コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR釣りキチ三平H1AX  
 

実戦データ
店舗名 関東K&P店
換金率 40玉&30玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR釣りキチ三平H1AX
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
K店
釣りキチ三平
2000円385赤襖・バトルフィッシュ山上湖の舞姫
48→7ルーレット・三平攻撃・200メートル釣り上げ成功
1475ルーレット・200メートル・三平攻撃釣り上げ成功
135発見ステップアップ釣り上げ成功
216→7赤浮き・ルーレット・三平攻撃釣り上げ成功
12R通常発見ステップアップ赤セリフ・ジャンプスマッシュMISS
50+546トラ柄セリフ・正治チャンスガッチンがん鉄・リプレイ
779リールステップアップ赤セリフ釣り上げ成功
359緑浮き・発見ステップアップ・100メートル釣り上げ成功
73発見ステップアップ釣り上げ成功
20突確ミラージュラッシュMISS
395VSタケル釣り上げ成功
922R通常発見ステップアップ赤セリフ・テールウォークMISS
50+321終了
ナデシコ
3000円
P店
花の慶次
3000円64金扇子・紅白セリフ・キセル聚楽第
4連チャン
20+193大ふへん者慶次ロゴ3・直江兼続・金襖伊達政宗
222R通常
20+21金扇子・ステップ5慶次聚楽第
11連チャン
20+123慶次ロゴ2・おまつ・キセル・金タイトルおまつ
5連チャン
20+135終了
総投資額 8000円
総回転数 ***
大当たり回数 13+26回
確変回数 ***
総出玉数 9863+4230個
換金額 38000円
収支 30000円

まさに「ビギナーズラック」とはこの事

では本題に。今日はいつものお店の月に一度のイベントだ。ここのところの状況はひと頃に比べるとかなり良くなってきた。贅沢を言わなければ、一週間あぶれることはない。そんな訳で今日はちょっぴり期待しながら車を走らせた。その途中、知り合いの開店プロの親分から電話があった。一旦コンビニに立ち寄って電話してみれば、なんでも近場の店でかなり状況の良いところがあるとか。12時開店だが、後からでも十分台は空いているらしい。彼から電話がある時は今日のような有益な情報か、よっぽど暇で掛けてくるかのどちらかだ(笑)。 しかしもう相当な距離を走った後だったので、せっかくだが縁があったらということにしておいた。

店に着く前から、どのコーナーから釘を見て行こうかなどと皮算用してみたものの、いざ蓋を開けたら多少の開けはあるものの普段と変わり映えしなかったのにはがっかり。確実な開けと呼べるのは羽根の『慶次』他数台。短い時間にあれやこれやと考えた結果、座ったのが『CR釣りキチ三平H1AX』だ。この台は確か先週あたりに新台として導入されたもの。3日ほど前に1台だけヘソが叩かれているのを目撃してから、今日までその形をとどめているといった状況だ。その時はあいにく打つ機会がなかったのでこの釘でどれだけ回るかは不明だが、入れ替え初日の釘と比較すれば随分と開いているような印象を受ける。果たして・・・。

まずは最初の1000円で26回となった。滞在時間の長いステージからの入賞も見込めるので、丁寧に打てばもう少し回りは上がりそうな予感。更に1000円を投入すると「襖ステージチェンジ予告」でその襖の色が「赤色」となった。なんだか『慶次』みたいだ。更に魚の形をした役物、「バトルフィッシュ」が作動し掛かったリーチは「山上湖の舞姫」。ガイドブックをぺらぺらと捲っていると、どうやらストーリー系のリーチらしい。まずまずの信頼度ってことか。ここで画面に目を移すと一瞬「トラ柄」模様が見えたような気がするが気のせいかな・・・。肝心なものを見逃してしまった。

だがこれが見事釣り上げに成功し大当たりとなった。まさに「ビギナーズラック」だ。とにかく魚を釣り上げれば大当たりとなる単純明快な演出がいい。そしてここから「ブルーマリンモード」と呼ばれるバトルモードに突入するわけだが、ここでも魚を釣り上げたら勝利となる。バトル中は、「三平の攻撃」ならばチャンスとなって大当たりの期待が膨らむが、逆に「ブルーマリンの攻撃」だと敗北の危険性が高まる。

