> > CR大海物語スペシャルMTE 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR大海物語スペシャルMTE  
text by タッキー
 
筐体画像 当サイトの『みんなの実戦レポート』を見ていると、目の見えない人の実戦記が投稿されていた。専ら『海』を打たれているようだが、「魚群」等の演出を耳で判断して楽しまれているようだ。ん〜、思わず唸ってしまった。これまで何度か隣に目の見えない人が打ってる場面に遭遇したことがある。ハンドルの位置や玉の音などである程度のストロークが推測できるのだろうか? ホントに上手に打っている人を見かけたことがある。それでも特殊な機種なんかでは上手くストロークが合わず、つい声を掛けたことが何度かあった(お節介かもしれないが)。

我々、日々何気なくお金を入れ、玉を弾いているが、そのお金をサンドに入れる行為だって目の見えない人にとっては厄介なもの。店によってはカードを買ってから遊技しなければならなかったり、いまだに500円玉で遊技する店もあったりと、まちまちだ。どうしたものかと思う。玉貸しボタン一つとってもそうだ。この辺りは規格を統一すべきであろうと思うのだが。

まだまだある。前述のストロークの話だが、予めハンドルにマーキングをして大よそのストロークの位置を誰でも簡単に探し出せるようなものや、スタートチャッカーに玉が入賞したら、保留1〜4までを耳で簡単に聞き分けられる効果音のようなものを是非とも作って欲しいものだ。
釘は見えなくとも、この二つである程度の無駄玉を防げる筈だ。台を作る側にとってはそんなの訳ないことでしょ? そうだ! 今では殆ど使われなくなった灰皿、あんな物もういらないでしょ? これと引き換えに造れないものだろうか・・・。こんな事を考えていたら昨夜は明け方まで眠れなかった(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る