コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語IN沖縄2 MTMS  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRスーパー海物語IN沖縄2 MTGS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
9000円2632→確変泡・Hフラッシュ珊瑚礁
54→1魚群黒潮
1362ノーマル
100+2263前兆2・魚群マリンちゃん
368珊瑚礁
100+4444魚群マリンちゃん
828→確変マリンちゃん
17魚群マリンちゃん
332黒潮
31魚群珊瑚礁
106→確変珊瑚礁
85前兆2・泡ノーマル
126突確
561魚群黒潮
78突確
352→確変珊瑚礁
42マリンちゃん
100+3806→確変魚群・Hフラッシュマリンちゃん
43前兆1・泡珊瑚礁
192→確変珊瑚礁
51魚群マリンちゃん
508→9魚群・マリンボイスマリンちゃん
536→確変前兆2・泡マリンちゃん
87逆魚群ノーマル
873前兆3・魚群マリンちゃん
681ノーマル
838珊瑚礁
938魚群マリンちゃん
100+3162→確変魚群マリンちゃん
711Hフラッシュ・魚群マリンちゃん
325泡・Hフラッシュ珊瑚礁
4突確
59魚群珊瑚礁
1536→確変マリンちゃん
154→確変魚群珊瑚礁
674ノーマル
100+247終了
総投資額 9000円
総回転数 3806回
大当たり回数 36回
確変回数 5回
総出玉数 31529個
換金額 78500円
収支 69500円

3ヶ月振りに開けとなった台

では本題に。さっきの話は他所の店での出来事。今日向かった店はいつものお店。狙いはイベント台である『CRスーパー海物語IN沖縄2』だ。とはいえ、40台近い台数があるというのに実際に釘を開けるのは10台にも満たない。釘を見ない人にはただイベントの札が刺さっているというあり様だ。癖の良い台は既に7台程度把握しているので、その中の1台でも開きになっていればラッキーだ。ざっと端から見ていくとあったあった、1台だけいつもよりしっかりと開きとなっている台が。しかもヘソの右側が若干上げ調整されているのも気に入った。

それはいいとして、今日に関していえば開きとなっている台は5台にも満たない。これじゃ、お客さんが来ないのも当たり前。こんな状況なので、開けとなった台は迷わず打つことになる。当然先程の台をキープ。思えばこの台、過去に一度だけ打ったことがあるが、それ以来今日まで一度たりとも開くことはなかった。ほとんど毎日のように見ているのだから確かなこと。大よそ3ヶ月振りの開きということになる。

では早速打ち始めると、26、52回ときて、ここで早くも「魚群」発生。しかしあっさりと外れ。その後も79、96、135回とまずまずの回りだ。思ったよりステージからの入賞が少なく感じるが、きっと打ち込んでいくほどに良くなってくるだろう。不思議だけれど『海』に関してはいつもそうだ。長く打てば打つほど、ステージの絡みが良くなるのである。推測すると、玉の汚れや、手の脂(実はかなり重要な要素)でステージに玉の道のようなものが出来るのだと思う。肉眼では分からないがきっとそうに違いない。

普通の人には分かり辛いかもしれないが、たった今ふと頭に描いたものを例えてみる。現在、バンクーバーオリンピックが真っ盛りだが、その中の「カーリング」に注目。ご存知のようにカーリングは、ブラシで氷を掃きながらストーンのスピードや方向を変えて競技を行うもの。パチンコ玉も盤面やステージ上に汚れ等が付着すると、玉の勢いも方向性も当然ながら変化するのである。そんな理由から、打ち初めと数時間経過した時では幾分玉の動きは違ってくるというもの。最初は良かったのに、段々駄目になってしまうことだってある。

自分の場合、玉の動きが安定し始めたら、その後は極力玉を手で触らずに備え付けのカップで上皿に入れるようにしている。この手の脂がどれ程影響が出るか試しにやってみるといい。確か以前にスペシャルレポートでも書いた記憶があるが、パチンコ玉を数個程度手にとって、それを顔の脂でも何でもいいからちょこっと塗ってみるといい。それを上皿に放り込んでやると、今までぶっこみを狙っていた玉が、勢い良く右打ちに変わってしまうはずだ。こんな些細なことでも玉の挙動は大きく変化するのである。

おっといけない、話がかなりずれてしまった。『沖海』に戻そう。一度だけガクッと回りが落ちたが、その後は安定し20後半をキープ。お〜、ここで本日早くも3度目の「魚群」が・・・しかしこれも駄目。結局8000円投資した時点で4回も魚群出た。全て外れだ。しかしこの後「キュイーン」と鳴って待望の当たりがやってきた。263回転目、使ったお金は9000円。これが確変へと昇格し、まずは3連チャン。回りは十分ある筈なのでこの3回分の玉でもかなり心強い。

玉の挙動に注意しながら回していくと、図柄前兆予告が2度続いた後に本日5回目の「魚群」が出た。いくらなんでも当たるでしょ。だいたい今度の『沖縄2』は泡やノーマルリーチじゃ、ちっとも期待できないのである。「魚群」が出ないことには話しにならないのだ。心の中でぶつぶつぼやいていたら、当たった。326回転目、「亀」が揃った。ただし今回はワンセットで終了。どうもいま一つ波に乗れない感じだ。


「逆魚群」だ!

少ない出玉とはいえ、やはり回りのほうはとっても安心できるレベルだ。お店だってなかなか開けないわけだ。次に当たったのは、ちょっと席を外していた時のこと。戻ってきてみたら、何やら絵柄がダブルでテンパイしていて、一瞬だが「魚群」の最後尾が見えたような気のせいのような。幻かそれとも・・・どうやら幻ではなかったようだ。単発絵柄ではあったが大当たりとなった。544回転目のことだ。

この時短、全く期待していなかった「泡」からのリーチがものになった。しかもラウンド中に確変へと昇格したではないか。そしてここからは凄かった。まずはその保留玉で「7」が三つ。次は単発絵柄であったが、僅か3回転目に「1」が揃ったってことは、先程の当たりは確変だったということか。更に次も確変。終わってみれば10連チャン達成となった。

今日はこんなもんでは終わらなかった。480回転目、「ハイビスカスフラッシュ」が「キュイーン」と1回鳴って「6」が三つ。てっきり単発だと思っていたら確変へと昇格してしまった。もうこうなったら「泡」だろうが何だって当たってしまう。これがまた全て確変へと昇格してしまうのだ。極めつけは、初めて目にする「逆魚群」だった。面白いことに、掛かったのはノーマルリーチだ。結局一気に10連チャンまで伸びた後、最後に単発絵柄を一つ追加して11連チャンとなった。そして最後は416回転目に7連チャンを追加して楽しい一日が終わった。

<タッキーのひとり言>

どうやらこの間の(前回のコラム)晴れ間は束の間ではなかったようだ。ここへきて長いトンネルから抜け出でた気がする。一番の理由は、しっかりした回りの台を打てているということに他ならないのだが・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る