コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA花の慶次−雲のかなたに−  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 30玉
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 CRA花の慶次−雲のかなたに−
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 貯玉2000個
総回転数 3201
大当たり回数 105(フェイク含む)
確変回数 ***
総出玉数 11500個(差玉)
換金額 38300円
収支 38300円

■プレミア出まくり

おや、打てそうな台がそこここにある。今日はアケの日らしい。釘に動きがあるだけで何だかやる気が出てくる。バトルとミドルはダメだが、ライトスペックや珍しく甘デジにアキがちらほら。『沖縄海SAD』に2台ばかり、でかいヘソがあるけれどスルーがギチギチで打てないのは分かっている。他に、数機種候補として頭に入れておく。

最後のシマに入ると、『慶次・甘』が初めてのアキになっている。これならば、喜んで打てる範囲なのではなかろうか。久しぶりに喜んで台を押さえる。過去の少ない経験と調整の微妙なバランスから123番をチョイス。ガラガラの店内で煽りマイクもなく、BGMがやたらにでかい。あわてて耳栓を取り出す。

最初の1000円分で24回となった。次は19回、そして3000円で65回転という結果。玉の挙動を見る限り、もう少し回りそうだが、さらに上を目指して隣に移動してみる。すると、こちらは1000円で25個を上回る勢い。玉の動きも良い。とくに下段ステージのくぼみからもたまに入賞するところが良い。

よほどひどくならない限り、これならば座っていられるはずだ。後はスルーと電チューだが、見ている限りでは妥協できそうだ。となれば後はヒキだけの問題となる。ミナヤンに貰った携帯に付けた「必勝お守り」をちらっと見る(たのむぜ・・・(笑))。 5500円くらいの玉を使ったところで、赤障子に金扇子が舞う。セリフも下段が金色。ステップ5で待望のキセルも登場。閉まった襖は金色の家紋付きの直江さんの「七」テンパイ。これで当たらなかったら、世の中間違っている。

当然のように「七」がそろって初当たり。これは玉あり2連であえなく終わり。この玉は113回転で消滅。ふーむ、かなり回りは上がっているということだ。勿論買い足し開始。しばらくしたところで2R点灯。種有りか否かは分からないが、直後にステップ4からキセルの奥村さんが金タイトルで大当たりとなったのだから、確変のほうだったのだろう。これが、ランクアップショートをからんで玉あり3連。伸びないけど玉持ちも悪くない。そして、100回を超えたところで、また2Rそして2Rときて静かになる。2R確変から2R通常という黄金の死にパターン。

そして玉はまたもやなくなる。でも臆することはない。今日の回りならば、「黙って夜まで」だ。ちらっとパチンコお守りを見てみる。それは玉を抱えた金色の猫。心の中で「ちゃんと働け!」と念を送るため(爆)。その願いはすぐに通じる。2Rから50回転くらいしたところで、金のセリフからキセルで奥村さんが大当たりを呼ぶ。これが敗北したと見せて潜伏しているパターンも含めて、7発来てくれた。ようやく玉ができた。そして、100回転の手前で、真田さんのストーリー疑似連がなんと4回というプレミアアクションで大当たり。これが、玉あり3発。出玉は3200個といったところだろう。現時点でわずかな浮きに転じた。

問題はここから。またこの玉が飲まれるようだと辛い展開となる。またもや、手元の金猫をちらっと見る。おっと御利益が・・・時短が終わってすぐに金屏風が出たと思ったら「勝利」ですと。これが6連となって玉は5000個近くに。そして70回転のところで、保留4消化だったので、何気にボタンを押してみると、画面には初めて見た「織田信長」が紅白幕で出現。この当たりが7連となって、いよいよ玉は増えてきた。

次の当たりはやや遠い。3倍の手前でキセルから「七」当たり。それが突破1回の後に、なんと5回連続で2R当たり(?)を喰らって終わりとなる。もう1回ちらっと金猫のやろうを見てみる。次も200超えだったが、真田リーチが外れたと思ったらランクアップとなり、しかも本日初めてのビッグラウンドとなった。この当たりが、15R含みの10連となり、玉は一気に13000個近くまで伸びた。(故・田山プロならば「デキた!」と言うべき場面なり)

金猫を褒めよう(笑)。そしてその後も順調に当たりは積み重なり、6時過ぎには、敗北なしの純正10連チャンを達成し、出玉はついに17000個を超えた。この時は全くと言っていいほど、本陣には行かなかった。不思議なものだね。かつて元祖『花の慶次』で爆発した時もこんな感じだったかもなあ。


■宣伝だよ〜

後は、消化試合というよりも一伸びして、20000個の大台に乗ってはくれまいか。そのくらいの玉は出てもいいだろう。今年に入ってからの当たりの欠損はそれほどひどいのだから。しかし、その後は前半の帳尻を合わせるかのように、はまって連チャンなしの単発が4回も続いたりして、結局21時過ぎの時点で上がることになった。

出玉は13500個だから3500個も減らしたことになるが、これはこれで仕方がないところ。パチンコはいいところも悪いところもみんな自分で引き受けなければならないのだ。とりあえずは金猫にお礼を言っておこう。

あ、そうそう重要なことを書き忘れていた。5月23日の日曜日に、ぱちんこ・パチスロファン必見!『777@nifty パチ&スロライター編集会議の裏の裏』が開催されるんだった。サイトのトップに大きなバナーがあるので、詳しくはそちらで。当日お越しいただいた方には、金猫の実物もお見せしますよ。ぜひ、どうぞお待ちしています。

外に出ると今日は少し肌寒い。それでもすっかり初夏の気分。わずかに吹く風と、久々に打ち切った爽快感が身体の疲れをいやしてくれるような気がした。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る