> > CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 「光陰矢のごとし」とはまさに至言。齢を重ねるごとに、つくづく身にしみる言葉だ。早くも2009年が終わろうとしている。パチプロ実戦攻略もついに、今年最後となった。なんにでも終わりがあるから、世の中は美しく人生には価値があるのだと思うが、それでも淋しいことは淋しいものだ。

自分にとってのこの一年は、まあまあの年だったと思う。2月にインフルエンザにかかった以外は、大きな病気も怪我もなく健康に過ごせたのが一番。そして年末にやった仲間とのライブが成功したことや、暖かい人たちと触れあえたこと、まあその他諸々。

パチライフの方は厳しく、廃業の危機も感じつつの日々だったが、なんとかかんとか生き延びることができたのだから文句は言うまい。結果がダメなのは、自分の努力が足りなかったせいなのだから。

せいぜい、来年からは新しい展開や境地を求めて頑張ることにしよう。さて、今日は昼過ぎからの稼働になる。ホームのA店(30玉 無制限・貯玉制限使用可)の状況が厳しいこととに加え、色々と忙しくしばらく打てていない。時間をとって少しでも稼働しなくては。

取材を終えて、某駅前の大型チェーンB店(等価)に出向く。時刻はすでに2時を回っている。しかも、本格的に打ったことがない店だから「新規開拓」の意味合いも込めての稼働になる。2、3日前に覗くだけはしていたので、目星のようなものがなくはない。

平日にも関わらず、店内はそこそこの客つき。目星の台は『CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム』なり。20台以上の設置があり、台はまだ半分くらい空いている。いつも客付きが良く、良いにはそれなりの理由があろうとういもの。

ヘソサイズはまあまあ、寄りも汚くはない。スルーが厳しそうだが、電チューへの寄りはまずまず。あとはステージが使えるかどうかというところ。等価だから、1000円22個以上を目標にしよう。それがすんなり見つかるかどうかは分からないが、今後の新展開も含めての実戦でいいと思う。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る