コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRベノムの逆襲M  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限
機種名 CRベノムの逆襲M
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 貯玉
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 3490個(差玉)
換金額 11600円
収支 11600円

■ハネモノはダメ

しかし、今日は貯玉が使える唯一の日。1万個に満たない玉だが、それでも使えるのはありがたい。2時過ぎになってしまったが、覗くと相変わらずの客つき。各シマにパラパラといるだけ。おかげで台は選び放題だ。

かつて打ったことがある機種のデータを頭から引っ張り出して、遠い昔との「縦の比較」(故・田山幸則プロの造語)をしてみる。ヘソサイズがある台は、スルーがキツキツだ。とても回りだけで打てる感じではない。打てるとするとハネモノの『パチンコ大賞』か、『ベノムの逆襲』だと思う。

まずは気軽に、ハネモノに手を出してみよう。たまにはそれもいいじゃないか。ハネモノはへたくそな自分だが(デジタルものが上手いというわけではない(^^ゞ)、こんな日の気分にはぴったりだ。500円分の玉で、落としに6発。拾いは1個。これで足りるかどうかと言えば、足りなさそう。次は7発の落としで、拾いが0となったところで、見切りをつける。

役物のクセを把握しないままに打ちこむことは危険だ。クセ次第で足りる、足りないが決まるのだから、初見に近いハネモノはやはり難しい。とりあえず、よく鳴いてよく拾えば別だが・・・君子危うきに近寄らずだ。(すでに、君子とは言い難い)

やはりここは『ベノム』といこう。かつて3台ばかり打ったことがある。ただし、その時とは場所が変わっていて、台ごとのデキは把握できないのが難。5台ある中で、右スルーとヘソサイズのバランスが取れている(と思われる)台に着席。

いきなり右打ちのようなことはせずに、通常ルートから打ち出してみる。1000円で23個となった。次は22個。そして24個となかなかの回りっぷり。右が足りていれば十分だと思う。ムラが大きい機種だから、油断はできないけど。

7000円分くらい打ったところで、疑似連から突然、スパイダーマンが星条旗とともに出てきて、いきなりの大当たりとなった。何回見ても、どうやって当たったか分からないアクションだけど、嬉しいものだ。

しばらく打ってなかったので、打ち出しのタイミングを思い出すまでに、数ラウンドかかったが、とりあえずコツコツとタイミングを見ながら出玉はゲット。前半で連チャンが多かったような気がするが、とりあえず87ゲームまで継続した。何とかなりそうだ。

2回目の当たりも早めで、ブラックスパイダーチャンスから、オール7となってラウンド開始。ところが、連チャンはナシであっという間に終わり。暗雲たれ込む中、持っている玉を使い切り、貯玉を投資して350回転。またもや、突然当たりとなり、今度は最後のゲームでの連チャンが続いて112ゲームまで続いた。玉を大分盛り返す。

しかし、思ったよりも右スルーが苦しい。以前打った時よりも、出玉を取るのに時間がかかっている。通常時の回りはそこそこ確保できているが、これもハネモノと同様に出玉とのバランスが重要なポイントなのだ。

グジグジと考えながらも、当たりはそこそこにやっていくる。その後、2回の初当たりで、90ゲームくらいを上乗せできた。気づくと夜はとっぷりと更けている。今日は朝もランチも抜きで(朝は意図的に食べないのだけど・・・・)、空腹も感じてきた。時刻は9時過ぎ。打ち始めから約8時間。

出玉は、消費した貯玉と差し引くと、3500個くらいの浮きになっている。やはりどうしても右の出玉が良くないので、最後に45ゲーム連チャンをとったところで撤収とする。またもや小さな勝ちだが、コツコツとこんな日をつなげていくのが得策だろう。


■コツコツと小さく

店の外に出ると、今日はなぜかとっても寒い真冬に戻った空気。そして、くだんの「We Are the World 25 for Haiti」のシンガーの声が頭の中に甦ってきた。後半のラップがすごくかっこよくて、泣けるのです。しかし、ヒアリング能力が低くて、リリック(歌詞)がちゃんと理解できていないのが、とても残念。

英語の勉強ももう一回したいなと、ふと思った。ハイチの被災者の方々の健康の回復と、一日も早い復興を祈りつつ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る