コラム
パチプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

CRスーパー海物語IN沖縄 桜ライト  
 

実戦データ
店舗名 関東R店など
換金率 等価
遊技ルール 無制限
機種名 CRスーパー海物語IN沖縄 桜ライト
投資 回転数 絵柄 予告 リーチ
総投資額 27500円
総回転数 ***
大当たり回数 9+α回
確変回数 ***
総出玉数 0個
換金額 0円
収支 -27500円

■4軒目で

本日の狙い目は『海・桜』となる。ライトタイプはマックスタイプに比べてボーダーラインは高めだと思うが、その分釘がアキやすい。イベントにあたる今日はもしかしたら・・・と思いきや、全然アケはなかった。2周ばかりしてとっとと退店となった。来たばかりだというのに。そして近所で2軒のホールであちこち打って玉が出たり出なかったりして、結局はうだうだと2万円の負債を抱えることになった。

時刻はもう3時過ぎ。こうなったら向かおうと思っていた店がある。最近、例の流れから等価になったR店。駐車場は6割くらい埋まっているからそこそこの客つき。ただしこの店はチェーン店であり、タレントを呼ぶなどの派手なイベントは打つが、カタチばかりと相場が決まっている。店内に入ると「本日は超海の日」とかなんとか。「世界のどこのお店よりも海を大事にしています」とか、まあよくいうよ。釘だってたいしたことがないのに。

とりあえず空き台を見ながら回遊していくと、海桜ライトとマックスだけはなんとか打てるかもの「なり」している。今日はもともとそういう気分だし、この際触ってみよう。ライトの空き台の横比較をして遊技開始。1000円で23個となったが、電チューにたまたま拾われた玉が2個もあり、ステージからの入賞はゼロ。よってすぐに違う台に移動。

こちらは1000円19個しか回らなかったが、ステージの玉の挙動が合格。よってしばらく様子を見ると・・・24個ペースで回ってくれている。等価ならば破格だろう。あるところにはあるものなのか? これが正体といえるのか? イベントの悪口を言ってゴメンねとかいろいろとくだらないことを自問自答しつつ打ち進めると、7500円使ったところで本日初の魚群が出現。成り行きを見守ると、一旦通り過ぎた後にピョコンと戻った。8R獲得。

投資はすでにトータルで27500円と跳ね返すには厳しい感じもなくはないが、そこは等価とST機の爆発力でなんとかなるんじゃないか。とかなんとか心の中でつぶやいていると、何事もなくSTはスルーしそう。早くもマンボウ演出に移行しているじゃないの(この機種はST回数が残り10回転を切るとマンボウ演出になる)。残り3回転のところでリーチがようやく成立して、泡からだけど無事に当たってくれて8R。

さあ、STの仕切り直しだ。ここからここからと気持ちだけは前に行くが、お魚さんたちはうんともすんともいわずにリーチすらかかることなくマッハのスピードでSTは終了。ST中にやや玉が減ったのと、フルオープンしそうな「立派な」アタッカーのおかげで出玉は1400個を切っているかも。なるほど、ここで帳尻かいな。

回りはボチボチ、23-24個ペースなので文句はない。玉がわずかに残っているうちにもう1回、魚群が通過して8R。そしてまたもや計ったようにマンボウタイムの2連チャンで終わり。

3回目の初当たりは120回転と早めにやってきたが、単発、そしてまた単発と続いたところでようやく待望の連チャンがやってきて3連チャン。出玉は2500個を超えた。この店での収支はようやくプラスになったということ。ところが、ここからまた至難の道。比較的軽かった前半の初当たりの帳尻合わせのように、画面は時折でる泡のみで全く静かなもの。海は凪ぎの風情。

■やることはやった?

そして玉はきれいさっぱりと消滅。途中でメールにて諸々の連絡事項のやりとりをしていたこともあって時刻はもはや8時過ぎ。海だけに潮時なりか。立ち上がりつつ、釘のカタチをよく確認(目に焼き付けるように)して離席する。

外に出ると、またもやの敗北が身にしみるが、やることはやったので仕方がない。その場その場で全力を尽くして進むだけ。不公平極まりない境遇で生きざるを得ない遠い異国の子どもたちに比べたらどんなに恵まれている自分なことか・・・。ふとため息を吐きつつ、車に乗りこんだ。
text by 冬月カースケ


 
 
ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る