コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CR一騎当千SS  
 

実戦データ
店舗名 関東S店
換金率 等価
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 CR一騎当千SS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 11000円
総回転数 ***
大当たり回数 ***
確変回数 ***
総出玉数 8890個
換金額 35560円
収支 24560円

■回りを上げる

さて、本題の稼業のほうに・・・ライブの中で「ぶっちゃけ年収は?」みたいな質問もあったけど、まあお寒いかぎりではあることは間違いない。それでもしがみつつホールに向かう日々。今日はA店ではなく朝イチから駅前のS店(等価)に行ってみることに。

午前の早い時間ならばなんとか動けるかなりの人気店。チャーリー氏の必勝講座でも語られたが「お客の多い店=勝ちやすい店」という構図の通り、稼働率は高い店だ。行くならば朝イチしかない。というわけで開店10分前に着くと、すでに入場整理券を持っている人の後塵を拝しての入店となった。

ライトミドルと甘デジのシマを見ていくと、まだまだ人つきはまばら。余裕がある中で釘読みをしていく。ヘソや寄りは一見すると奇麗だが、たいして回らない店である。ただ、スルーと電チュー調整が機種によってはまともで、玉が増やせる台があることが魅力といえる。

等価ともなると単なる通常時の回転率だけでは計れない尺度が必要だと思う。その一番コアな部分がスルーと電チューだ。それらを注視していくと、打てそうなのは『アグネス海』と『一騎当千』だった。しかしラムちゃんに関しては、いつか打った時よりもヘソが小さくなっている。あの時で1000円21.5個だったから、20個を切る可能性がある。よってパスだな。あとは『弥次喜多』のヘソが大きい。

しかし、新台から埋まっていく店だからまずは『一騎当千』から座っていくことに。見た目は相変わらずマアマアである。トークライブ参加者の「リーブさん」から「ヘソに入れるコツは?」という質問があったが、まずは釘、そしてストローク(どこに打つか)、そしてステージ止めなど打ち出しの停止開始の「合わせ打ち」である。展示会で打った時の印象では、この機種は結構ストロークの工夫が効く。お店の意図どおりの回転数では勝負にならない。自分なりの技術介入でなんとか回転率を上げたいもの・・・。いろいろとストロークを試しつつ打っていこう。いい時は25個程度、悪くても18個くらいで推移するからなんとかなりそうだ。平均して22個あれば問題ない。あとはスルー次第。

1/100の確率でも潜伏する割合が高い機種だから、継続率は高くても手強いスペックの部類。しかし今日も時間だけが過ぎていく。福澤さんがはやくもお一人昇天し、11000円でようやくモード移行演出発生。ギミックが赤で予告も強いリーチハズレからのモード移行なので入った可能性が高い。一応、盤面のセグをメモしておく。

10回転で玉有りの当たりをひいて、これが3回続いた。心配していたスルーは望外に良く問題ない。これならいけるだろう。玉があるうちに2回目の当たりが来て、これがランクアップのしょぼいのをはさんで5連となった。ある程度の玉が出来上がり、小さな箱を足下に降ろす。

そして確率ラインで疑似連が続いて、強いリーチからのモード移行。またもやセグは最初と同じ・・・多分入ったか。しかしその後45回転というところでランクアップとなったから確変だったかどうかは微妙。でもひとまずこの当たりが7連し、ロングのランクアップもあわせてなんとか6000個弱の玉ができた。等価だから一撃で逆転に「成功」したということになる。

そしてその後はガセモード演出に苦しめられながらも、まずまずの展開で夜には出玉は9000個近くまで成長。日当は出たし、ほぼ期待値どおりの出玉となったところで満足してヒキとする。さてここで、ライブ参加者の「ともさん」の質問も思い出す。「体調管理で気をつけている点、そしてストレス解消法は?」ということで、まずそれに少しだけお答えしよう。


■質問に答えて

結局なんの仕事(パチンコを「仕事」ということはできないけど)でも共通することだが、健康でなければ十分な成果を上げることは難しい(病気だから全面的にダメということではない)。ことパチやスロは長時間の稼働とある程度の緊張状態をキープすることが必要なもの。

大事な観点だと思う。プロ仲間の中には、朝から晩までの稼働で肩がパンパンに張り、持病をかかえつつ打っている人も少なくない。沼さんもその一人、親分もそう・・・いつ見ても顔色が悪い。もっとも一日中空気の悪いところに座りっぱなしで身体に良いわけがない。よって冬月は、よほどいい回りの台でないかぎり数時間ごとに外に出て、ストレッチなどして身体を動かすようにしている。去年までは10分程度のウォーキングもよくしていた。

今は、夕方あがりの日は必ず走りに出かける。また遅くなった時でも、自宅に帰って腕立てふせやスクワット、腹筋などの筋力トレーニングは欠かさず行っている。それから風呂に入って一杯やるという日常。冬場はスキーイントラということもあり、夏場にしっかりと運動しておかないとまともに滑れなくなってしまうのだ。

それと、一日の総摂取カロリーを押さえること、胃腸を休ませるために朝は野菜ジュースだけにして、昼も食べないか食べても蕎麦などの軽食にしている。「少食生活」というやつ。まあ、それほどストイックにはやってないけど、元々アレルギー体質で少し気を許すと症状が悪化してしまうので注意している。健康管理だけは自分の責任と大事な「仕事」だという自覚はある。

自分にとってのストレス発散は、こういうコラムを書くこともそうだし、何より「No Music No Life」なので、今は7月に行われるライブの準備を楽しんでいる最中。その他にも映画や小説など方法はたくさんあるから心配いらない。あと、夜は結構飲んでるしねえ〜。先日、とてもいいこともあったばかりだし。今のところ、パチ稼業に暗い暗い雲が立ちこめているのが、大きな不安と悩みの種。

そんなにお金はなくても、気の持ちようでなんとか「幸せ」には暮らせると思う。いつかも書いたけど、少し意識すれば日常には「HAPPY」が転がっているもの。それに気付く自分でありたいね。「目が覚めて、天気が良ければ晴れやかだなあと思い、雨が降って入れば静かな一日が過ごせそうだなあと思い、夕焼けを見れば明日もこんな奇麗な夕日が見られますようにと思い、冷たいビールの口をあければそのひんやりした感触に幸せを感じ・・・」

生きてさえいれば、「今日のHAPPY」は日常にたくさんあるし、出会うことができるのだと思う。さて、今日は走る時間はないから、帰って筋トレをしなくちゃ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る