コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAパチンコ大賞  
 

実戦データ
店舗名 関東M店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限台移動玉の共有可
機種名 CRAパチンコ大賞
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
羽開放入賞ラウンド数備考
1500円2272R福引き
1658R
1872R福引き
738R
1048R
1048R
328R
428R
418R
31108R
1078R
23114R
35178R
1454R
438R
28108R
25108R
228R
31134R
44258R
118R
124R
954R
48158R
1142R福引き
214R
2312R新装タイム
351312R福引き
3462R福引き
118R
11114R
1478R
24122R福引き
1264R
90352R福引き
36148R
13612R新装タイム
738R終了
1054R
3112R新装タイム
241512R継続
482112R継続
328R継続
261212R継続
総投資額 5500円
総回転数 ***
大当たり回数 44回
確変回数 ***
総出玉数 9599個
換金額 31500円
収支 26000円

バッティングセンターで一汗流す

そうだった・・・この日はいつもの店へ2009年最後のパチのつもりで向かったが、残念ながら早くも正月モードで、その釘といったら等価交換のそれと同じ様であった。予想ではこの日まではなんとかやれると思ったのに。ん〜、厳しいなぁ・・・。

その後どうしたかというと、少し遅れてやってきた知り合いのY君と地元へ戻り、二人でこの日オープンした店を覗きに行ったのだ。オープン初日とはいえ、やはり地元は厳しいといわざるを得ない状況。打つこともなくすごすごと退店。しかし、せっかくだからということでここからアテもない店回りをすることになった。結局のところ二人共パチを打ちたくてしかたないのである(笑)。 

厳しいのは承知の上で、何軒か回ってみた。結果は思わしくなかったが、それでも日によっては物になりそうな店を見つけられたのは収穫といえば収穫か。その店で羽根物に二人で4000円ずつばら撒いて一件落着となった。

Y君はそれなりに満足したらしく、オレもこれ以上店回りなどする気は失せていた(笑)。 ただ一軒だけ見ておきたい店があるにはあったが、ここからはかなりの距離だし、行ったところで今日なんとか出来るものでもないので止めておいた。

こうなると普通ならばもう解散するしか術はないのだろうが、二人の共通の趣味は「野球」である。オレは素人ながら今でも現役だし、Y君は子供の頃から高校までバリバリの経験者。そして向かった先は「バッティングセンター」である(笑)。 昔はパチの合間に時間をみつけては通ったっけなぁ。

まずは経験者のY君のバッティングをじっくり観察。さすが甲子園を目指していただけあって100キロ、120キロ超えを軽々弾き返す様は普段のパチンコからは想像もできない姿だ(笑)。そして今度はオレの番。まずは100キロから始めてみたのだが、これがどうしたものかバットにかすりもしない(汗)。あれれ〜、おかしいぞ。普段やってるソフトボールとは球の大きさも軌道も違うとはいえ、全くタイミングが合わない。決して速い球ではないというのに一体全体どうしたものか。夕暮れで裸眼という悪条件を言い訳にしても、悔しすぎる出来事だった。以前はこの場所のこのスピードで問題なく対応できたというのに。ん〜、今度一人でこっそり来てみようっと(笑)。 

その後はというと、もうやることもなくなったのでここでY君ともお別れ。やつはまずまず満足げな様子。オレは自分から誘ったとはいえ、なんだか最後にテンション下がりまくりで、このまま家に帰るのもしゃくだから、ここからやり残した一軒の店を見に行ったのだった。


こんな時間に優秀台み〜つけた!

さて、気を取り直して(笑)、向かった先はリニューアルオープンして間もないM店である。ひと頃はよくお世話になった店だ。地元でもこの店だけはこれから先も通えるだろうが、その頻度が問題である。週に1回や2回程度ならばどうしても遠くのL店に軍配が上がる。久しぶりに入店してみると、改装したとはいえ、「パチプロお断り」の札が当時のままなのが気になるところ。ま、新しく作り直されるよりはマシか(笑)。トイレ以外は全て新しくされていた。あ〜、よくよく店内を見渡すと天井に吊り下げられた防犯カメラは20年前のそれ(汗)。 大丈夫なのかなぁ・・・ちょっと心配になってしまう。

ざっと店内を一周してみた。ヘソだけ見れば金を入れてみたくなる台が何台もあったが、高換金率とはいえ、時間を考えると羽根物以外は手を出したくない。その羽根物に目をやると、「役物の癖さえ良ければ」の条件付で打てそうな台が2台あった。そしてその1台、『CRAパチンコ大賞』に腰を下ろした。

寄り釘も落としも問題ない。早速打ち始めると先程まで何処かの誰かさんが打っていたようでハンドルが生暖かい。周りを見渡しても綺麗なお姉さんなんていない(笑)。時間もないので気にせず玉を弾けば早くも「福引き」からの大当たり。当然ながら2R当たり。12R大当たりまでの道のりは結構険しいのである。

肝心の鳴きも拾いもまずまずの状況。昨日までの大当たり履歴を見る限り、きっと今日釘が開いたに違いない。そして役物の癖も今のところ今まで打った中では群を抜いていい。ドル箱に収まった玉はしっかりと中央ルートを通るし、その玉も途中で曲がることなく真っ直ぐVゾーンへと吸い込まれる。朝から打てたならばお宝台だったかもしれない。

V入賞も一桁で決まることが殆どで、打っていてそれは楽しい。しかしながら肝心の12Rが引けない。8R当たりのオンパレードだ。それでも役物の良さから出玉は少しずつ増えていった。「新装タイム」に突入しないまま3000個を超えた。

そして大当たり27回目にしてついに12Rを射止めた。いやぁ、楽しいパチンコとはいえ長い道のりだった。しかし喜んだのも束の間、たった3連チャンで痛恨の2Rを引いてきてしまったのだ。以前にもこのコラムで書いたが、落としと電チューからの当たりではラウンド振り分けが異なるので、極力落としからの羽根開放は空振りさせ継続率アップを図る。それでも駄目な時は駄目である。

この後少しもみもみされるが、8回目にして本日2度目の「新装タイム」に突入。しかし残念、今回はたった2回で終了。いよいよ時間がなくなってきた。それでも2009年最後のパチに加えて羽根物ということもあり、閉店ギリギリまで打つ覚悟。

終わって直ぐに4Rを引き当てたかと思うと次は1発目に飛び込んだ玉がVゾーンを射止めた。しかも12Rだ。これが4連チャンまで続き、最後は8Rで終了かと思いきや、盤面右画面に花火が打ちあがり継続となる。次も12Rを引き当て、時を忘れて夢中になっていると、「間もなく閉店となります」のアナウンス。結局5連チャンで最後は当たりを取りきれず終わってしまった。しかしながら久しぶりに楽しいパチだった。出玉も10000個近くにまで達してしまった。ごめんよY君、オレは最後にこんなところで楽しい思いをしてしまったのだった・・・。

<タッキーのひとり言>

こんな優秀台が放置されていたなんて思いもしなかった。全てこれも巡り合わせということだろう。印象としては少々辛目の役物も、この台に限っては2009年一番の出来の良さだった。日々こんな楽しいパチを打てたらと思うのであった。
そんなこんなで2010年のパチプロ実戦が始まった。そしてたった今思いついたこと、それは・・・今年は「楽」をテーマにパチを打ってみたいと思う。やっぱりパチンコは楽しくなくちゃね・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る