> > CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・! 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA弾球黙示録カイジ 沼 ざわっ・・・!  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 バンクーバー冬期オリンピックの余韻が残る中、今は「冬期パラリンピック」が開催されている。もともとパラリンピックは第2次世界大戦後に、心身に傷を負った兵士を励ますために行われたのが始まりらしい。

近代アルペンスキーにしても、その発展は軍事的目的が契機だった。人間の生み出す最も負なる「戦争」が契機とは何とも皮肉なもの。それだけ、「戦争」の功罪は大きいとも言えるし、人は負(マイナス)を正(プラス)に転換させる力を持っているとも言えるか。

メディアに取り上げられる機会も少ないパラリンピックだが、スキーで言えば、チェアや義足によるスキーを見る限り、それはそれは凄いものだと思う。二本の手と足で滑っている自分よりも遙かに速く切れるターンをしてくる。国内のスキー場でも何度も見かけたが、もはや驚きを通りこして驚愕といったレベル。

身体のバランスが取りにくい身体的傷害があるからゆえに、精度の高いバランス能力を発揮して滑っているわけで、これもまた「マイナス」を「プラス」に転換しているということかもしれない。(注 「傷害」=マイナスという意味ではない)。是非、テレビなどでも積極的に取り上げてほしいと思っている今日この頃だ。(カースケとしては、アルペンスキーの三沢拓(ひらく)選手に声援を送っている。超ガッツのある素晴らしいスキーヤーで大ファンにつき)

そんなことを書きながら、自分も「負」の現状を嘆いてばかりではなく、それを転換させなきゃと真剣に思うパチライフ。取材と雪山の合間をぬってボチボチと打っている。先日は『天上のランプマスター』を夕方からだったが、初めて現場で打ったりもした。(これはなかなかの感触・・・拾いも含めてやれる機種ではないかな)

今週は、朝から打てる日が数日とれる。まず初日となる月曜日。回るルートをきちんと頭にいれる作業から始める。面倒くさくなってさぼらないように一応のシミュレーションをしつつ出かける。

まずは、ホームのA店に出向く。開店の10分前に着くと早くも15人くらいの並び。うーむ、最近アケになったのか? 久しぶりにあったマシンガントークのおばちゃんに様子をうかがうと、『慶次〜愛』狙いらしい。なるほど、ほとんどのお客さんが愛を求めて流れていった。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る