コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA天才バカボン1/41の甘だから  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 27玉
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 CRA天才バカボンXS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
貯玉34赤ウナギ本官さん
222疑似連雪山
37ドデカノーマル
685レレレ
143疑似連雪山
571ノーマル
125ドデカ
801雪山
937白ウナギ本官さん
843白ウナギ昔話
12
42
85
554連続予告ノーマル
207金ウナギ昔話
25
165
43
282
31
672疑似連ストーリー
293赤ウナギ雪山
272疑似連ストーリー
546フラッシュノーマル
1297疑似連パパ
64連続予告パパ
262白ウナギストーリー
151フラッシュ本官さん
88疑似連パパ
262疑似連ストーリー
583福引き直撃
152福引き
353ドデカ
35
55終了
総投資額 貯玉
総回転数 1130回
大当たり回数 34回
確変回数 34回
総出玉数 2487個
換金額 1200円
収支 1200円

■高い壁

ところが朝にメールをチェックしていると、ここも休みだという。ならば久しぶりに新装開店にでも行ってみるか。I店(27玉交換 無制限)は準等価の店。大きな入れ替えがある。整理券をもらいに行くと、順番は楽勝のようだ。何機種か入っているが、タッキー兄さんに習って「甘バカボン」を選択する。

スペック的には決して甘くはないこの機種だが、持ち玉比率だけは高くなりそうだ。なんとか打てる回りならばいいのだが・・・時間になると見知った顔がたくさん集まってきた。友好的な仲間ばかりなので、気軽に情報交換をしているうちに開店となった。

釘は良くもなく悪くもないといった感じ。1000円22個は欲しいところだが、微妙だろうな。打ち出すとパタパタとヘソに入り、すぐに赤いウナギイヌが出てきてリーチとなった。保留は埋まってないが、タッキーの実戦記に習って打ち出しはしないで置く。さすれば本官さんのスーパーリーチが発展して、あっけなく「444」が揃った。

回転数は3回のみ。もちろんシマ一番乗り。出玉は250個はありそうだが、スルーは厳しそうだ。とりあえずその持ち玉のうちにもう一回当たり、その保留玉でドデカフラッシュが発生。これはアツいか。

それがなんとノーマルで当たり。早くも1/16.5の難関を突破したことになる。(でも1/16.5のST4と時短45回転って微妙だよね) 序盤の連チャンに期待していると、時短中はリーチはおろか、予告も満足にないままにあっという間にスルーした。うーむ。

回りはやはり20個に毛が生えたくらい。時折鋭く回るが、ムラも大きい。でも玉はつながる。70回転の手前でフラッシュからの当たり。14回転で雷予告からのノーマル。57回転目にまた雷から当たり、12回転目にドデカフラッシュで当たり・・・と、まずまず当たりは続く。

当たり1回で丁寧に計測していくと、保留玉を入れて30回転がラップだ。回りは上がってはいるが、どうも出る気がしないな。そして1/42でもはまりは勿論ある。80回転、93回転、84回転と3回連続の中はまりで、追加投資となった。

しかし、この保留の1回転目になんの変哲もないノーマルリーチがそのまま当たった。ようやく量産体制か? そしてST4で当たり、時短8回転目でも当たり、ようやくの連チャンが来た。

そしてその後も一度6連チャンを達成し、ドル箱をようやく下に降ろすことができた。でもなんだか出る気がしないよ、やっぱ。下げた箱をまた上げてダラダラと打つ。 67、29、27、54、129、6、6、26、15、8、26、58、15・・・と当たりはボチボチ来るが、ST連チャンは一向にしない。

次の当たりが35回転となり、14回連続保留連チャンはナシだ。14×4=56回転の間、1/16.5をひけないということか。でも、ようやくのことで保留での連続フラッシュで白ウナギという最強パターンで連チャン!

58回転の旅だった。さあ、ここから巻き替えし・・・と思いきや、ケもなく(故田山プロがよくこう言ってたなあ・・・)あっさりとスペシャルタイムはスルー。グジグジしていると、「上手いこと」ライブハウスからメールが入る。ライブ当日の機材のことで確認しなければならない火急の用件だ。これは家のパソコンを見ないと分からない。

休憩札での対応も考えつつ、頭を整理するため店内をぐるっと歩いてみた。でも戻ってきてまで打つような感じではない。ちょうど使った玉分くらいの出玉はキープできているので、今日はさっさと上がることに決める。

外に出ると、まだまだ日は高い。さあて、まずはくだんの連絡の仕事をしなくちゃ。何かやることがあるということは良いことだ。

■甘バカボン考

さて、『CRA天才バカボン1/41の甘だから』だが、当たりを楽しむには最適だ。1パチなどを好んで打つ人にはとてもいいのじゃないだろうか。ただ、スペックはやはり辛いと言わざるを得ない。

1/16.5のST4の壁はかなり厚いだろう。また、時短回数も微妙なところで設定されているので、連チャン性能とトータルでの出玉スペックは甘くはないと思う。

スタートで2倍、3倍、単発のラッシュを食らうと、回収不可能な負債を負いかねない。やはりちゃんと回る台で長時間遊技という基本中の基本スタイルが求められる機種だろう。それと、今回はタッキーの実戦記がかなり役に立った。

「保留が空いていても、アツい予告発生で打ち出しストップ」

これは必ず実行すべきだ。
これでいいのだ!

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る