> > ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘LV 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘LV  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ついに戦後初の本格的政権交代が行われることになった。世の中の矛盾、格差がこれほど明確になってしまえば、さもありなん。新自由主義路線〜「弱肉強食」の社会構造が少しでも変わっていくことを願うばかり。

それはそれとしても、選挙については一言。小選挙区制度はかように政権交代を容易にするが、これは諸刃の刃。大量の死票が出るこの制度は、少数意見の切り捨てにつながるもの。比例代表制では補えないくらいのデメリットがある。どんなことでもあっても、自分の意見が反映されないというのは、とても悲しいことだ。

「弱肉強食」と言えば、近隣の小さなパチ屋はほとんど潰れてしまった。地域から愛されていた良いホールもたくさんあったが・・・。八百屋や肉屋もそう。努力不足と一言では片付けられない問題がそこにはある。

小さいお店には、そこに行けば「ひと」がいた。お馴染みの店員さん、店主。とめどない会話をして買い物をする。そこには血の通った何かがあった。それがどんどん無くなる世の中は何ともやるせない。書きながら気付いたが、冬月がグランドオープンや新装巡りなどをしない理由はそこにもある。

パチンコに、「勝ち負け」ではない何かもうひとつのものを求めたいのだ。それが何かは一言では言えないけどね。そんなのはただの手前勝手な言い分であり、わがままや格好付けだと知ってはいても。

というわけで、今日も地域密着のA店(2.5円 無制限)に朝から向かう。一日二回、甘釘台を発表するイベント。店内には告知していないので、毎日のように通う自分のような人間にはありがたいイベントだ。

「え?」というガセもあるが、わずかばかりでも釘の動きが作られることもある。果たして今日は、ガセか本物か。久しぶりに弟子も呼んで、開店前のわずかな時間に「作戦」を決める。さて時間となり入店。拾い物はなし。ざっと打つべきシマを中心に見ていくと、釘に動きはある。

一昨日との比較になるが、わずかばかりだがヘソが大きくされている機種がいくつか。まずは、甘デジの『笑ゥせぇるすまん』を弟子にすすめて、自分は出来悪となった『シャカ』へ。他にも候補はあるが、まずはこれから。ところが、アキが弱いために今ひとつの回り。

二人ともすぐに移動して第二候補へ。こちらはボチボチ打てる。ほどなく弟子は食いついて持ち玉に。冬月は結局、ミドルの『ハクション大魔王』へ。以前の経験からヘソが開けば・・・と思っていたステージのクセがいい台。小さいアケだから後回しにしていたが、スペックも現行機種の中では非常に甘いほうだし、この際このヘソでどれほど回るのか確認してみたい。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る