> > CR相川七瀬〜時空の翼〜FPH 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR相川七瀬〜時空の翼〜FPH  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 郷里にいる兄貴からメールが届いた。「今年も秋祭りでバーベキューやるから来い」と。町内の祭事部長の彼は、毎年張り切って祭りをとりしきり、その合間に自宅の庭に大勢の客を呼んで、丸二日間「大バーベキューパーティ」を開くのが常。

毎年のように声をかけられているのだが、いつもなにやかにやと都合がつかず、行けずじまい。年老いた両親の顔も見ておきたいし、幸い連休は用もなし。思い切って帰省することにした。

1000円割引の影響で渋滞の高速をちんたら走り、福島に着いたのは夕方近く。すでに、庭は大勢の客で盛り上がっていた。イワナや鮎の塩焼き、生ビールに焼酎に日本酒にと、ありとあらゆるお酒も揃い・・・会場は兄貴の準備した飾り付けで、まるでそこがお祭り会場のよう。

近くで子供達のひく山車の太鼓や笛の音が響き、懐かしいったらなかった。すぐに宴席に加わり、初めて会った人とも10年来の知己のように楽しいひとときを過ごした。

次の日起きると、またもやバーべキューの支度にかかっていた。カースケはさすがに朝からは食べられないので、散歩がてら近隣に出来たというパチ屋をぶらぶらと覗いてみることにした。もちろん初めて行く店だが、換金は3.3円という情報だけは得ていた。

連休中なので、開店時間には30人ほどの客がいた。懐かしい故郷のなまりでしゃべる会話をニコニコしながら聞いているうちにドアが開く。何も目的はないけど、ブラブラしているうちに『相川七瀬』のシマへと辿り着いた。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る