コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAおれは男だ!N-TC  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 2.5円=40玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRAおれは男だ!N-TC
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
1000174疑似連 タイトル落下対決
194→7タイトル落下つば競り合い
83ブタ群つば競り合い
12R確変
182疑似連つば競り合い
1132タイトル落下特訓
45タイトル落下ガマン比べ
29疑似連つば競り合い
12R確変
58ブタ群つば競り合い
2121疑似連対決
198→昇格疑似連つば競り合い
267疑似連応援
196疑似連応援
794疑似連つば競り合い
772R確変
18ジャンプアップボーナス
336疑似連 タイトル落下つば競り合い
3017実写カットイン思い出鏡
64チャンス目対決
93疑似連ノーマル
202疑似連応援
168終了
総投資額 1000円
総回転数 1175
大当たり回数 22-3
確変回数 ***
総出玉数 3070
換金額 7675円
収支 6675円

■にやつきながら向かう

幸いにも近場にそういうホールがあるので、とりあえず赴いてみよう。X店(27玉交換 無制限 貯玉共有移動すべて自由)に着いたのは、夕方4時近い。普段は玉がなければ撤収するような時間だが、考えてみれば、勤め人の頃は夕方と土日だけの稼働でなんとかしていたのだ。

このコラムを読んでくれている方の多くもそうだろう。というわけで、今日はリーマンパチンカーの何らかの参考になれば、との思い。そうはいうものの、打てなければどうしようもない。まずは客ツキ、そして釘の状況次第といったところか。

狙い目は甘デジの『地中海』か、同じく甘デジの『せぇるすまん』。短時間だと、打ち込んで終わりになりやすいマックスタイプやミドルスペックは避けたいところ。短時間だとどうしても運否天賦の勝負になりやすい。かといって、甘デジなら堅いかというとそうでもないのだが。

いずれにせよ、出る出ないは別にしても、夕方から座っていられるだけの台を探さないといけないだろう。それがあるのかどうなのか・・・。まあすべては入店してからのこと。 客付きは5割といったところ。台が選べる余地はある。しかし、『地中海』はほぼ満席の上、2台の空き台を見る限り回りそうもない。

『せぇるすまん』も然り。リスクが少ない貯玉遊技とはいえ、大事な時間と貴重な持ち玉を無為にすることは避けるべし。あとはミドルの重いスペックとバトルしない店なので、今日のところは打たずにパスを決め込む。

その後すぐに、貯玉は使えないが高換金率のK店(3.3円 無制限)へ向かう。ざっとシマを見て行くと、『ナナシー』がなんとかなるかもしれないという調整。しかし、喜んで打ちたいというほどのものでもない。他もダメそうだ。夕方からの勝負は短時間・・・それだけでリスクは大きい。打って後悔するよりも打たないほうがいい。

というわけで、K店も後にする。さてと、セオリーからはすでに外れたが、最後にC店(2.5円 無制限)を覗くとする。時刻はすでに5時近い。もはや気持ちはかなり稼働からは離れているけど、動かないと何も始まらないので・・・。

何気にシマを流していくと、おやまあびっくり。『おれは男だ』に、朝イチセグが表示されていた。よくぞここまで残っていた。驚きなり。まずこういう状況では最高のケースだろう。喜んでいそいそと着席して釘を見れば、持ち玉ならば打てそうななりをしている。

あとは早く当たってくれればこのうえない幸運。500円では当たらず、次の500円を投入すると疑似連からタイトルが落下した。まずはいただきのパターンだ。そのまま、対決リーチになって「4」が揃う。昇格はナシだが、時短の19回転目にまたタイトルが落下しての対決リーチで当たったので、どうやら潜伏していたようだ。

ていうかここで初めて気がついたのだけど、これってライトミドルじゃなくて、甘デジスペックだった。ラウンドアクションに違和感があって初めて気がついた。甘デジの『男だ』は初めて打つことになる。ちょっと残念。でも持ち玉ならば文句なし。

この当たりは「7」に昇格し、玉ありで4発きた。出玉は1900個といったところ。アタッカーと電チューはいい方だ。2回目の当たりは、ちょうど確率ラインで「2」がそろう。疑似連からタイトルが2回も落下してくるパターン。これも昇格はなかったが、銭湯モードですぐに当たったところを見ると潜伏か。

これも最初と同じように玉ありで4発。そして、また確率ラインで対決リーチが当たる。やはり甘デジバージョンだけあって、初当たりはうんと軽い感じがする。その後はダラダラと当たりとはまりを繰り返して、持ち玉でしのぐ展開。

5000個を超えるラインまで行くが、ずるずると後退するのはいつものパターン。それはいいとしても、当初の回りはガクンと落ち始め、後半はストロークや合わせ打ちの効果もなくなりつつあり、1000円20個くらいにまでベースが落ち込んだ。

■バントヒット

持ち玉であっても、ここは撤退でいいだろう。もともと拾い物だし、自ら落っことすこともあるまい。出玉を流してもらうと3000個ちょい。昔でいえばハネモノをこつこつ打ったような玉だが、成果としては文句ない。今日はバントヒットで十分だ。

ついでにというわけではないが、今日はギリギリまで店を見て歩くという「真面目さ」も付け加えて帰路に着く。なんとも夢の中をさまようような一日だったような気がする。冒頭で描いた「リーマンパチンカー」の参考になればという構想は不発に終わったかも・・・・ごめんなさい。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る