> > びっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載竜バージョン 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

びっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載竜バージョン  
text by 冬月カースケ
 
実戦イメージ画像 もうすぐゴールデンウィークがやってくる。この時期でなければ腰をすえてパチンコを打てないというファンの方も多いだろう。冬月は積極的に打つことはないと思うが、チャンスがあればやはり稼働はしたいと思っている。
どこで、何を打つべきか・・・。従来のラインナップにも魅力的な機種は多いが、今注目したいのは『びっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載竜バージョン』だろう。甘い大当たり確率に13個賞球、そして15R比率が(絵柄揃いの大当たりの内の)17.5%もあり、展開によってはかなりの出玉感があるはずだ。一発の当たりで1500個(15R時)を超えるのは甘デジの中では文句なくトップクラス。すでに、とあるホールでは36000個の出玉を叩き出したという話も聞こえてきた。

4月19日から順次導入が開始されている『びっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載竜バージョン』。その話題の機種の超速実戦ということで、東京・秋葉原にある京楽産業.ショールームにお邪魔してきた。

ここでご存じのない方もいると思うので少しだけ解説をしておくと、発表会会場やショールームに展示してある台というのは、釘調整はデフォルト(出荷時のまま)が基本か甘めであることが多い。
ショールームに並べられた台を見ると、ヘソがある程度開かれた以外には他にプラス調整は見当たらないが、マイナスもまたナシ。素の状態のゲージの感触を試してみると気持ちよくヘソ周辺に流れる玉とワープ経由でステージに向かう玉が多く、回りは1000円で25〜26回というところか。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る