コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRナナシービッグF  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 30玉=約3.3円
遊技ルール 無制限
機種名 CRナナシービッグF
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
145003327疑似連2ノーマル
37R中当たりコインくん
21疑似連2ノーマル
1217手足ノーマル
77ノーマル
1017全回転
56疑似連3ノーマル
597羽根ノーマル
112ノーマル
100終了
総投資額 14500円
総回転数 982回
大当たり回数 9回
確変回数 0回
総出玉数 8016個
換金額 26720円
収支 12220円

■拾いが気になる

ステージがそこそこで、寄りもそこそこ。ただし、設置以来ヘソが小さくほとんど打つ機会はなかった台だが、そのヘソが一枚半ばかりアケられている。今日はどうかと真っ先に見に行けば、昨日のまま。

ならばとて、着席し万札をサンドに差し込む。最初の1000円で27回、次に26回、そして30回と夢のように回る。デキがよくなっているのか? やはりヘソのアケが大きいのか。いずれにしても、これが正体ではないと思うが、それでも1万円投資のところで232回転と十分に打てるデキだ。

ていうか、当たらないなあ。確率分母の2倍はさくっと超えて、300回転も超えてきた。1/120と言えども当たらない時はどうやっても当たらない。でも、ここが高換金店舗の強み。3.3円ならば、現金投資との差はそれほど大きくない。1000円22個を切らなければ、打ち続けるつもりでどんどんいくと・・・。

それまで、上段さえもなかなか揃わず、リーチ成立も数えるほどで「壊れている」のかと思うほど。しかし突然の「カーン」という音。この機種で最もアツい疑似連のスタート。3回ならば鉄板だと思うが、残念2回まででコイン群が降ってきた。拡縮アクションになれば、ほぼ100%いただきだと思うがノーマルのまま。

そしてあろうことか一こまハズレ。と思いきや再始動してようやくの大当たり。332回転。いつのまにか1時間もの時間が経過していた。回りは23個近いから大丈夫だが。
さあ、ここからがスタート。丁寧に電チューに合わせて打ち出しをコントロールしていく。

1個3.3円もする玉。あだやおろそかには出来ない。スルーもかなり抜けてくれる。ラウンド中にデジタルの保留を合わせると、15〜20回転くらいはしてくれる。(ちなみに、表のデータはラウンド中の回転数も加えてある)。それはいいのだが、どうも第二チューリップの拾いが良くない。
4カウントしてくれないと困るわけだが、3カウントの時がある。これは手痛いかもしれない。後々響かないといいが・・・。そして、待望の連チャンがいきなりやってきた。大当たり直後に登っていたコインくんが、ピキーンと輝く。

よしよしの連チャン。この当たりが終わったところでひとまず休憩。ふと振り返ると、しばらくぶりのコーヒーレディのMちゃんがニコニコして立っていた。「久しぶりですね〜」と相変わらずの笑顔。ちょろちょろと話をしてみれば、最近ゴルフを始めたんだと。カースケのアクアプランツもそうだけど、何でも新しく始めるということは楽しいもの。
さっそく我が家の出来たての水槽の写真などを見てもらって、お互いの趣味の話をひとしきり。やっばK店は殺伐としてないからいいよなあ。

さて休憩もここまでと、遊技を続行する。右打ちからハンドルを戻すと、回らなくなってしまった。この機種ではよくあること。
上皿の玉で20回転以上を目標にしているが、15回転しかしなかった。せいぜいストロークを調整して頑張るとしよう。上皿の玉がなくなってすぐ、またもや疑似連が発生。これがモノになれば展開はだいぶ楽になる。じっと見守れば大当たり。やはり信頼度は高い。

そして手足リーチ、群からノーマル、さらには全回転と、まずまず当たりが続き出玉もいい感じになってきた。しかし、どうにも第二チューリップの拾いが気になる。その後、2回当たったところで思い切っての台移動を敢行した。

■今後は注意しよう

移った先は、以前打った時よりはヘソは小さいが拾いは良かった台。それがなんと幸運なことに、座ってすぐに当たったではないか。箱を変えてもらおうとコールボタンを押せば、なじみの店員さんが「台変わられました?」と。「えっ?」と聞き返せば、「台移動はダメになったんです」と言う。

いつのまにか、知らないところでルールが変わっていたようだ。知らぬこととは言え、それは申し訳ありませんでした。下に置いた玉を全部流してもらい、手元の箱だけとなった。この台が打てれば問題はない。しかし、残念ながら移動した先は、打てるレベルには見合わない感じだ。戻ることも目論んでの移動だったのが、それも出来なくなり、ここは潮時とばかりに手元の玉も流してもらった。

残念だけど、仕方ない。ルールはルール。自分のミスだ。まったく、いくつになっても「おっちょこちょい」な性格だけは直ってないな。小さい頃から郷里の母が自分を紹介する時に「この子は優しい子なんですけど、おっちょこちょいなので、気をつけて見てあげてください」なんてよく言ってたことを思い出すよ。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る