コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこ爽快 美空ひばり 不死鳥伝説  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 30玉=約3.3円
遊技ルール 無制限・貯玉制限使用
機種名 ぱちんこ爽快 美空ひばり 不死鳥伝説
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
貯玉4154疑似連2 群 不死鳥フラッシュ
11406疑似連2 群愛燦燦
4500円655終了
総投資額 71500円(貯玉分含む)
総回転数 2210回
大当たり回数 2回
確変回数 0回
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -71500円

■狙い目はある

寒い朝、いつものA店(30玉、貯玉使用可能)に向かう。今日は貯玉が無制限で使えるサービスデイ。この日はいつにも増して釘は厳しいなり。でも実はこんな時のために狙い目を押さえてある。

『ぱちんこ爽快 美空ひばり』がそれ。回りは大したことはなく、せいぜい20個に毛が生えた程度であるが、きっちり打てば時短中の玉増やしが大いに可能なのだ。単発で時短を終えると、少なくても1700個、多ければ1800個を超える時もある。

当たりさえ普通ならばボーダーは大いに下がる。というか今日は最初から持ち玉だから、勝負をするにはこの日だと決めていた。21個あればまず打てることになるが、よほど真剣にやらないとそのラインを切ると思う。

入店して釘を見ると、いつも通り・・・ならば一番ステージがいい台を選ぶ。『ひばり』は、自分も含め、他の専業さんが食いついていないために釘はいつも残っているのかしれない。

打ち出していくと、1000円22〜23個の好調なペース。時折ガクンと落ちるが、ストロークの微調整を続けていけば最低ラインは超えるだろう。これが正体ではないと思うが、まあ頑張るとしよう。甘デジばかり打っていても当たる気がしないのに、1/300を超えては余計に当たる気もしないが、元々パチンコはそんなものだろう。

1時間が経過、何も起こらず。投資は現金に換算すれば2万円を超える頃。ひばり図柄揃いのチャンスから祭りモードに突入。他の予告も強めだったから、もしかしてとランプを見る。でも判別はしないでおこう。ほどなく祭りモードは終了したのでガセだったかと思いきや、強い予告が発生。

疑似連から突然の不死鳥フラッシュ。群も出てマドロス経由から歌リーチでまたフラッシュ。これは当たりか? リーチそのものは「柔」で弱めだが、予告がほぼ完璧(だと思う)だから当たるでしょ。おや、ハズレかい。・・・・と思った瞬間に不死鳥フラッシュで再始動の当たりだった。

図柄は「4」で昇格はなし。まあ、とりあえず当たってよかった。時短は気合いを入れて止めながら回すと、やはり出玉はトータルで1800個を超えてくらいある。これが魅力だ。確変ではまって連チャンすれば最高ということになる。(と思ってそんなことになった試しがない)

さて、その玉はあっという間になくなった。回りはアップダウンしているが、トータルではなんとか21個はキープか。頑張って貯玉の払い出しを続ける。1時間、2時間、3時間と何事もなく時間だけが過ぎていく。

モード移行で回転数だけはクリアされて、大当たり回数は増えていくといういつものムカムカの展開。ほんとははまってるのにね、カウンターははまってないよ。ていうか1000回をまた超えました。1年くらい前までは『慶次』とかミドルばっかり打っていたので、そんなの日常で何でもなかったけど、最近は甘デジ中心のへたれパチばかりなので「一生当たらない気」が満々なり。

投資もかさんだ1100回を超えたところで、また祭りモードに移行。予告が強めな感じ・・・そのモードがなかなか抜けないうちに疑似連「待ってました」が2回に群が来た。そこからフラッシュ経由で歌リーチに。まずまず強めの「愛燦燦」だ。プッシュボタン・・・押さないつもりだったが、つい玉貸しボタンに手をやるタイミングが来たので押してみると、不死鳥が降りてきて大当たりとなった。

絵柄は単発の「6」で昇格もなし。前回の『ハクション大魔王』も2R→単発×2 で爆死したばかり。なんだかデジャブだわい。潜伏→単発×2 ということだ。時短でも何もなく、この玉も当然のように飲まれる。


■山あり谷あり

元々粘り強い性格ではあるけど、身体がイヤンイヤンと反応し出した。(いみフメ・笑)。でもまあ、もうしばらくは追いましょ。持ち玉遊技だし。キラキラの液晶と無意味な煽りサウンドに耐えられないので、ずっとかけていたサングラスのフレームを額に乗せたり、またかけたり、訳の分からない気分転換をしながら打ち込む。

それから約2時間。虎の子の貯玉も底をつき、現金投資を始めたところで、規定時間になった。655回転・・・大したことはない回転数だが、現金投資ではこれ以上追うことは出来ない。前回同様、静かに席を立つ。

外に出ると、暗くなった空から雪が舞い始めていた。しばし眺めていると、不思議と負けた悔しさも和らいできた。こうやって空を見上げて冷たい空気を胸いっぱい吸える身体がある幸せ。それを感じる心があるうちは、まだやっていけるだろう。

生きていく道は、常に山あり谷あり。パチもまたしかり。平坦な道のりはなしか。手痛い連敗をそっと胸にしまい、車のドアを開けた。

text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る