コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRA一騎当千SS 暴  
 

実戦データ
店舗名 関東A店
換金率 等価
遊技ルール 無制限・共有・台移動自由
機種名 一騎当千SS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
200041疑似連VSリーチ
10000282一騎当千
29敗北
14疑似連VSリーチ
2000179八→七疑似連孫策
 38敗北
4500201疑似連VSリーチ
4500161一騎当千
50ランクアップ
13敗北
5000191
200044疑似連VS魔戒樹
8000301終了
総投資額 38000円
総回転数 1544回
大当たり回数 10+1回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -38000円

■打てる台

店内を一周するといつもより厳しい感じだが、以前一度打った『一騎当千・甘デジ』に1台何とかなりそうな台があった。前回の実戦では、まずまずの当たりをとれた機種。しかしその後は閉まったママだったが、今日はアケになっている。たまにはミドルやMAXタイプでもとも思うが、最近はミドルスペックでさえ身体が受け付けなくなっている。いつのまにこんなにヤワになったのか(タメイキ)。涼しい顔で2000回3000回とはまっていたのは、ついこの前だというのに。

確かあの時で22〜23個だった。スルーと電チューがまあまあで、トータルではやや減る程度の出玉。上のアタッカーは渋ってはいないので、等価ということを考えると打てると思う。ただ、初回潜伏する機種なので、23〜24個あるといいのだが、そこまでは望めないだろう。しかし、お店はそんなに回す「決意」はまるでなくて、技術で回しているだけの話。ステージへの自力乗り上げを狙うストロークを微妙に調整し続けなければならない。

ここ1カ月は、羽根デジとはいえ1万円以内で食いついた記憶がほとんどなく、玉が出ても投資が多く、苦戦が多い。今日は早く食いついてくれないかな・・・と相変わらず虫のいいことを考える。回りはまあまあの感触。ムラが出始めたら迷わずストロークを変えていくことで何とかなりそうだ。

虫のいいことを考えていると今日は1匹の虫がいたようだ。投資2000円のところで、疑似連からのモード移行。セグは確か確変のほう。上皿の玉で赤保留が発生し、VSリーチになって「壱」が揃う。しかし、68%もの継続率があるにも関わらず、単発のままのようでその玉はすぐに飲まれる。1回目の買い足し。10000円を買い足しして12000円の投資となったところで、「かなりいい感じ」のセリフから突然「一騎当千」ボーナス。しょぼラウンドだが確変は確変。これが、29回転で敗北して「弐」が揃う。

敗北してから「大当たり」を表示して確変転落、というのは何だか釈然としない演出だ。加えて、登場キャラも何が何やら誰が誰だがさっぱり分からない。(打ち手にとって)味方キャラかと思えば敵になったりするので、モチーフである「三国志」の知識や原作アニメ「一騎当千」のキャラを知らないと意味不明だ。分かりにくいことこの上ない。

敗北したが、この当たりは確変潜伏だったようで、時短中にVSリーチから当たりを1個引いてきた。しかしわずかばかりの玉はまた飲まれて、2回目の買い足しとなる。2000円の買い足しのところで疑似連が2回きて、孫策のリーチで「七」が揃う。ところが一発で終わり。そしてまたこの玉もなくなる。3回目の買い足し。確率の倍を超えたところで、疑似連が2回で「八」が揃う。

単発ゆえに、また玉はすぐになくなる。そして総投資が23000円と回収はほぼ不可能にみえるラインでようやく「一騎当千ボーナス」。これが3連で終わり。あろうことかこの玉もまた飲まれる。今日だけで5回か6回目の買い足しか。ちっとも食いつきなんてしやしないのだ。さらに買い足していって28000円の投資となったところで、ふと考える。

回りが低下していることに加えて、ラチがあかない展開・・・ガセまくる疑似連と小当たりばかりのガセパカパカで回転数リセット。見分けのつかない巨乳美少女キャラのキンキン声(何が苦手って冬月はこのアニメ声が実はとっても苦手)にほとほと嫌気がさしてきた。そうだ・・・よからぬ考えが頭をもたげる。朝見た魔王「牙狼」がいつもよりヘソが2枚ほど大きいのだった。

トークイベントでチャーリー氏が「牙狼は甘いんです」と言った言葉がフラッシュバックする。よしこうなれば、魔王のシマに行ってやろうじゃないの。かつて、単発2回で10万近く負けて以来打ってない。等価で右がまともならば20個でも打てるか。もはや人気薄で誰もいない魔王のシマで1台に着席。ままよと打ち出すと、ステージがいい感じで24個も回る。

2000円入れたところで、疑似連1回から、エンブレムは完成しなかったけどVS魔戒樹リーチとなって、見ていると魔戒樹が倒れているじゃないの。「666」と揃って驚愕の2000円での大当たり。セグは知らないけど。これが魔界チャンスに入れば逆転はたやすい・・・はず。しかし予告演出や揃った数字が偶数だけにダメだろうなあ。

ほら、やっぱりダメでした。単発の玉はすぐに飲まれた。確率ラインまでは回そうと思っていたが、8000円買い足したところでガクンと回りが低下。というかハンドルがガタガタで、玉飛びがばらつく。これでは厳しいな。総投資38000円のところで、戦意が失せた。何をやってもうまくいかないような気がする。ていうか結果としてそうなっている。

■質問に・・・

家に帰れば帰ったで、やる事がたくさんある。明日は明日の風が吹く。もう今日はいいや、下見もしないで逃げるように帰宅の途につく。さてここで、イベントでの「ゆっきー」さんからの質問。「パチンコで勝てません。真剣に悩んでいます・・・。」とのこと。今回の実戦では全く説得力がないわけだけど、パチンコの収支はあくまでトータルで考える。その上で、勝てないのは2つの原因しかない。

■理論上負ける台を打っている(ボーダーライン程度かそれ以下の回り、出玉回りの調整)

■遊技時間(試行回数)が足りずに、確率どおりになりにくい。


この2つしかないと思う。もっともヒキ(運)は現実に存在するわけで、個人によって数パーセントの隔たりはあると思う。誰もが完全に理論値どおりになるわけではない。しかし、分母(試行回数)が増えればその差はわずかなものになっていく。展開に負けずに理論上勝てる台であれば、打ち切ることを続けることがトータル必勝法なのだと思う。

だから今回の冬月のように、「ラチがあかない展開」とか「アニメ声が耐えられない(^^ゞ」とか、そういう考えで立ち回るのは負け組の典型的なパターンなのである。でも人間だから、そういう時もあるさ。とまた座右の銘「他人に甘く、自分に甘く」を持ち出してとぼとぼと家に帰るのであった。さあ、しょぼつく雨模様の空だけど、少しばかりランニングに出かけよう。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る