コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR機動新撰組 萌えよ剣 疾風怒濤編 STX  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限・貯玉制限使用
機種名 CR機動新撰組 萌えよ剣 疾風怒濤編 STX
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
貯玉1193連チャン
移動1413大チャンス風呂
263連チャン
616大チャンス新撰組
288次回予告つばめ組
138疑似連つばめ組
2994チャンス風呂
452連チャン
808R昇格疑似連新撰組
462連チャン
682R確変
122チャンス風呂
1218R昇格チャンス風呂
773連チャン
3258チャンス新撰組
552次回予告新撰組
2222R昇格次回予告新撰組
62連チャン
1018つばめ組モード新撰組
574R昇格めでたい風呂
804連チャン
2002R昇格チャンス風呂
653連チャン
2895疑似連新撰組
496連チャン
2553次回予告風呂
453連チャン
125終了
総投資額 貯玉
総回転数 3010回
大当たり回数 48回(2R確変含む)
確変回数 ***
総出玉数 6507個
換金額 21690円
収支 21690円

■重い初当たり

さてさて、本題に入ろう。いつもの時事ネタとは違って、前振りが長くなってしまって申し訳ない。前振りどおり今日も向かうはA店(30玉交換・無制限)。使える貯玉に制限がかかったので、立ち回りを慎重にやらなければならなくなった。

ハードルを下げつつ、機種を見て行くと『中村美津子のだんじり』が何かと打てそうだ。さっそくの試し打ちを含めて座ってみると、すぐに当たったが、思ったほどの回りは得られない。電チューは優秀なので出玉スペックはいいほう。アケになる日が来たら、積極的に狙いたいということで、台移動。

次の候補は、『CR機動新撰組 萌えよ剣 疾風怒濤編』の甘デジ。以前のルールの時に打ったことがあり、投げた記憶があるが、あの当時と比較してもスペック釘は削られていない。ならば打ってみようとわずかな玉を持って台移動。

これがどうやら正解だったようだ。ヘソは小さめだが、ステージからの入りがボチボチよくて、まずまず座っていられるだけの回りはある。時短回数がしょぼいのが難点だが、確変率と出玉の多さで、トータルボーダーは甘めの機種だ。

持ってきた玉がなくなり、貯玉を払い出していると「チャンスです→大チャンスです」ときて、風呂リーチへ。期待できるほどでもないが、この時は当たりとなった。それが2R確変をはさんで玉有りで3個きた。

その後は単発、単発、そして確率の3倍越えとモミに入る。それでも、たまに連チャンがはいるので、じわじわと玉が増えてきた。しかし、夕方近くにはようやくのことで6000個近い出玉に。ここから、1000個でも増えてくれれば、とてもありたがいものだが。

しかし、「波」が来ないと、玉を減らす一方の甘デジは名前ほど甘くない。何時間も何時間もモミにもんで、結局はダメということも多い。やはり今日もそんな感じになった。確率の2倍ラインの当たりが多く、苦戦が続く。

ただし、初当たりの割に確変が入ってくれることが幸い。これで単発モードならば玉はとっくになくなっているところだ。6000個あった玉は3000個を切り、破滅へのカウントダウンが始まる。


■最後には・・・

飲まれたら、どこまで勝負しようか・・・・漠然と考えながら打っていると時間も刻々と過ぎる。しかし、3倍弱、2.5倍という初当たりが連チャンで16Rをいくつか連れてやってきてくれた。8時過ぎにはついに、最高値の6000個を少し超えた。延々6時間に及んだが、ようやくの玉増えとなる。さあここからだ・・・と思っていたら、年末のライブの件で、ライブハウスから時呈の確認メールがくる。

帰宅しないと確認できないので、きりよくここで切り上げとしよう。換金が高いせいで、収支も(当たりも)満足のいくものだし。昼には暖かかった気温が夜に入るとぐっと下がっていた。ジャージのジッパーをぐっと首まで上げて、車に乗り込んだ。

今日も、平穏な一日をありがとう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る