コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR新大江戸日記〜月夜に咲く華〜  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR新大江戸日記〜月夜に咲く華〜
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 11500円
総回転数 2515回
大当たり回数 13回
確変回数 4回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -11500円

まずは理想的な展開

早速本題に。近頃打つ台といえば専ら『沖海2』だ。これがまた相性が良いとでもいうのか、未だ一度も負けはなし。当たりが引けない時は大きな連チャンでカバーし、逆に連チャンがショボイ時には当たりが軽め、といった具合にバランス良く事が運んでいるというわけ。ただ、1/360という確率を考えると持ち玉になるまでは辛いパチンコになってしまう。たまにはまったりとした気分で打ちたくもなる。

そんな心の声が聞こえたのか今日は、『新大江戸日記〜月夜に咲く華〜』が開けとなっていた。今週導入された台だが、近頃のこの店の常として初日は頑として開けない。いつも決まって2日目以降に開けると相場は決まっているのであった(多分)。 

まずは昨日も打った『沖海2』の島を覗くと、昨日自分が打った台はイベントだというのに今日は一締めされてしまっている。もちろん他にも回せる台は何台か手の内にあるが、今日は『新大江戸日記』を打てということだろう。そんな店長の声が聞こえたような・・・。

肝心の釘はといえば、昨日までのそれとはふた回りも大きくされていた。ステージ性能も悪くはない筈。早速打ち始めてみれば1000円辺り24回レベルと低迷。ステージからの入賞も全く駄目。3000円打ったところで隣の台へ移動。今打った台と比べるとワープ入り口が潰されているのでさぞかしステージが良いのだろうと思って打ってみれば最初の台よりも酷いあり様。慌てて元の台へ戻った。

戻ってみたものの最初の1000円で24回と変わらず。次は29回となった。更に1000円投入。徐々にステージからの入賞が増えてきた。そうこうしている内に強い予告が有ったのかさえ分からぬまま、信頼度低めの「優雅」リーチが簡単に当たってしまった。絵柄は「6」。ラウンド中のバトルには負けてしまったが、大当たり終了後1回転目に「キャラストーリー連続演出」が3回続き、「大輪桜可動体」も動いて掛かったリーチは「覇王襲来」リーチ。ガイドブックに目をやると、何と激アツのリーチじゃないの。やがて大当たりとなる。しかも絵柄は「7」だ。今度は間違いなく確変ということだ。

あ〜、そういえば前作では時短もなく、やたらと潜伏する台だったっけ。あの頃は朝昼構わず拾って歩いてた記憶がある。当然ながら簡単に当たり易いイメージがあるが今度の台はどうなんだろう。

結局この当たりは4連チャンまで伸びた。使ったお金は都合6000円ということになる。早々と玉になった。やはり1/309はともなると当たりは軽めだ。やっぱり今日はこの台にして良かったのだと改めて思う。

しかしそう思ったのもこの時だけ。次の当たりは460回転目、激アツリーチ「覇王襲来」で当たったものの絵柄は「4」。時短もあっ気なく終ってしまった。途中小当たりが1回あったが、15R表示のちょい上にランプがぴかりと点灯するもんだからドキっとしたけど、単なる小当たり。この後も小当たりのラッシュで次の当たりを引くまで5回もパカパカとやってしまった。やがて持ち玉は尽きた。

次というのが570回転目、ここまで何度も裏切られてきた「半月モード」も今回は2Rランプがピカリ。いやぁ長かった。高だか500回オーバーだが、とにかくデジタルの消化が遅いのでえらく嵌ったような印象を受けるが全然回ってないのだ。まったりし過ぎだな、こりゃ。

そして更に突確を引き、電チューサポートが付く。使ったお金は都合11500円ということになる。しかし安心したのも束の間、この当たりもまた単発で終わってしまった。果たして夜まで打っていられるのだろうか・・・。


こんな筈ではなかった・・・

あ〜、随分と長い間打っているような感覚だがまだ夕方前だもんなぁ。今日は楽勝だと舐めてかかったのがいけなかったのか、それとも前作で良い思いをし過ぎた反動が今頃やってきたのかは知るところではないが、重い、実に重い・・・。

しかし今度は早かった。先読み予告が二度続き、「さくらバンド開演」の文字。更にリーチロゴ予告で「激アツ」ときて閃光X斬りと呼ぶのかな? それが画面を切り裂き掛かったリーチが「いちごVS蘭」リーチだ。何とも色っぽいお姉さんが登場したではないか。ひと頃よく打った「EX麻雀」に何処となく似ているかも。そうだ、あの台も通常時は苦労させられたっけなぁ・・・。

弱めのリーチではあったが、ここは踏ん張った。157回転目のこと。ここで少しでも連チャンが伸びればまだまだ今日の勝負の行方は分からない。ていうか、使ったお金は10000円ちょっとだし(笑)。 

当たった絵柄は「4」から「6」へ昇格? なのか、とにかくバトルへ突入し見事勝利となり確変の始まり。ようやく手にした確変だったがこれもあっさりワンセットで終了してしまうとは。それでも4000個の持ち玉となった。この玉が飲まれたら潔く終りということで、先が見えた分少し気が楽になった。

そうは言っても今日はとても疲れた。無理せずこの当たりで引いてしまおうかと少し考えてみたものの性格的にもこんな中途半端な所では終われないし、何よりも今日一番の見所というものが何もない。きっとこの後に思いがけないエンディングが待ち受けていると信じて回していこう。まだまだこの時点では前向き(笑)。 

そして次はというと、202回転目に確変大当たりとなったがここでもワンセット。しかし持ち玉は少し増えた。これによって、ほぼいつもの時間まで拘束されるのは濃厚。もう逃げることは出来ないのであった。

ここから300回転したところで今日初めて先読み予告が4回続き、黒子が赤くなって4人登場した。それなのに掛かったリーチといえばバトル系ではなくキャラクター系の「優雅」とは拍子抜けもいいところ。それでもうっすら期待してみたものの外れとなってしまった。

更にこの後、黒子が三体合体となり「ジェットストームアタック」となった。これも今日初めて目にするもの。ところがこれまた掛かったリーチは「いちご」リーチとてんで駄目。結局は見せ場もなく、700回転オーバーで持ち玉は尽きてしまった。

<タッキーのひとり言>

基本データを見る限り、甘い部類に入る機種だが時間効率は非常に悪い。これが足かせとなり、十分消化しきれないまま一日が終わってしまった印象が強い。保留がゼロの状態ではまず間違いなく、疑似連やリーチが絡んでくるのでどんな状況下でも保留を途切れさせないことが鍵だ。ま、当たり前のことだけど。とにかく疲労度満点の一日だった・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る