> > CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 ゴールデンならぬシルバーウィークとやらが明けた。土曜日を含めると、五日間もの大型連休・・・パチ打ち兼ライターになる前だったら、どんなにか嬉しい期間だったろう。日常の仕事が極めてハードだっただけに、そう思ったのは間違いないところ。

でも今は、逆にホールでの稼働がしずらくなるので、あまりありがたくはないという感じ。何という贅沢だろうか。額に汗して働く人たちにはまことに申し訳ない思い。ただ、自分も20年以上は、昼夜に明けずひたすら頑張ってきた経緯があるので、いくばくかは贖罪になるのかとも思うけど。

でも、連休だから=休み と決め込むほど生活状態は楽ではないので、やはり前半は休まずに頑張って稼働した。後半の二日間は、友だちとガッツリと飲んだり、水槽の水換えやメンテナンス、資料整理などをして過ごした。久々に家に二日もいるとやはり身体も心も休まる。

ホール稼業は、こうみえてもそんなに「楽」ではない側面もある。騒音と煙草の煙と効き過ぎた空調と、絶え間ないストレスと不安が襲ってくるからなのだが、くわえて他人とのあつれきや競争という側面も生じることもある。自分は、出来る限りあつれきが生まれない環境を選んでパチってはいるから、最近はその点の苦労は減っているけど。

というわけで、今回はSW稼働の最後の日の稼働の巻だ。この日はSWもなかばということもあり、いつものA店(2.5円 無制限)の客つきも良いはず。いつもより10分早くホールに到着。先客は10人ほど。社長やニコニコおばちゃん始め、みんな見知った顔ばかり。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る