コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR銀と金MB  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CR銀と金MB
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 14500円
総回転数 1850回
大当たり回数 19回
確変回数 3回
総出玉数 9980個
換金額 24500円
収支 10000円

久しぶりのお座り一発!

そんな体調不良のお陰で、ここまでまともに打てたのは『CR銀と金MB』ただ1機種だけ。本日はその新装初日。『銀と金』の他にも何台か導入されたが、もちろん狙いはこいつ。初日からヘソにメリハリがあり、台を確保できたのはラッキーだった。

早速回しに掛かるが、早くも4回転目で疑似連が3回続いた。見るからに熱そうな感じだったが後々そんなでもないことを知る。とにかく疑似連が3回も続けば当たっちゃうんじゃないのってぐらいの派手さ。

そしてここから発展したリーチは「誠京麻雀勝負」。大三元テンパイで「中」をツモれば大当たりときた。ツモ!、っていとも簡単に「中」をツモってきた。「9」が3つそろってるってことはめでたく大当たりしたということ。たった4回転目の出来事。使ったお金はもちろん500円。

そうそう、座る前まではてっきりMAXタイプだと思っていたら、このMBは1/359のタイプだった。ここのところ1/359は打ってないのでやや緊張気味に座ったのだが、それ以上の確率となれば全く問題なし。

あっという間に大当たりとなったのはいいが、早くも敗北のピンチ。敵のショットガンで撃たれて倒れてしまった。そのまま起き上がることもなく2Rランプが点灯して時短に突入となった。しかしこれで終わったとは限らないので潜伏していることを願いながら消化していけば、67回転目にバトル開始となって今度は先制攻撃。

ガイドブックに目をやると、先制攻撃ならバトル勝利の文字にドキッ。もちろん大当たりとなって赤い絵柄が3つ。再びバトルモード突入だ。しかし喜びも束の間、この後1回当たりを追加したのみでバトルは終了。3連チャンということ。

さてさて肝心の回りの方は、確変中にステージ上の玉の挙動を見る限りではその性能は良好とみた。このヘソと合わせればまずまずの回りが見込めるはずである。


見立て通りの回りにホッ・・・

ドル箱1箱ずつの打ち込み計算でいくと、最初の1箱目が28の回り。次がガクッと落ちて、それでも25回の回り。これ以下にならなければ十分戦えるだろう。しかし3回分の玉は600回手前で尽きた。買い足しに入るが、途端に30回に届かんばかりの回りに激変した。

それにしてもこの「ざわざわ」感には少々参った。しかも何種類かある「ざわ」予告が全く区別がつかない。どれが「ざわ群」でどれが「ざわステップアップ予告」なんだろうか・・・。

一向に分からぬまま、飲まれて14000円を費やしたところで「谷ジャンプ」から2Rランプが点灯。通常か、突確か。どうやら確変の方だったみたい。金のセリフ予告から「心臓エンブレム役物」がドックンドックンと動いて「5」が止まった。934回転目のこと。ん〜、実に長かった。結局こういう入り方をしないと当たらないのかなぁ? 

今度はさっきと違ってバトルではなく、「名場面」リーチといった演出から「覚悟の一歩」となって大当たり。絵柄は「8」。さらにまた同じ演出から赤い絵柄がそろった。バトルよりもこちらの演出の方が信頼度は上ってことか? 結局これが6連チャンまで伸びた。

一旦は終わったようにも見えたが、ひょっとすると潜っていたのか? 時短終了からわずか20回転目に「ざわざわ」の文字が金色になり、「心臓エンブレム役物」がドクンドクンときて大当たり。このドクンドクンのリズムと同じように、ここへきて口の中が急にジンジンと傷むようになってきた。どうやら薬が切れたようだ。慌てて口の中に鎮痛剤を放り込むも一向に効いてくる気配がない。

とうとう薬が効かなくなる日が来てしまったということか。何もこんな時に・・・。そしてここから激痛がしばらく続くことになる。そうそう、連チャンの方はたったの3連チャンで終了。時短も40回しか付いてこず、潜ってる雰囲気もない。

いやいや、これは尋常じゃない痛みになってきたぞ。さすがに我慢の限界を感じて歯科医院に電話すると、今ならばすぐに診察してくれるという。2日後に診察の予定だったが前倒しでみてもらうことにした。

ようやく持ち玉になったというのに残念で仕方ないが、本日はここまで。食事札を貰って行ってくる手もあるが、さすがにそんな元気もない。急いで玉を流してもらい高速に飛び乗った。病院に着くなり、「こりゃひどいわ」ということで急遽口の中を切開することになった。ようやく痛みから解放される時がやってきた。昨日今日は鎮痛剤の量も半端ではなく3日分をわずか1日で飲みつくしてしまうようなあり様。完全に薬漬けの体となってしまった。

幸いにもこの日を境に今までの痛みともさようなら。ただし、切開したことでまた違う痛みが発生してしまったが、これは時間の問題だろう。どうにか週末の公開会議までには回復したいと願うのであった・・・。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る