コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCR蒼天の拳HV他  
 

実戦データ
店舗名 関東K&S店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 ぱちんこCR蒼天の拳HV
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 45500円
総回転数 ***
大当たり回数 1回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0
収支 -45500円

中途半端な台がごろごろ・・・

では本題に。今日は久しぶりにあっちこっちばら撒き倒した一日だった。反省しきりの今日一日を振り返ってみたいと思う。
今日は大きなイベントと新台『CRA沖縄2』の導入も重なり、80人を超える列ができた。朝の抽選は珍しく一桁台を引けた。向かった先はその新台のコーナー。釘に目をやれば、大きな開けではないもののひょっとしたら打てるかもしれない釘だった。これを敢えて押さえなかったのが本日の敗因だったのかもしれない。

釘だけ見て軽くやり過ごしてしまった。次に向かったのは『あしたのジョー』だ。ここは全体的に開けとなっていたので、以前に打ったことのある台を確保。やはりこっちに来て正解だったと思った。念の為、他の島も覗いてみると、『沖海2』と『蒼天の拳』に何台か開けがあった。いずれも全開とはいかない、第三候補程度の台。縁があったらということになる。

まずは『あしたのジョー』からやっつけるつもりで打ち始めてみたものの、5000円の投資で一向に回りが上がらず、結局反対にやっつけられてしまった。自信があっただけにこれは結構ショックだった。心なしかワープの通りが少なかったようにも感じられたが、決定的な釘の違いが分からなかった。ん〜、回りムラだったのかなぁ。もう少し打つべきだったか? 

仕方なく『沖海2』の島へ来てみれば、お客さんはいまだ数名程度。幸いにも目ぼしい台は手付かずの状態だった。過去に打ったことのある台に座ってみたものの、その時の釘と比べれば若干足りないのは分かっているのでいま一つ回せない。それでも無理矢理回しにかかってみたが、1000円25回あるかないかといったところ。大きな玉増えでも望めるならば何とかなりそうだが、この店では無理。結局ずるずると歯止めが効かないままぺろっと10000円も入れてしまった。あ〜、もう駄目かも。

それでも更にここから悪あがきが始まる。向かった先は『蒼天の拳』。実に久しぶりに座った。当サイトのランキングでは随分と長い期間首位をキープしていたようだが、この店ではその反対。いつだってガラガラだ。理由は明白、1000円20回じゃ誰も座らないっつうの。しかし今日は久しぶりに開いていた。それでも20回後半あるかないかだが。

これが最後のつもりで回しに入る。以前何度も打った台だが、当時と比べると玉の飛びが随分と悪くなった。それでも時折30回を突き抜ける勢いで回っているので、食い付きさえすれば何とかなるかもしれないぞ。ちょっと光が見えてきた。そして早速きた。疑似連が2回、3回ときて、4回まで発展した。疑似4は初体験だ。但しその他の予告がいささか弱い。それでも「しゃ〜く〜ねつ〜!」の声と共に掛かったリーチは「飛燕」。後半のボタンカットインでは「キリン柄」が出た。

なんだかドキドキしてきたぞ。相変わらずこの『蒼天の拳』は当たるまではどっちに転ぶか分からない。しかし残念無念の外れとなってしまった。リーチも弱いし仕方ないか。

しかし今度はもっと熱いのがきた。一日打ってもそうはお目にかかれない「カットイン予告」が「参、弐、壱」と赤い字で続いた。疑似連も最大までいったんじゃなかろうか。扉の色も赤色。そして待ってましたの「文句予告」。「北斗の文句は・・・」ではなく、「激熱の文句は・・・俺に言え!!」ときた。初めて見ただけに感動ものだ。もう当たったも同然でしょ。

掛かったリーチは「ヤサカ」だ。ボタンカットインも「キリン柄」。青くたって当たりそうなもんだ。そして「五」が三つ揃った。207回転目のこと。この台では7500円。都合22500円ということになる。まだまだ十分挽回できる場面だ。早速右打ち開始。大当たりとなったのはいいが、なんだか嫌な予感。このセグの形は確か5R通常のもの。見てはいけない物を見てしまったようだ。さすればやはり5Rで終了し、40回の時短もサクッと抜けてしまった。

あれだけ強い予告で通常とは如何に・・・。そりゃないよなぁ。暫く立ち直れそうにもないが、それでも踏ん張って回してみた。もちろん追い銭となった訳だが、都合41000円のところでギブアップしてしまった。ずっと20回後半を維持していたものが最後の5000円で大きく回りを落として回復しないまま万事休す。ここで力尽きた。


今年最低の悪あがき

しかしここで終わらないのがオレ流。そしてここからでもいいところまで挽回してしまうのが最近のオレの凄いところ(笑)。 この間も20000円のビハインドを背負って、帰りがてらに家の近所で打った『CRA花の慶次−雲のかなたに−』が、打ち終わるまでどれだけ回ったのか分からない程に出っ放しとなってしまい、取り戻すどころか大きな儲けになってしまったのだ。

そんな訳で向かった先は、K店の系列店であるS店だ。ここも本日は看板イベントとなっている。もちろん狙いは『CRA花の慶次−雲のかなたに−』だ。全体的にヘソは開いているような、そうでもないような。早速打ち始めると、たったの19回転目に「もののふチャンス」で珍しく「七」がテンパった。てっきり「大儀であった!」かと思いきや「直江兼続」だ。それでも赤タイトルだったので、これは貰ったか? 

もうお金は使いたくない場面なので助かる展開。たった1000円で食い付いた。まずは「慶次」が出てきて城門突破で2連チャン。しかしこの後早くも「岩兵衛」登場となり2R通常で敗北。乗れてないなぁ、と思ったのも束の間。この保留玉で確定音が鳴って「大ふへん者」の大当たり。あれよあれよという間に3000個の玉が出た。今日初めてやる気が出た瞬間だ。全部は無理にしても半分程度は取り戻せるんじゃなかろうか。

ところが、この出た玉をそっくり飲まれてしまったのには驚いた。途中2R通常が3回も当たって、ここでも力尽きた。この台にお金を入れる気力が無くなってしまった。

ここからどうしたかといえば、よせばいいのにこの店で今日開いたと思しき台を1000円ずつばら撒いてしまった。『花の慶次〜斬』『戦国乱舞』、最後は何を血迷ったか『アバンギャルド』に500円を入れ、「浜田翔子です!」って言われて目が覚めた(笑)。悪あがきもここまで。気付けば45500円もの大敗を記してしまった。

<タッキーのひとり言>

せっかく長いトンネルから抜け出せたというのに、自らの手で流れを変えてしまった。さっさと家に帰ればよかった。決して家に帰りたくない症候群でもないし、ましてやWork-a-holic(仕事中毒)でもない。うーん、パチンコシンドロームなのかもしれないなぁ・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る