> > CRA花の慶次−雲のかなたに− 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA花の慶次−雲のかなたに−  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 いよいよ、5月23日に行われるお台場でのトークイベントの日が近づいてきた。編集部から示された概要を見ると、「ホールコンサルタントが語るパチンコパチスロ必勝講座」だの「実戦プロが語るパチンコパチスロ必勝講座(このご時世、パチンコパチスロだけで本当に家計を立てることができるのか!? 現役プロの立ち回り術や釘・設定推測、そして今一番勝てる台等々の話題を土俵に、実戦ライター4名による本音トークバトル)」だの「メーカー発ノベルティグッズ放出!大抽選会」とか、他にも色々な企画が立てられていた。

喋るのは自分なので他人事のようにも聞こえるが、これはなんだか面白くなってきたような気がする(笑)。興味のある人はお台場観光がてらにぜひ足を運んでもらえれば幸いだ。ライター陣のうち、タッキー兄さんと冬月は基本的にテレビ媒体などには顔出しはしてないので、公の場に姿を現すのは本邦初公開となる。だから「イメージと全然違うじゃねぇか!」というつっこみはなしにしていただければ有り難い。(ちなみに、冬月がよく間違われる芸能人は小栗旬で、タッキーは木村拓哉そっくりである(大爆))

さてさて、交換率の等価変更という地殻変動は続いている。その煽りを受けずに頑張っているK店はかつてのホーム。イベント対象機種が『慶次』なので、前回の実戦でまずまずの『CRA花の慶次』を打たせて貰った。1日おいて今日も覗いてみる。とはいうものの、名前だけのイベントということも多く、アテにはしていない。ダメならば打たずにさっさと移動する考え。

朝の並びは数人の常連さんだけ。相変わらずの光景。何とものんびりしていて(自分にとっては)最高の環境だ。時間になるといつもの若い姉ちゃんがニコニコしてドアを開けてくれる。今日はパーマが可愛らしいこと。さて、それはそれでいいとして釘を見に行くことが先決。

ざっと見ると一昨日よりもシメの感じ。肝心の『慶次〜愛』もシメシメ。しかし『CRA 花の慶次』は自分が打ち倒した台だけシメで、あとの4台はアケである。「したり!」とばかりにまだ打ったことがない角台に座る。このヘソでどれくらい回るのか・・・スルーはどうか? 慎重に玉を打ち出していくと、500円分で8回転となった。これが正体とは思えないが、ステージからの決まりが弱いような気がするので、隣に移動する。

どうもこれはビンゴだったようだ。ムラはあるものの玉の動きがいい。上ステージからも下からもコンスタントに、ヘソに入ることが多い。一昨日は最高で17000個も出た機種だけに、回れば夢もふくらむ。ただし、最後の2Rラッシュで4000個近く減らしたように、もともとのスペックは辛くて、荒い機種なので甘デジと言えども予断は許さない。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る