> > ぱちんこCRクラブムーン 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

ぱちんこCRクラブムーン  
text by 冬月カースケ
 
筐体画像 冬月は、原稿を書くのは朝と決めている(つーか、先送りしてギリギリに仕上げることが多い)。6月30日の朝はW杯・日本VSパラグアイの試合を見て起きた朝。さすがに眠いが、心地よい気持ちでもある。もともと勝つか負けるかよりも「どう戦うか」に興味があった。なぜなら、素晴らしいスポーツの世界が偏狭なナショナリズムにつながったことが過去にいくつもあったからだ。

試合内容は単調で両軍ともチャンスを活かせなかったという批判もあったようだが、佐々木師匠とは違うにわかサッカーファンの自分にも分かるくらいのフェアで懸命な攻防がとても良かったと思う。「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とはサッカーにぴったりの故事成語であることに気づいた。さらに、その中でも懸命に戦う選手たちの姿とその後のコメントには感動した。

キャプテンの長谷部選手が、自らは海外リーグに籍を置いているにもかかわらず「ほとんどの選手がJリーグで頑張っています。ぜひ、試合に足を運んで応援してほしいです」とは、まさにリーダーの言葉。今大会で一躍脚光を浴びた本田選手の「応援してくれた人も、批判してくれた人もどちらもぼくらにとっては大事な存在でした。ありがとうございました」に至っては、最近聞いた言葉の中ではもっともピカッ!ときた素晴らしいコメント。20代前半の若者がこんなに素晴らしいことを語れるのだからおっさんも襟を正さねば・・・。

さて、心地よい興奮もさめやらぬ中だけど、昨日の自分の「試合」も書かなければならない。比べること自体がもはや終わっているけども。1日打てる日は少ないのだ。『CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜』の新装開店が多いが、今のところ食指が動かない。最初からお客がつく機種をアケから入るほど状況は甘くないからだ。電サポで玉が減った上に、回りはいいところ1000円17〜18個あったらいいくらいではなかろうか。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る