コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 40玉(2.5円)
遊技ルール 無制限
機種名 ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
105002982R確変ツバメ2 雀2番所
418必殺(赤障子)
2831→5疑似連3 キュイン音
79→7ステップ4 雷赤障子
32赤障子
189疑似連4 夜背景 雷赤障子
304疑似連4 勇次
326疑似連4 キュイン音 豪剣主水
698疑似連3勇次
1850017012R確変ツバメ おとつ捕獲
15疑似連4 豪剣主水
80疑似連3 豪剣勇次
311→7疑似連3 ステップ4 豪剣
242R確変
110疑似連4 Pフラ 京楽マーク
274→3疑似連4 Pフラ 屋根にオールスター勇次
55疑似連4 障子(ハッスルロゴ)
12疑似連1 必殺障子勇次
1686→仕あんま
356→7疑似連3 Pフラ勇次
129→事疑似連3 豪剣勇次
171→人疑似連1 豪剣
482R確変
761疑似連3
125終了
総投資額 29000円
総回転数 3771回
大当たり回数 24-4回
確変回数 14+4回
総出玉数 16985個
換金額 45985円
収支 16985円

■序盤はいいが・・・

さて・・・・回遊を続けると『仕事人桜バージョン』は打てそうだ。過去の経験をたぐればこの台がこの釘ならば、やれるはず。玉が増やせる仕様だし、1000円25個を超えてくれば、打てる算段になる。まず500円分の玉を出して見ると、9回転と低調なスタートだが、ストロークの工夫で回りを上げられることを思い出した。

次の500円では17回転と順調に回復し、それからも座っていられる回りをキープしていく。5000〜6000円打ったところで、心の中で小さくガッツポーズをした。よほどのことがなければ終日勝負できるだろう。後はフツーに当たってくれることを祈るのみ。別についてなくていいから、フツーにね。

調度10000円を投資したところで、ツバメと雀が2匹ずつ。主永が出てきてスベリが入る。リーチは当然、番所から釣りへ。前作だと激アツだった2×2匹だが、桜バージョンは結構はずれる。ただ保留3消化だったのが期待できる点か。おっと首尾よくお突を捕まえた。幸いなりの2R確変のゲット。

3連チャンなんてことは言わないから、せめて2連はしてほしいもの。しかし、疑似連なしの「必殺」の赤障子の鉄さんはあっという間に単発をそろえてしまった。心許ない1500個ばかりの我が軍だが、時短もつくのだから貴重な戦力だ。さて頑張ろう。

玉がつながってくれれば最高だと思っていた矢先、ギリギリ間に合うところで疑似連の3回目に自分の台が「キュイン」と鳴いた。他に打っている人はいないから、間違いないのだ。P-フラならば確変確定なのにな。やはりテンパイ図柄は「1」で揃う。あきらめていたら、スクロールしてX斬り発生・・・ああ驚いたなり。

せっかくならば光ってほしかったなどと、アホなことを考えながら、確変消化に入る。すぐにステップ4から、赤い障子に閃光が走りリーチへ。これは当たれば確変だろう? 鉄さんが「9」をそろえて、やはり「7」へ昇格。そしてまたもや赤い障子の雷なしから鉄さんが単発そろえておしまい。

まずまず満足の3連チャン。そして200回手前で夜背景の疑似連が4回きた。赤い障子に雷が走り、豪剣フラッシュそして主水リーチ。これは当たるのか? 泥棒が青いままだったこと、おあきが泣かなかったこと、豪剣フラッシュで桜が舞わなかったこと・・・・外れる要素は結構ある。しかも確変絵柄「事」のテンパイだ。

しかし、下を見ていると「おめぇさんの恨み・・・」と言うわけで絵柄が揃ってました。いやはやこんなに早く初当たりをひけるとは、真夏の珍事だろう。ここでひと伸びすれば、最高の展開になるが・・・それはまたもや思いだけでした。勇二さんが「4」をそろえておしまいのワンセット。それでも出玉は成長しているのだから文句は言うまい。

そして3回目の当たりも300回ちょいでやってきた。でもそれもワンセットだった。しかし回りがあるから玉は増えていることになる。さあ4回目こそが爆発だ。この数ヶ月、ためにためていた当たりの欠損を今日こそは・・・。

このままではいくまいて。心の奥に潜んでいた予感は的中した。1200回の手前で出玉はすべて壊滅した。時刻は夕方過ぎ・・・行くのだ、ここから進むのだ。1200、1300、1400、1500も超えた。そして1600、1700回転。5倍ラインも大きく超え、時間だけが経過する。しかし、心は自分でも驚くほどに冷静だ。

回りは後半から上がる一方。この台で討ち死にするなら本望なり。1700回を超えたところで、何かたいした予告もなく、お突が主永に捕獲される。5時間以上に及ぶ長いトンネルはついに明けた。2R確変。


■空に星が・・・

今までならば、この2R確変は単発一個で終わりという相場が出来上がっていた。しかし、今日ばかりは違っていた。P-フラから京楽マーク、P-フラから屋根の上にオールスター、障子にハッスルマークなど、なんと玉ありで7連チャンを達成したのだ。収支はたちまち逆転。

しかし、残り時間を考えると、いまひとつの初当たりがなければ、マイナスに転落は必至。そしてそして・・・・170回転の手前、ありえないことが起きる。何の予告かも記憶がないくらい弱い演出で、あんまリーチで「6」が揃ってしまったではないか。そしてそれが「真剣連打」から確変に昇格したのだから、まさに京楽サプライズ。

なんということだろうか。この確変は、5連チャンという伸びをみせたところで、閉店20分前。最高値でやめる時という素晴らしい展開が最期の最期に待っていたのだった。『くぅちゃん』に続き、またもや奇跡が起きた。

やはり、天は我を見放さかったということか。今回も当たりは欠損だけど、これでいいのだ。カースケらしいパチが打てたこと自体が満足だ。外に出て空を見上げれば、真っ暗な空に小さな星が少しだけ輝いているのが見えた。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る