾過器、ヒーター、ライトなどが鎮座し、スタートの時を待っているといった状態なのだ。

そして、その準備の中でものすごく嬉しいことがあった。パチライフですっかり世話になっているさーちゃんが、実は10年以上熱帯魚の飼育を続けていたプロ級の腕前だったのだ。つきあいは長いが、そんな趣味があったなんてつゆ知らず。

渡りに船とはまさにこのこと。いろいろと教えてもらい高価なCO2ボンベ一式や管理グッズも譲って貰い(さーちゃんは家庭の事情で今は止めている)、大助かり。百万の味方を得た想いなのである。

水草をメインにレイアウトするつもりなので、魚は小型の淡水魚を数匹、あとはお店で見て惚れ込んだ「レッド・ビー」というエビを飼うつもり。日常の管理も大変らしいが、さーちゃん曰く「大変だけど、家に帰るのが楽しみになりますよ」とのことで、新しいことに挑戦するワクワク感でいっぱいの今日この頃なのだ。

機会があったらその後の経過も書いてみたいから、どうぞ読んでください。さてさて前置きはこのぐらいにして、肝心のパチライフだが、今回はマイナス収支を救ってくれた某機種の実戦について書いてみたい。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る