コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR花の慶次〜斬H6-V  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR花の慶次〜斬H6-V
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 500円
総回転数 3398回
大当たり回数 36回
確変回数 5回
総出玉数 19246個
換金額 48000円
収支 47500円

あ〜、驚いた!

では本題に。今回は超久しぶりに『CR花の慶次〜斬』に臨んでみたわけだけど、確かこの釘は一昨日あたりにちょこっと開いたのを確認していたのだが、羽根の『慶次』の方を優先し後回しにしていたのだった。羽根も毎日打っていると流石に飽きる(笑)。 成績の方も勝ちが上回っているものの、負けた時の額が羽根とは思えないような額だったので、収支は今ひとつといったところだ。周りを見ていても20000個超えなんて皆無だもんなぁ。1/400同様、一筋縄ではいかないってことか。

さて、この店の『慶次〜斬』も導入台数が多過ぎたとみえ、この間の入れ替えで半分が減らされてしまった。それでも20台近くあるのだから台の選択に困ることはないのだが、残念なことに自分が何度か打ってきた向こうの島を外されてしまったお陰で、ステージの癖が皆目見当が付かない状況だ。今後打てることがあるかどうか不明だが、また一からやり直しってことだ。

ここは釘だけを頼りに打ってみる他あるまい。500円を投入しストロークを合わせていると、ここで早くも「もののふチャンス」となった。しかし、テンパイには至らず外れと思いきや、中出目に「傾奇者」図柄が停止した。何色だったか忘れてしまったが、何てことはない、いつもの「傾奇ゾーン」突入となるやつだ。

どうせ小当たりだろうと2Rランプに目をやると、点灯は無し。しかし花びらランプがどういう訳か全点灯しているじゃないの。これって・・・と思った瞬間、「家紋可動体」が派手な音と共に回転し「天下無双」の大当たりとなった。あ〜、驚いた。こんなのは初めてだ。

周りのお客さんも本人もびっくりの4回転目の出来事だ。ずっと羽根を打っていたけど、一日たりとも500円で食い付いた日はなかったというのに。ついでに連チャンもしょぼかったので、ここで帳尻が合ってくれないものかしら(笑)。 

「真戦モード」となり、まずは4回転目、ボタン演出で「岩兵衛」一人の登場となりヤバイと思ったのも一瞬、もののふ系へ発展。これならば負けはないので安心。近頃はこの程度のボタンは甘んじて押すようにはしているのだ(笑)。 押しても意味のないものは押さないけどね。

「星が四つ」で月は無し。文字の色も赤色すら無かったが、これが見事大当たりとなる。たったの8回転で2回も大当たりをゲットできるとは驚きだ。何はともあれ、まずは2回の大当たりにホッとしたのだった。

ホッとしたのも束の間、今度は1回転目に「油断大敵」の文字。炎の数も二つだ。ここで「捨丸」なんかが出てきた日には一貫の終り。しかし今度もまた、画面が上へ移動し助かった。今度は「星が一つ」だけ。これは意外とリーチへ発展すればまずまずの印象だが如何に。ここから「直江兼続」登場でこれまた簡単に大当たりとなる。都合9回転で3回の大当たりを引き当てたことになる。

更には「奥村助右衛門」で4連チャン。次は「捨丸・岩兵衛」から本日初の城門行きかと思ったら、本陣へと行ってしまった。このパターンで敗北になった回数、数知れず。しかし助かった。画面には「愛」の兜が。「直江兼続」登場で「大ふへん者」から「天下無双」の大当たりとなった。

今日はこんなもんじゃ終わらない。「城門発見」の赤文字から初めて突破となり「五」が三つ。次も赤文字「獅子奮迅」から大当たりとなった。結局この連チャンは15回まで延びた。こうやって出ちゃうと、当然ながら羽根デジなんてやってられないわとなっちゃうわけで(笑)。 今日はこの後一体どんな展開が待っているのやら。

それはいいが、肝心の回りの方が不安材料だ。何せたったの4回転だもんなぁ。確変を消化しながらステージの玉の動きを見ている限りはまずまずといったところだが、肝心のステージへの入りが芳しくない。導入当初の、ワープに玉が入った瞬間、止めにはいるといった状況からは程遠い。ステージに玉が乗ったあたりで止めれば十分だ。

時折30回を突き抜ける回りを見せるものの、総じて20後半あるかないかといったところ。現金じゃとっくにぶん投げているだろうが、これだけの玉があれば今日は大チャンスなのだ。我慢して回しに掛かる。

たっぷりと遊ばせて貰いました。

次は400回手前のところで疑似連が2回、ステップ4と5に「おまつ」が出た。プッシュボタンを押せば「金セリフ」が・・・これが「もののふチャンス」となり掛かったリーチは「奥村助右衛門」だ。これってどうなの? とても当たりそうにはなかったが、一旦外れた後に「だが、それがいい」ときて、復活の大当たりとなった。

先程は出来すぎの感もあるので多くは望まないが、それでも5回ぐらい続いてくれると出玉も更に上乗せできるんだけどなぁ。そして早速「金文字」の矢文予告から、まずは2連チャン。そして次は散々引っ張られた挙句、「油断大敵」の文字から「捨丸」が登場して無念の敗北。花びらランプも超分かり易い配列のやつだったので、もちろん時短も簡単にスルーしてしまった。

次も早かったなぁ。300回転目に「朱槍可動体」が右からズバッときて、よく見ると「七」がテンパイしているじゃないの。そしてここで本日初の「キセル」が。もうこの時点で貰ったも同然か!? 更に「金襖」がカーンときて、掛かったリーチは「直江兼続」だ。そしてこれが「スペシャル」へと発展した。もちろん大当たりとなったのはいいが、「大ふへん者」ワンセット。この当たりは次もランクアップで、2連チャンで終了するとは。

この後は疑似連2回から「金扇子」、ステップ5に「慶次」が登場し、「直江兼続」で大当たり。4連チャン。その次が500超えで2連チャンと全くいいところがなく、夜になってからは当たりすら無くなり700回を超えたところで、本日2回目の「キセル」予告も「赤襖」と「真田幸村」ではどうすることも出来ず、時間切れ終了となった。

<タッキーのひとり言>

終わってみれば朝の出玉から4000個程度減らした形となった。昼間、会社勤めの常連さんが15連チャンを見届けて仕事に就き、夜になって舞い戻ってくれば、「あれ? どうしちゃったの?」なんて言われる始末。普通の人は昼間しっかり仕事をこなしているわけで、このオレときたらその間、ただ座ってデジタルを消化していただけとはこれ如何に・・・。



【編集部からのお知らせ】
携帯ストラップにシール、Tシャツ、キーホルダーまで! 武将グッズが盛り沢山。
戦国パチンコファンなら大注目のアイテムを今すぐゲットしよう!

欲しいグッズが手に入る♪ 777@nifty GoodsShop 営業中!

※携帯サイトからもお買い求めいただけます

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る