> > CRエ新世紀ヴァンゲリオン〜最後のシ者〜 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRエ新世紀ヴァンゲリオン〜最後のシ者〜  
text by タッキー
 
筐体画像 先日、生まれて初めて鍼というものを体に打った。痛めていた腰が一向によくならないのに加えて、今日のこの実戦中にまともに歩けなくなるくらい悪化してしまったからだ。鍼なんてほんとに効果があるのか正直この時までは思ってもいなかった。しかしここまで痛みが酷くなると、もう藁にもすがる思いで鍼灸師のところへ足を運んだのだった。以前にソフトボール仲間から紹介されていた先生のもとへと・・・。

うつ伏せになり全身の力を抜いて身を委ねた。予想していたほどの痛みは感じられなかった。ほんの一瞬“チクリ”とは感じたものの、治療自体は快適そのものだった。骨盤がかなり歪んでると指摘された。長年のパチ生活が原因なのは明白だ。1時間ほど、骨盤の矯正からマッサージに至るまで出来る限りの治療を施してもらった。

そして全ての治療が終り立ち上がってみると、この時点で半分程度の痛みから解放されていたのだった。一先ず、普通に歩ける程度には回復してしまった。あと3回程度通えば治るでしょうと言われた。驚きと同時に、もっと早く来ていればとさえ思った。次回は一週間後、今からその日が待ち遠しくてたまらない今日この頃だ。

では、腰を一気に悪化させてしまった実戦の始まりだ。
この日は『CRエヴァンゲリオン〜最後のシ者〜』しか打てないお店のイベント日。最近はちょくちょく通うようになったせいか、とうとう先週あたりにワープから風車上の寄り釘に至るまで釘を叩かれてしまった。大概の場合、ここを叩かれてしまえばもう二度と元には戻らないと相場は決まっている。

そして今回の実戦の前日のこと、たまたま早い帰宅の途中にこの店を覗くと『エヴァ』のコーナーだけは満席の状態だった。余程大きく釘を開けているのかな? 歩きながらチラッとヘソだけを拝見させてもらうと、まずまずの形。残念ながらこの状況では他の釘は確認できない。ここは一旦帰宅して遅い時間にもう一度覗いてみよう。そして10時過ぎに再度お店へ向かうと、この時点でさえ空き台になっているのはたったの3台だけとは。出玉も物凄いことになっていた。少ない空き台に腰を下ろしヘソ以外の釘をチェックすると、なんとこの間叩かれた釘が元の状態に戻されているではないか。

この日の出玉を考えると、明日同じ釘かどうかは不明だが、ひょっとしたら開けるかもしれないK店よりも、こちらの方が断然信頼度は上だ。そして当日は久しぶりに30分前もから並んだ。いざ入店となり釘の方に目をやると、そこには昨日と変わらない釘が・・・。これはもう貰ったも同然。それと同時に、なんて太っ腹なお店なんだとちょっぴり感動した瞬間だった。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る