コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAスーパー海物語IN地中海SAF  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限・貯玉制限使用
機種名 CRAスーパー海物語IN地中海SAF
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
貯玉908ノーマル
台移動
1669魚群珊瑚
34ノーマル
台移動
1101魚群黒潮
1402ノーマル
54ノーマル
957魚群マリン
19魚群マリン
54魚群マリン
716ノーマル
653魚群マリン
58魚群黒潮
87枠外
688ノーマル
1637魚群マリン
254ノーマル
565魚群マリン
46ノーマル
13魚群マリン
315マリン
351枠外
1106大泡ノーマル
653ノーマル
51ノーマル
54ノーマル
643ノーマル
46魚群マリン
34魚群珊瑚
601魚群珊瑚
175魚群マリン
107魚群黒潮
15ノーマル
34ノーマル
705魚群マリン
2414魚群マリン
5119疑似連ノーマル
43マリン
1329黒潮
469ノーマル
32ノーマル
1303疑似連マリン
684ノーマル
51ノーマル
293疑似連マリン
769疑似連黒潮
685疑似連マリン
13魚群マリン
38魚群マリン
49ミラージュ
53枠外
201終了
総投資額 貯玉
総回転数 3063回
大当たり回数 47回
確変回数 47回
総出玉数 3001個(差玉)
換金額 10000円
収支 10000円

■5.5倍

さて、実戦の話に移ろう。最近はようやくぼちぼちと以前の感覚を取り戻して「頑張る」感覚が戻ってきたような気がする。その要因は何とか打てる回りの台にしがみついているということ。極論を言えば、やはりパチンコは何といっても換金率に関係なく「回り」が一番大事な要素なのだ。

等価だから高換金だからといっても、ボーダーギリギリの台では長時間打つことはできない。「いい」ところで切り上げ〜勝ち逃げ みたいなパターンがどうしても多くなる。これがまず昨今の業績不振の最大要因。勝ち逃げは、短時間勝負になり、やはりトータル稼働が低くなり、いきおい収支も下がるということ。わかっていはいるが、この負のスパイラルを転換できないでいたということだ。今日は長時間打てる台があれば良いが・・・。

朝方にどうしても外せない用事があったので、A店に着いたのは11時少し前。今日は海のイベントとなっている。このコーナーには、専業風の若い衆が数人と常連のおじちゃんたちが数人。まだ台は選べる状況にある。ミドルから見て行くと、ヘソはまずまずだがステージとスルーに難があるものが多い。何も押さえずに甘デジのシマへ。さすれば、たまに打っている『アグネス』のヘソが一回りだけ大きくされている。回転数を見ると24回転となっている。

常連のおじちゃんが隣の席なので、「おはよう」と挨拶して着席すると「誰かが1000円だけ打っていったよ。」と言う。へえ〜24回転が本物ならば素晴らしいけど。眉唾もので打ち出してみるとそれ以上の感触。こりゃ、久しぶりにいいぞいいぞと思っていると・・・85回転のところでノーマルから8がそろった。時短は50回転ついてのラッキー。

「何だか今日はいけそうな気がするぅぅぅ」とばかりに時短に入ると、愕然。スルーの通過が以前よりもぐんと悪くされていると同時に電チューへの寄りも悪く、50回転の時短で玉が50個も減った。これは打てませぬ。時短終わりでとっとと台を変わる。出玉はあっという間に無くなってまた貯玉の払い出しに戻る。2倍のラインで魚群から当たり、連チャンするも、こちらもスルーがダメだ。『アグネス』はもはやこの店では打てないということか・・・。

台移動して『地中海SAF』に移る。こちらも一応はアケの形。回りは以前打ってぶんなげた時よりはかなりマシ。24個ペースがキープできている。スルーも『アグネス』よりは通っている感触なり。というわけで、打ち込んでいくと確率ラインで魚群からの当たりが3連してくれた。そして次も確率ラインで3連と順調に推移していく。

時短はすべて偶数図柄からと先日の『カイジ沼』同様のさえない展開ではあるが・・・まあいいや。その後も大きな連チャンはないもののさしたるはまりもなく、ぽちぽちと当たりを引き夕方前には8000個の玉ができた。使った玉は2300個くらいだから、まずまずいい出玉ということになる。2万くらいの勝ちになっている。それよりも心配されたスルーがオッケーで、この台はアケばまた打てるという材料が増えたのが嬉しい。

回りは26-27個の時もあれば18-19個の時もあり、ならせば22-23個くらいになるだろう。まあ打って損はない感じだ。以前ならばここで上がりというパターンもあったが、回りがあるうちは攻めるに限る。後の展開など考えても仕方がない。淡々とやるべきことをやるだけ。ここから苦難の道がやってくることになる。

長い時間打てば必ず苦難(はまり)はやってくるもの。それみたことか、3倍弱で単発の次は300、400と回しても当たらない。ちょうどこの時にパチ好き青年の後藤くんがやってきた。「あらぁ、またはまってますね。」と・・・。でも後藤くんも相当なはまりロードの真っ盛りで5倍6倍当たりまえなんて感じだそうだ。お互いおはらいにでも行くか。軽口を叩いていると500も超えた。玉はもう残り2000個を切っている。6000個の打ち込みになる。悪いことに回りも低下し始めている。

淡々と打ちながら飲まれたらどうしようかと考える。そんな時に久しぶりに疑似連がかかる。しかし保留1からなのであまりアテにはできないが、ダブルラインとなって魚群が通り過ぎた。普通ならば「当たるだろっ」と思える瞬間だが、これだけはまっていると当たる気がしないオカルトに毒される。

でも。めでたく当たってくれました。回転数は511回転・・・1/89の確率だから5.5倍のはまりか。その前が2.5倍だからかなり長い時間当たらなかった感覚だ。ここからどうなるかも分からないが、とりあえず2連となった。後はダラダラと打ってダラダラと当たり、最後に5連の山そして2倍当たらずのところで時刻は9時となった。


■これでいいのだ!

夜からの回りの低下が気になりここで上がることにする。本来は10時まで打ちたいところだが、それほどのものでもなくなっているにつきヤメだ。玉を流すと5500個くらい。最高値よりも2500個くらい結果として減らしたが、差玉で3000個くらいにはなる。

当たりはにぶい感じだったけどさすが海は速いので、総回転数は3000回を超えてくれたので、「これでいいのだ!」

換金もせずに外に出ると、今夜は少し寒い。「寒の戻り」ってやつなのだろうか。何やら北国では雪が降るらしい・・・。暗い空を見上げて北国のほうを見てみる。心の中に夜のとばりが降りた山に雪が降る風景が見えたような気がした。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る