コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデジハネ蒼天の拳STV  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRAデジハネ蒼天の拳STV
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 9500円
総回転数 3448回
大当たり回数 51回
確変回数 ***
総出玉数 14859個
換金額 37000円
収支 27500円

じりじりと投資がかさむ・・・

早速打ち始めてみると、初めの500円で15回も回ったくせに、次の500円ではたったの5個しかチャッカーに入らず。おいおい、とも思ったが、奥のステージも大丈夫だし、肝心の手前ステージも申し分ないので心配はない筈(きっと・・・)。

そして次の500円を入れたところで早速「灼熱の文句は・・・」と出た。かかったリーチは紅華会の「黄西飛」。タイトルには「キリン柄」。その他、トランクの色やボタンカットインも全部「キリン柄」だ。さすがにデジハネだけあって、のっけから熱い演出のオンパレードだ。これはもう外れようもなく大当たり。その上、15R獲得である。連チャンこそ1回しかなかったものの、電チューでの当たりは時短も60回付いてくるとあって、序盤から楽な展開にホッ。

ホッとしたのも束の間、相変わらずおぼつかない回りのまませっかくの出玉を飲まれてしまった。再び現金投資で回していけば、飲まれてから3500円目の296回転のところで「北斗の文句は・・・」ときて「飛燕」で大当たり。しかし今回は4R。その上、連チャンも無し。20回の時短もあっという間に抜け又しても出玉を飲まれてしまった。

結局次の大当たりまでトータル9500円の投資となってしまった。デジハネではかなりの痛手であることは間違いない。「七星チャンス」で物にしたものの今回も1回ポッキリ。ST4回のハードルは結構高いみたい。このST、贅沢を言えばもう一ひねり欲しかったな・・・。

しかし今度は飲まれる前に食い付いた。滅多にお目にかかれない疑似連4回から「ヤサカ」で大当たり。さらに3回転目、「扉を開けるのじゃ」の指令から、金の扉で見事「達成」の文字。ここからもう一つ当たりを追加した後、時短終了間際「キリン柄」のコメント予告から「玉玲ミッション」となり大当たり。これが15Rとなった。さらに時短でもう一つ追加して合計5連チャン。これならば大丈夫だろう・・・。

時短中の玉増えも60回ならば毎回ジュース2本は買える計算だ(笑)。 長いリーチになれば3本は買えるぞ。小デジタル抽選ランプが点滅を始めたら4個打ち出し、ベロが閉じたらまた4個打ち出す。3回目の一瞬開放は無視して、また点滅を始めたら打ち出すの繰り返しなので、至って簡単である。ん〜、しかし思った程ベロに拾われないのはこの台だけか? 形状が変わったとも思えないが。それでも少々緩めに打つことで幾分拾い易くはなった。


疑似連は熱い!?

ここへきてようやく回りの方も安定してきたようだ。1000円辺り25回には及ばないが24回は確実に回っているような状態。しかしまたまた雲行きが怪しくなってきた。いよいよ持ち玉が底を尽きそうになったその時、羅龍盤チャンスから選択されたのは「拳志郎秘孔」リーチ。一撃ではなく「連打」だったが無事大当たり。

ラウンド表示のランプも「15」が点灯。ところが、近頃流行りのアタッカーだけパカパカやって、実際には4R分の出玉しか取れないパターンにがっくり。いやあ、これを新手の●●と言わずして何と言おう。こういうところで、パチンカーの信頼というものを失っているのを気付いて欲しいものである。声を大にして言いたい。今回は3連チャン。

この後、76回転目にノーマルロングから絵柄がそろって4連チャン。今回は15Rが1回。さらに105回転目、久しぶりに出た「北斗の文句は・・・」から「玉玲」リーチがものになった。3連チャン。この内15Rが2回となって出玉も一気に6500個ぐらいまで成長した。連チャンしないとキツイ印象の『デジパチ蒼天の拳』だが、一たび連チャンし15Rが絡むとかなりの出玉感がある。既存の台の中では間違いなくトップクラスじゃなかろうか。

ここからが踏ん張り所か? せっかくの出玉も300回オーバーで当たるも2R確変。STはスルーし、時短20回転もあっという間。玉が出たのは実質400回転のところで保留が赤く染まって、「キリン柄」タイトルの紅華会「田学芳」リーチ。15Rのバトルボーナスとなり、強敵「宗武」も「玉玲」カットインとなり勝利。これで実質14R分の出玉を得ることになる。しかし今回は2連チャン止まり。

嵌った後には早いのがきた。80回転目に単発。61回転目に又しても単発ながら15Rをゲット。今度は時短抜けわずか13回転目に黄色の保留から「ヤサカ秘孔」リーチで大当たり。肉マン山盛りを目にしたのはMAXタイプを含めこれで3度目。人知れずニンマリってところ(笑)。 2連チャン。出玉もじりじりと8000個まできた。

ここからさらに167回転目、「七星チャンス」から2連チャン。254回転目、赤い保留から疑似連が1回で「キリン柄」タイトルの「宗武」がかかった。文字の色は赤字。ボタンカットインも「キリン柄」となって大当たり。今回もまた2連チャン。

後半になり当たりもすこぶる軽くなってきた。152回転目に単発も、その直ぐ後44回転目、疑似連が4回続いて「拳志郎秘孔」リーチで大当たり。4回転では当たらなかったものの時短22回転目に「お祈りミッション」で引き戻し。ここから4回転目、赤扉が開いて「五」が2つ。さらに「試練の儀」タイトルが「キリン柄」となり「三」がそろった。もちろん15R。もう1つ15Rを追加して5連チャンとなった。出玉は12000個オーバーとなり時間はすでに8時30分を回っていた。それでも今日は10時30分まで打つ覚悟だ。

しかしここからは早い当たりがあるものの4回続けての単発。すべてが4Rで当然ながら時短も20回転と、小康状態が続く。いよいよ時間が気になり始めた192回転目、突然かかった「拳志郎ストーリー」リーチが大当たり。カットインが「キリン柄」だった以外は何にもなかったような・・・。

ここから4回転目に15R確定の「三」がそろい、さらにST連チャンが2回続き、その最後はまた15Rとなって時間も計ったように10時30分となって終了。出玉も本日の最高値で終えられたことに大満足の14800個。暫くこいつで凌げるといいな・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る