> > CRAミニミニモンスター他 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAミニミニモンスター他  
text by 冬月カースケ
 
驚異的なダンスパフォーマンス、比類なきボーカル、そして音楽そのものへの深い洞察・・・チャーミングな人間性。今年急逝したマイケル・ジャクソンのドキュメント映画「THIS IS IT」を見てきた。

もともと大好きだったアーティストだっただけに期待感も高かった。大概こうやってハードルを上げていくと肩すかしを食うのが多いのが日常というものだが、今回ばかりは違った。

上映時間、一瞬たりとも飽きることもなく、特に後半は涙があふれてきて困った。リハであれほどのパフォーマンスを発揮しているその輝き。自分も音楽のはしくれをかじっている人間だから、その凄さが少しは分かる。

人を愛すること、地球を愛すること・・・いま何よりも大事なメッセージが胸に響く。そして天の神はなんと欲張りなのだろうかと。こんなにも早く、(忌野清志郎もそうだけど)MJを自分の元で演奏させたいというのか。

感動はしたけど、残念で残念で悔しくてならない。でも、亡くなる直前の報道がセンセーショナルなものばかりだったので、リハの時の素に近いMJを見てほっとしたのも事実だ。これほど素晴らしい音楽を創り出そうとしていた事実に気持ちがとても救われたような気がする。

「生のあるということはどんなに素晴らしいことか・・・」 そして、生を失っても、「生があったという事実のなんと素晴らしいことか・・・」 そう思うのだ。

さてさて、日常に帰ろう。最近、ちょいとばかりパチンコの調子が狂ってきている。というのもあれだ。『餃子』のせい。新台で近場に入った『餃子の王将』を打っての連日タコで、すっかり調子を崩した感じなのである。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る