コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRAデジハネ蒼天の拳STV  
 

実戦データ
店舗名 関東I店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限台移動玉の共有可
機種名 CRAデジハネ蒼天の拳STV
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
K店
及川奈央他
5000円
I店
沖縄2
500円84大泡ノーマル
10連チャン
持ち玉移動
蒼天の拳190蒼天ロゴ拳志郎ストーリー
24+146「北斗の文句は・・・」拳志郎ストーリー
1赤背景リーチをかけるのじゃ
64+162七→15R赤タオル田学芳
64+30羅龍盤チャンスヤサカVS拳志郎
1リーチをかけるのじゃ
62三→15Rキリン柄カットイン玉玲ミッション
64+128突確赤扉ノーマル
4六→15R赤背景リーチをかけるのじゃ
27ステップ3玉玲ミッション
2緑炎リーチをかけるのじゃ
64+13羅龍盤に問え・大好機・「激熱の文句は・・・」拳志郎秘孔
3000円24+420四→15R疑似連3玉玲ストーリー
1赤背景リーチをかけるのじゃ
2赤背景殉滅するのじゃ
3突確
2突確
2緑炎リーチをかけるのじゃ
64+181蒼天ロゴ・「激熱の文句は・・・」拳志郎秘孔
3赤背景扉を開けるのじゃ
64+111終了
総投資額 8500円
総回転数 1923回
大当たり回数 20回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0
収支 -8500円

早々とビハインドを跳ね返した

さてさて、今回の実戦はもちろん平日の話。今朝は『CR及川奈央』の見てはいけないランプを見てしまったのが運のつき。ここのところ頻繁に落っこちていて、いつもは釘も渋いのでパスしていたのだが、今日に限ってはちょこっとだけ開いてたような気がしたので触ってみた。ん〜、それでも1000円24回が関の山。2Rを1回当てたところでぶん投げてしまった。

他にも弱い開けを数台打って5000円の負け。こうなると、行き着く先は地元に戻ってのパチなのだ。5000円の負けといえども、近頃は初めの失敗を簡単に取り戻せるほど甘くなくなってきている。朝一、一発目に座った台でなおかつ投資を少なく抑えないと、簡単に負けてしまうのが昨今のパチンコなのである。厳しいねぇ・・・。

大切なのは5000円使ったという事実を引きずらないことである。一旦仕切りなおしてこれから打つ台に臨めばいいのだ。意外と簡単そうで難しくもある(自分にとっては)。

いつもの店から、近頃良く行くいつもの店に移動してみた。もちろん打つ台といえば、『CRAスーパー海物語IN沖縄2』だ。しかしここのところ頻繁に打つようになってからは、イベントで開けとなっていてもお気に入りの何台かはその開けも弱めときた。この店でも徐々に包囲網が狭められてきた予感。

ならば、一度も触ったことのないヘソが幾分大きめの台に座ってみた。ステージの感触はどんなもんかなぁ、と回していくと、たった8回転目のリーチ一発が「大泡」となって当たってしまった。祈るような気持ちでST5回転を消化していけば、4回転目に「ハイビスカス」の役物がカクンと動いて大当たりの予告。ここから「キュイーン」と鳴って大当たり。

しかもこの当たりで早くも16Rをゲットした。ここからさらにSTでの連チャンが4回。あっという間に負けが勝ちに転じてしまった。合計6連チャンで時短に突入したのだが、わずか10回転目に泡から「キュイーン」と鳴って大当たり。

そしてまたまた時短10回転目に今度は「魚群」が出て「マリンちゃん」で大当たり。STでも2回当たりを重ねて10連チャンの快挙。ん〜、即止めすれば15000円ぐらいの勝ちだな(笑)。 一瞬本気で考えたがひとまず回してみることにした。

ところがこの台、打ち込むには値しないようなステージの癖。他に目ぼしい空き台もなくこの黄色い『海』の島とは一旦ここでお別れ。店内ぶらっとしてこれといったものがなければホントにお帰りだ。

できれば天気も良いことだし早めに帰りたいところ。ほかの島はどうせ釘なんて開いてっこないし。ぶらっと1周してみると、2台しかない『CRAデジハネ蒼天の拳』が1台空きとなっているのを発見してしまった。これが吉と出るか凶と出るか・・・。


絶妙なタイミングで空き台が・・・

持ち玉移動が自由の店なので、出た玉そっくりこっちへ持ってきた。大よそ5500個の出玉。肝心の釘はといえば、この間打った時よりは小さいものの、いつもの40玉の店より今日はこっちの方がデカイ。そうなると1000円22とか、23ぐらいか。30玉交換だし、玉増えもありそうなので十分だろう。その上すでに玉もある訳だし。

早速打ち出すと、まずまずの感触。時折回らなくなる瞬間もあるが我慢我慢。100回、150回と回してみてもうんともすんともいわない。まるでMAXタイプを打ってるような雰囲気。そして190回転目、ようやくそれらしい演出がきた。「蒼天ロゴ」がガガっと動いた後に掛かったリーチといえば「拳志郎ストーリー」だ。ボタンカットインも「キリン柄」となって大当たり。

ちょっとばかり玉を減らしてしまったが、この後の連チャンに期待したいところ。しかし肝心のSTでは当たらず、20回転の時短も当然のようにスルー。4R1回は結構堪えるぞ。次に期待。

期待した次がこれまた簡単に100回転をオーバーし、当たったのは170回転目のこと。タイトル予告で「宿命ゆえに」の赤い文字から、本日初の「北斗の文句は・・・」ときて、再び「拳志郎ストーリー」リーチだ。もちろん大当たり。今度はST1回転目に「五」がそろった。どちらも4Rの当たりだったが60回転の時短が付いてきた。1回転目ということはヘソで当たったことになるから、てっきり時短は20回転だと思っていただけにラッキーなのだ。スルーに若干難ありだが、ベロの拾いはこの間の台より、ずっとこっちの方が上。玉増えも十分ある。

それにしても当たりが重い。次も確率の外。226回転目、龍予告から掛かったリーチは紅華会「田学芳」。タオルの色が赤、ボタンカットインは「キリン柄」。しかしここから発展することもなく外れた、その直後「おまえはもう・・・」ときて「七」がそろった。待望の15Rだ。連チャンこそなかったが時短も60回付くので安心。

次はようやく早いのがきた。「羅龍盤チャンス」から紅華会リーチが選択されたが、掛かったリーチは「ヤサカ」。これは当たりとみていいのか? お〜、当たった。そして1回転目、「リーチを掛けるのじゃ」から「一」がテンパイして大当たり。さらに電チューサポートも終わる寸前の62回転目、「玉玲ミッション」から大当たり。3連チャン。持ってきた玉は随分と減ってしまったが少し復活の3600個。

次は192回転目、2R確変突入から3連チャン。15Rをゲット。さらに77回転目、「羅龍盤に問え」から赤い穴に入って「大好機」の文字。「激熱の文句は・・・」ときた。掛かったリーチも「拳志郎秘孔」リーチ。もちろん大当たり。ん〜、連チャンは無し。

この後どうなったかといえば、これがまあ結構大変なことになってしまった。200、300、と回した末に400回手前のところで出玉を飲まれてしまった。まだ時間もあるので買い足しに入ると444回転目、疑似連が3回続いて「玉玲ストーリー」が掛かった。これがバトルボーナスとなり「飛燕」を倒して15Rゲット。これが4連チャンまで伸びた。

しかしここから245回転目に何とか当たるも2連チャン止まり。結局最後は175回転のところで再び玉が尽きた。もう再投資する元気もなくここで終了。結構厳しいのね・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る