> > CRA花の慶次−雲のかなたに−N-V 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA花の慶次−雲のかなたに−N-V  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 私事で恐縮だが、とても心配な出来事がひとつあった。身内が人間ドックの胃がん検診で「胃上部隆起性病変」という何やら恐ろしげな診断を受けて、要精密検査となったこと。その兄も癌で一昨年亡くなったばかりなので、とても心配。胃カメラや内視鏡による再検査の結果が出るまでは、いてもたってもいられなかった。

日本人の4人に一人が癌で死亡するという時代だから、珍しいことではないのだろうが、いざ自分の身(内)にふりかかるとなると予想以上に気持ちは重いものだ。「ただのポリープ」に過ぎなかったという結果がでるまでは不安なことこの上ない。

まあ、それでもなるようにしかならない。以前「余命一ヶ月の花嫁」の原作者・長島千恵さんの「明日が来ることが奇跡です」という言葉をこのコラムに書いたことがあるが、本当にそう思う。

幸いにも検査の結果はセーフで、ほっと胸をなでおろしたという結末だったが、もし癌だったと思うと、心底ぞっとする。命に代わるものはないからね。最近は稼働がまともなせいか、夕方お帰りがほとんどなく、ランニングする時間がないので筋トレだけは欠かさずやっているが・・・さあ、自分もせいぜい毎日を健康に過ごせるように努力していこう。

最近のパチライフについては、虎口はどうやら抜けたような感触の日々が続く。噴くことはないが、あまりのフヅキもたまにしかない。「波」はこないけど、溺れなければいいくらいの気持ちで、まずまずの台を打っているという次第。

今日は近隣の店が軒並み入れ替えで、店休日が多い。こんな時に限ってしゃれにならないほど負けている、最悪の相性のU店(3.3円 無制限・移動自由)に向かうしか思い浮かばない。U店はこの日、新台入れ替えの初日にあたり、打てるかどうかは抽選次第。こういうヒキだけは悪くないので、導入台数も多いし、何かは多分打てるだろう(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る