コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA南国育ち  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 もう1月も終わろうとしている。パチの成績はさっぱりだ。スタートダッシュどころか大きくつまずいている感じ。それでも、内容的には、まずまずの台をまずまずの時間打っているので、そのうち何とかなるだろう(多分)。

そもそも、この時期はスキーの仕事が入るので、稼働が減るのは承知の上。二足のわらじを履くものとしては、致し方ないのだ。暖冬ということで心配していたが、このところ冬らしい寒さが定着したようで、一安心である。

スノースポーツが出来なくなるくらいは我慢するとしても、地球的な異状気象は、今と未来に大きな禍根を残すことは間違いないからだ。Heal the World, THIS IS IT (by マイケル・ジャクソン)

さて、今日向かうのは、K店ではなく久しぶりのA店(30玉 無制限・貯玉一部使用)。というのも、夕べ下見がてら行ってみたところ、ちょっとばかり気になる台があったから。平和の新台『南国育ち』・・・・。スペックは荒くなりそうだが、STと100時短が絡めば、なかなかの出玉になりそうな感じがそそられる。

それよりも何よりも、A店にしてはヘソが大きい。大当たり履歴を見ると、導入以来あまり出ていないようで、アケになったのかもしれない。というわけで、少しばかり試し打ちしてみたら、ステージからの決まりがよくなかなかの好印象だったというわけ。

平日の朝、水槽の水替えやレッドビーたちに餌をやったりしているうちに、あっという間に時間になった。押っ取り刀で出かけていく。A店到着は開店10分前。先客は数人といっちところ。海おじさんのいつもの愚痴を聞きつつ、開店を迎える。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る