コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR大海物語スペシャルMTE  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR大海物語スペシャルMTE
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 8000円
総回転数 ***
大当たり回数 5回
確変回数 2回
総出玉数 6700個
換金額 16500円
収支 8500円

やっぱり駄目よ、こんな台を打っているようでは。

そして今日もまた寝不足のままいつもの店へと向かうのであった。今日はK店が『海』のイベントの日だ。この店では今までほとんど『海』を打つ機会がなかったが、『地中海』が導入されてからはこのコーナーにも活気が出てきて、以前とは少しだけ事情が変わってきた。『花の慶次』が打てなくなった今、頼りになるのは『海』なのである。

とはいえ、この店では出玉関係が恐ろしく悪いので、20後半は回ってくれないと十分な稼ぎにはならない。今回は『地中海』ではなく『CR大海物語スペシャル』での実戦だ。
いざ打ち始めると、ステージからの入賞がすこぶる良い。ステージに乗っかった玉全てが入賞するといった具合だ。

打てたらいいなぁ。もうかれこれこの店では一週間まともに打ってないもんなぁ。そろそろ潮時なのかもしれない。いや、潮時などとっくに過ぎているのかもしれない。今ではこの店に通うプロ連中もほとんど見かけなくなったしな。

打ち始めこそ30回近く回ったが、3000円目を投入した瞬間ガクッと回りが落ちた。それでも当たる時は当たる。73回転目、「魚群」から掛かったリーチが「黒潮」。これが見事に大当たりとなった。しかも確変絵柄の「7」。

まずは一安心といったところ。せめてもう一回確変が続いてくれると有難かったのだが、リーチ一発で「6」が揃ってしまった。昇格もなし、時短も何も起こらなかった。

この時短最後の100回転目でリーチが掛かり、ギリギリのところで電チューに玉を拾わせることが出来た。そしてこの拾った玉で何と「魚群」が発生したとは驚きだ。ドキドキしながら見ていると「9」がピタリと止まった。それにしてもアタッカーといい、スルーまでもがきつきつの調整だ。やっぱりこの店で『海』は打っちゃいかんなぁ。急に止めたくなってきた。

80回転目に「キュイーン」ときて「3」が揃った。次はまたしても「アンコウ」が三つ揃ってしまった。3連チャンだが、都合5連チャンといってもいいだろう。しかしどうだ? やはりこの出玉じゃ無理だろう。結局、この時短を終了して耐え切れず止めてしまった。さあ、困ったゾ。もうこの店には用がないわけで、とはいえ他に当てがあるかといえば、ノーだ。

誰にも見つからないようにして、逃げるようにK店を後にしたのだった。ここは週末の当てを探しにぶらぶらしてみようと思う。
あ〜、そういえば知り合いのヒロシ君がL店の『CR花の慶次−雲のかなたに−』がたまに釘が開くようなことを言っていたのを思い出し、開いた時の為にちょこっと覗いてみようと思う。L店は近頃復活したL店のチェーン店だ。この店も出玉関係がすこぶるイイ。

夢か幻か・・・。

少々遅くなったが、客付きは半分程度なので『慶次』以外にも探せる筈だ。せっかくだから数台空きになっている『地中海』に数千円入れてみた。それにしてもこのアタッカーは凄いの一言。15ラウンド消化時間2分30秒。電チュー下の釘が大きく内側にへし折れているような感じだ。しかし残念ながら納得のいく回りは得られなかった。今度余裕があれば探してみたいと思う。

そして次は『慶次』の島へ。『慶次〜斬』だって悪くはない。しかしオレは『慶次−雲のかなたに−』の方が断然好きだ。まずは角の台から順番に打ってみようと思う。500円を投入しストロークを合わせていると、とんでもない事が起きた。

僅か3回転目に、「いきなり戦」となった。大概の場合はリーチにも発展せずガセで終わってしまうのだが、今回は「旦那!」の声で「捨丸」が登場した。ここまではたまには見る光景。確変中ならば簡単に右へ行ってしまう演出も通常時は間違いなく「城門」へ到達し、外れとなるのだ。右へ行けば大当たり確定という場面なのだから、そうそうあるもんじゃない。しかしこの時は「旦那!」の後に「後ろの連中が罠に!!」の声が!

久しぶりに『慶次』を打ったせいもあってか、一瞬何が起こったのか状況がつかめなくて慌ててしまった。これって、当たりだよね?? 画面がスライドした先には「愛」の文字が。「直江兼続」の姿を見てようやく大当たりを確信したのだった。いやいや、驚いた。以前、「捨丸」で城門突破した時も驚いたが、その時以上の驚きだ。

試し打ちの段階ではあるが、そこそこの回りが望めるならばもちろん打つ覚悟だ。先ずは8回転目、「これより我ら修羅に入るッ!!」から「大ふへん者」となった。更に126回転目、またしても「大ふへん者」となる。今回は32回の解放だ。

下のアタッカーも3分30秒ぐらいの消化時間なのだろうが、普通に当たらないことにはね(笑9。 それにしても一度も「城門」へ行かないなんて、あんな当たり方をしたからだろうか・・・。

そして9回転目、「捨丸」がただ一人。あ〜、なんてこった、あっさり右へ行って敗北とは。花びらランプも通常の方だった。幻でも見ているかのようだ。「殿モード」中、「捨丸」から敵陣「50体」と出て、ちょっぴり期待したもののそんな甘くはなく、終了してしまった。結局のところ一度も城門へは行かず、しかも登場した人物が「捨丸」たったの一人とは。

このまま止めてしまおうとも思ったが、ステージの入賞も悪くなかったので回してみることにした。結局何の見所もないまま420回転程で玉は尽きた。やはり、通常の釘ではちと厳しいと言わざるを得ない。しかし、この状態から一叩きされれば勝負になると踏んだ。この後、数台にばら撒き店を後にした。

<タッキーのひとり言>

今日はたったこれだけの実戦ではあったが、実のある一日だった。更に数軒の店を見て回って、いつもよりちょっぴり早い帰宅となった。あ〜それにしても「大ふへん者」3発とは・・・こうしてコラムを書いている今も夢でも見ていたのかと思う。『花の慶次−雲のかなたに−』、打てる日が来るといいなぁ・・・。



【編集部からのお知らせ】
まだまだアツい慶次シリーズ。今年の夏は、武将Tシャツで乗り切ろう!
戦国武将Tシャツ・パンツ 一覧ページ

※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る