コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム  
 

実戦データ
店舗名 関東B店
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRA海物語スペシャルwithアグネス・ラム
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
5000110移動
155004411魚群珊瑚
294ノーマル
280008217枠外
1000114終了
総投資額 49500円
総回転数 1515回
大当たり回数 3回
確変回数 3回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -49500円

■よもやの大はまり

さて、風車上部の三角釘に焦点をあてて、とある1台に着席。台間サンドに福沢さんを一人送りこんで遊技開始。500円で17回、そして次が15回と夢とみまごうばかりのウェルカムな回りにいきなり遭遇する。

もちろんこれが台の正体であるほど現状においてホールの経営は甘くない。どこまで落ちるのか、その落ち具合と落ち方(玉の流れ)が重要だ。しっかりと観察しつつ打ち進める。次の1000円では21回、そして3000円目では19回と、本来の台の性能を発揮しだした。結局5000円の投資で110回転丁度となった。最初の1000円が出来すぎだったのである。その後の玉の流れは芳しくない。

よって二番手に移動。こちらはも似たような回りだが、ステージからの玉の挙動が先ほどよりはいい。5000円で111回となった。最初の台とほぼトータルでは同じだが、伸びそうな気がするのでもうしばらく付き合うことに。

しかし、当たらないなあ。魚群は3回出て全て半コマ手前で停止し、何事もなく次回の回転が始まるし。投資はすでに15000円を超えた。等価とはいえ、初期投資が膨らむことは精神的に悪い。ついに福沢さんがお二人昇天という事態を迎えた。この時点で稼げた回転数は435。目標ラインには微妙な数字。

20500円目、本日4回目の魚群が出た瞬間にキュィーンと来てタコで大当たり。すかさず手元の時計で大当たり時間〜出玉の計測に入る。しかもスルーへの通過程度と電チュー寄りを把握するなど、短いラウンドでやることが色々とある。

甘デジほど遊んでいる暇がないのだ。まあ時間は悪くない。スルーも苦しくない程度は通るといった風情。電チュー寄りは打ってみて初めて分かることが多いけど、見た目はいいとは言えないな。

この当たりは保留で泡からスーパーリーチが2回かかったけど連チャンはなし。しかし、時短でサメを1匹連れてきた。そこから、事態は急展開。回りがぐんぐん上がり始める。玉は120回転で飲まれたが、そこからの回りは1000円あたりのラップで25〜26回転をキープ。

心の中でニコニコしながら打ち進める。「打てる台があった!」 それを見つけられたという満足感は久々。あとは確率どおり普通に当たってくれることだけを願う。願う、願う・・・・・願いはいずこへ。

回転数だけが着々と積み上がり、福沢さんが甘デジとは思えないペースで消えていく。400、500、600回転を突破。700回を超えたところから、当たる気がしなくなった。でも回りはキープしているから怖くない。800回転を超えた。途中で盤面のスペックを確認したけど、やっぱこれは「アグネス」だ(笑)。

821回転目。携帯のメールをチェックしていると異音がして、枠外からジュゴンが躍り出てきた。うーむ、3時間近くの爆はまり。4倍はまりの後に8倍はまりとはこれいかに。確率の神様は相変わらず気まぐれだ。

投資はすでに48500円と、羽根デジではほぼ回収不可能な領域に入っている。でも回る台を打てているのだから、これでいい。この当たりは単発で終了。ところが、先ほどは感じなかったのだが、電チューの寄りが悪く、玉がかなり減ってしまった。うーむ、これで途端にやる気が失せてきた。

飲まれたところで惰性で1000円分を追加したが19回転となり、ここで止めておく。また機会があったら朝からガッツリ勝負しよう。夜になりお客さんも増えてきたから、あとは他の誰かにお任せにしておこう。

続きは明日の楽しみということでいいじゃないか。


■来年もよろしく・・・・

最後の最後にきてカースケらしいきつい展開に遭遇したが、「いい時もあるし、悪い時もある」〜「人間万事塞翁が馬」である。外に出ると駅前の商店街らしくクリスマスのジングルが聞こえてきた。

HAPPY CHRISTMAS, WAR IS OVER!

みなさん良いお年を。1年間、ご愛読まことにありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る