まずは「三平の攻撃」からあっ気なく釣り上げ成功となった。絵柄も「8」から「7」へと昇格。次は147回転も要したが、スルーの調整が見た目通りあまり良くない。打つ前からわかっていたが、大きな玉増えは期待できない。この店じゃ、これ以外は打てないわけだから仕方ないってことか。「ルーレット予告」からブタのマークが出て、「三平の攻撃」となり大当たり。次は13回転目で大当たり。更にこの次が「保留玉予告」で浮きの色が赤色となりこれも大当り。ここまで5連チャン。次は予告のセリフが赤色だったので、これも当然貰ったかと思いきや「ブルーマリンの攻撃」から敗北となってしまった。せめて、継続にでもなるのかと思っていたのに。それでも潜伏の可能性もあるので淡い期待を胸に時短を消化すると、あっさり通常モードになってしまった。

やっぱり、先程の当たりは確変だったのかな? 時短50回の後、僅か54回転目で「トラ柄」のセリフから大当たりとなる。図柄が全消灯し、「正治チャンス」となって「ガッチンがん鉄」リーチが一旦外れた後に「リプレイ発生」から「巻き戻し」となって大当たり。前にもこれと似たような台があったけど、これはなかなか面白い。今度も先程同様5連チャンとなった。

あ〜、どうにも打ち足りない・・・

肝心の回りが分からないまま、出玉のほうは現在13000個余り。しかし打ち始めの頃よりはステージからの入賞がいまひとつの感。どうにも嫌な予感がしてきたぞ。一旦食事休憩に出掛けるが、戻った後は更に回りは悪化。近頃はギリギリの回りでも随分と腰を据えて打てるようになったが、さすがにこれは打てん(笑)。 玉があっても無理。結局3000個以上の玉を減らして止めてしまった。

さてどうするか。この時点で20000円以上の儲けになっているのでこのまま終了しても構わないが、どうにも打ち足りない感いっぱいだし、今日はまだパチを打ちたい。やっぱオレ、パチンコ好きなんだなぁと思うのである(笑)。 この後、知り合いのY君が打ってる隣で3000円ばかり勉強打ちをしたが、もうこの店ではどうにもならないことを悟って店を後にした。

こうなると、朝の電話の店が気になって仕方がない。ここから急いで車を走らせても着く頃には夕方になっているだろうが、30玉交換ということもあり向かってみた。ここからは1時間以上もかかるが、自宅からは10分程度の距離の店。狭い店内はこの時間とあってさすがに込み合っている。その上、半分以上がパチプロではないだろうか。あっちにもこっちにも知った顔がいっぱいいる。よくもこれだけ集まったもんだ。

この中から空き台を探して、それなりの回りを得られるのは羽根の『慶次』しか思い当たらない。運良く1台空きになっていたのでこれを確保。ざっと店内を見歩くが、自信が持てるのはこれだけ。釘を見れば、ヘソもワープも30玉交換とは思えない調整。出玉だって悪くない。スルーに若干難ありだが、ストロークでカバーできるはずだ。

早速打ち始めてみると、ステージの具合も良好。これならば27回ぐらいの回りが見込めるか? しかし、台枠が古いタイプの物だったので、バネの状態も悪く玉突きすることしきり。それでも持ち玉になってからは快調な回りで、あっという間に5000個以上の玉が出た。今日の稼ぎは十分出た。「クライマックスシリーズ」の行方が気になるところだが、ここはじっと我慢して打つ一手。

しかしここから150回転ほど回したところで、今日の閉店時間は9時だという情報が流れてきた。この時既に時計の針は8時を少し回ったところ。この分だと閉店間際は玉を流す人でごった返すことが明白。ここはもう逃げるが勝ち。少し玉を減らしたが、10000円ばかり上乗せをして今日のパチは終了。今日は車で「クライマックスシリーズ」観戦といこう・・・。

<タッキーのひとり言>

結局今日も最終的には羽根の『慶次』を打つことになってしまったが、今のオレには強い味方だ。特に今月の稼ぎはこの台なくしては成り立たないのであった。相変わらず、仲間に頼りっきりの立ち回りであるけれど・・・。

text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る