コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語IN沖縄2 MTMS  
 

実戦データ
店舗名 関東K店
換金率 40玉
遊技ルール 無制限・台移動・出玉の共有不可
機種名 CRスーパー海物語IN沖縄2 MTMS
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
沖縄2
氷川きよし
23000円
沖縄2
1000円33突確マリンちゃん
172→3ノーマル2段階
986ノーマル
100+2514大泡ノーマル
452→確変大泡ノーマル
46魚群マリンちゃん
100+14魚群黒潮
100+610終了
総投資額 24000円
総回転数 1359回
大当たり回数 7回
確変回数 2回
総出玉数 0個
換金額 0
収支 -24000円

早くもギブアップか?

ようやくのことで入場し、まずは『ルパン三世』の島からざっと流してみたが、ここは一切開けてない。なんだか嫌な予感。慌てて昨日打った『沖縄2』の島へ向かってみれば、改めて開けた台はなし。その上、昨日まで開けていた台は1台を除いてひと締めされているような始末。その1台というのが以前よく打っていたステージ抜群の台なのだが、近頃常連のばあちゃんの専用台みたいになってしまっている。昨日は40000個近くも出たというのに釘はそのまんま。

あ、そうだった! ここで大切なことを思い出した。昨日帰り際にそのばあちゃんから「お兄ちゃん明日は朝から来るの?」と聞かれたので(明日はというか明日もといったほうが正解・笑)、「来るよ」と答えたら、「悪いんだけど、この台取っておいていてくれる?」なんて言われてしまった。全くオレを誰だと思ってるんだい(笑)。

そんな昨夜の出来事を思い出し、まずは据え置きになっているばあちゃんの専用台を確保。10時には来るとは言ってたけど、いまだに姿はみえない。ばあちゃんを待っている間、ほかの台もチェックしてみたが食指の動くような台がない。いやぁ、大いに困ったぞ。甘『ルパン』はすでに売り切れだし、この際はひと締めされた『沖縄2』に今日も座ってみるか。

仕方なく『海』の島へ戻ると、すでにばあちゃんが専用台に座ってた。それはいいが、オレに取っておいてと頼んだのをすっかり忘れてたらしく、オレの携帯電話を「これ、誰のだろうね」と店員に尋ねてたのには笑った。頼むよ、ばあちゃん。照れ笑いしながらお礼にと、昆布のお菓子と塩あめをくれた。塩あめは好みじゃないので遠慮しておいたが、昨日はおにぎり、この間は歯にくっ付かないガムを貰ったっけ(笑)。

しかしこのばあちゃん、なかなかの強者で、今日も出るかもしれないからと座ったその台で朝から1500回オーバーにもめげず、淡々と時には台をなでなでしながら打ちきったのには恐れ入った。オレにもこのぐらいの度胸と財力が欲しいものである。でもほろんど打ちっぱで、1000円22回はびっくりしたぞ。

一難去ってまた一難。今度は編集長に連絡せねば。遅れて来ると言ってたので、まだ家を出ていないことを願いつつメールしてみると、午後には到着とのこと。あらら、かなりやる気になってるとみた。駄目と言ってもオレに気を遣ってとりあえずは顔を出すタイプなので、もう誰にも止められないのだ。さらに来たら来たで、無理は承知で打ってしまうのも目に見えているので、今日は大変なことになりそうだ。

オレはといえば、ひと締めされた『海』と、ちょい開けされたのか、ここのところずっとこのままの釘だったのか定かじゃない『氷川きよし』に23000円も投資して早くもギブアップ。普段ならばこの時点でお帰りとなるところだが、編集長を呼んでおいて帰るわけにもいかず、しばし車の中で待機。ていうか、爆睡してしまった。


再チャレンジの果て・・・

20分の爆睡で目が覚めた。編集長からのメールだ。そろそろ着くらしい。このまま挨拶だけして「さようなら」では申し訳ないので、ここは気を取り直して先程ぶん投げた『海』に再チャレンジ。

この台に関してはたったの500円かそこらで見切りをつけた台だったが、今度はさっきとは見違えるような回りっぷり。しかもわずか1000円で突確をゲット。ひょっとするとこの一撃でここまで使ったお金24000円を取り返すことだってあり得る。仮に一撃は無理だとしても、玉さえ持ってしまえばこっちのもの。意外にもステージの癖も良さそうだし、どうにかなりそうな気配。

おっと、ここでようやく編集長のご来店だ。確変中ということもあり、挨拶もそこそこにどこかへ消えてしまった。すでに1万円札をサンドにぶち込んでるに違いない(笑)。 回りはどうあれ、勝ち逃げでもいいから勝ってもらいたいものである。

さて、肝心の確変だが一撃の夢虚しくわずか2連チャンで終了。その時短中、確変絵柄でのあっと驚くような「魚群」が発生。思わず息をころして見つめていれば、ひとコマ通り過ぎての痛すぎる外れとなってしまった。

このわずかな玉で回しにかかれば、1000円26あるかもしれない回り。もっとも出玉関係を考えればギリギリの回りだけど。それでもやる気が徐々に湧いてきた。

351回転目、久しぶりに見る「大泡」予告発生。スーパーに発展すれば当たり確定。ノーマルでも当たりか半コマ前後での外れなので、まずはスーパーになることを願ってみたが残念、ノーマルリーチ確定。こうなると中途半端なところで止まって2段階になることを期待してみたが、どうも半コマ外れっぽい予感。

ところがこれが、ぴったり絵柄が停止しての大当たりとなった。しかし残念ながら単発絵柄。昇格もなく、時短に突入。その時短45回転目、再び「大泡」発生。これまたスーパーにはならずノーマルリーチ確定だったが、今度も大当たり。しかもセグに目をやれば、確変と出た。これには思わずニンマリ。

確変確定となったのはいいが、昇格アクションもなく時短での潜伏となった。そして4回転目、早くもリーチがかかって待望の「魚群」発生。2ラインから「マリンちゃん」リーチとなったのだが、肝心の確変絵柄を通り越し、「6」の絵柄で当たってしまった。なんだか殺気を感じて慌てて再びセグに目をやれば、あろうことかその前に見た単発のセグとは。

本来確変中ならば魚群からの当たりは確変確定となるところだが、今回で2度目の経験。こんなのってありか? 喜びも束の間、奈落の底に突き落とされた気分だ。さらに時短中、確変絵柄の魚群をあっさり外す始末。これでもかって感じ。結局何も起きないまま電チューサポートが終わった100回転目、再び「魚群」。そしてこれもまた外れ。驚いたのはさらにこの次の101回転目だ。なんと連続での「魚群」発生。いくらなんでも当たるでしょ。もう力も入らないので冷静に見ていると、これがようやく大当たりとなった。やれやれ。単発を一つ追加して4連チャンとなる。

ようやくまともな玉を持ったまでは良かったが、ここからは回りも25を切るようになり700回オーバーとなったところで持ち玉が尽きた。本日はここまで。編集長の様子を見に行けばいまだ玉は出てない模様。釘は水物とはいえ、申し訳ない限り。次回定例会議後の飲みぐらいはおごらなきゃだわ・・・。

ちなみに、編集長はこの後『氷川きよし』でかなりの回りの台を見つけて踏ん張ったようだ。多分その台、オイラも打った。1000円でぶん投げたやつだ(笑)。


text by タッキー


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る